• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhone『AirDrop』使い方と設定 使えない時の対処法、AirDrop痴漢対策など

iPhoneのユーザー同士で、写真や動画などを送り合える『AirDrop』。手間がかからないうえ高速で送受信できる利便性が特長です。筆者もこの機能はよく使っており手放せません。

この記事では『AirDrop』初心者向けの使い方解説、不具合が起きたときの対処法、そして昨今話題の「AirDrop痴漢」についても詳しく記しました。

目次

あわせて読みたい
iPhoneの便利な使い方まとめ 知っておくと役立つテクニック集

『AirDrop』とは

Bluetoothを利用し、約9m以内のAppleデバイス同士でファイル送受信ができる機能のことです。iPhoneに限らずiPadやMac等でも利用可能。他人と、あるいは自分自身のApple製品同士で、写真・動画などのファイルをワイヤレスに受け渡せます。

●ワイヤレス送信なのにかなり高速
●連絡先登録などしていない他人とでもやり取りできる
●USBを使うのと違って物理的なモノのやり取りをする必要がない
●オンラインストレージを使うのと違って面倒な共有設定が必要ない

とメリットだらけで、近くのAppleデバイスとファイルを受け渡すならこれ一択と言える利便性を誇ります。

『AirDrop』の使い方

ここでは例として1枚の写真を送信してみますが、複数の写真や動画をまとめて送ったり、連絡先や書類を送ったりすることもできます。

Appleデバイスなら iPhone ⇔ iPhone、iPhone ⇔ Mac、iPad ⇔ Mac など相互にやり取り可能。

Bluetoothを利用するので、普段オフにしている方はオンにしておいてください。

ファイルを送信する方法

1. 送りたいファイルの共有メニューを開く

まず送りたい写真の共有メニューを開きます。

2. 送りたい相手のデバイス名を選択

送信できる相手のデバイス名が表示されます。任意の相手をタップ。

3. 「送信済み」と表示されれば完了

「送信済み」と表示されれば無事に送信できています。もちろんこの機能を使うということは目の前に相手がいるわけですから、直接確認してもいいでしょう。

ファイルを受信する方法

1. コントロールセンターで『AirDrop』を開く

コントロールセンターとは画面下端から上スワイプ(iPhone X以降の場合は画面右上から下スワイプ)して出てくる場所のことです。

Wi-FiやBluetoothのマークがある枠を強く押す(または長押しする)ことで『AirDrop』が出てきます。

▲もしBluetoothをオフにしている人は、ここでオンにしておく。

2. 設定で「すべての人」か「連絡先のみ」にする

受信する側には3つの設定が用意されています。

●受信しない:誰からもファイルを受信しない
●連絡先のみ:連絡先に登録した相手からのみ受信できる
●すべての人:誰からでも受信できる

当然「受信しない」ではこの機能が使えないので、残り2つのどちらかにしましょう。

3. ファイルを送ってもらう相手に、自分のデバイス名を教える

相手に自分のデバイス名を教えて、ファイルを送ってもらいます。

デバイス名は[設定アプリ]→[一般]→[情報]→[名前]でチェック・変更できます。

4. ファイルが送られてきたら「受け入れる」を選択

相手がファイルを送ってくるとプレビューが表示されるので「受け入れる」を選択。これでファイルを受け取れます。

『AirDrop』が使えない、表示されないときの対処法

自分の単純な設定ミスで使えなかったり、電波的な問題でか一時的にうまくいかなかったりすることがあります。問題が発生したら、次の項目をチェックしてみてください。

確認すべき項目

Bluetoothがオフになっていないか

iPhoneのバッテリー消費を抑える手段の1つとして、Bluetoothをオフにするテクニックが巷で紹介されています。普段ワイヤレスイヤホンなど使わない人はそれでいいのですが、『AirDrop』利用時はオンにしなければなりません。

▲コントロールセンターを開き、Bluetoothをオン(青く点灯)にさせておく。

設定で「受信しない」になっていないか

後述する「AirDrop痴漢」への対策として『AirDrop』設定を「受信しない」にしている場合、うっかり解除し忘れていることがあります。

上記の使い方を参考に「すべての人」または「連絡先のみ」にしておきましょう。

距離が離れすぎていないか

約9m以内の相手と通信できる機能なので、あまり離れた場所にいるとデバイス名が表示されない、またはうまく通信できないことがあります。

端末をくっつけたりする必要はありませんが、障害物のないところで十分に近づいてください。

壁や電子レンジ等の干渉はないか

電子レンジ、ワイヤレススピーカー、電源、ブレーカーボックス、コードレス電話機、外部ディスプレイなどの機器はBluetooth通信を妨げる原因になり得ます。

参考:Wi-Fi や Bluetooth を使用した通信を妨げる要因 - Apple サポート

また距離が近くても部屋が別々だったりすると通信がうまくいかないこともあるので、各種障害物がないか確認してみてください。

ファイルが極端に重すぎないか

1時間以上撮影した動画ファイルでも送信できますが、写真と違って一瞬では終わらず時間がかかります。

送信している途中に何らかの原因で通信が妨げられ、送信失敗してしまうこともあります。その場合は何度か送り直してみてください。うまくこともあります。

対処法

何度か繰り返し試してみる

一時的にデバイス名が表示されなかったり、送信に失敗したりすることもあります。何度かトライしたら普通に送信できたというケースも多いので、試してみてください。

Bluetoothを1度オフにして再度オンにする

Bluetoothをいったん切ってから再度オンにしてみてください。シンプルな方法ですが、これも一時的な問題を解決するのに有効な方法です。

デバイスを再起動する

送信する側・受信する側ともにデバイスを再起動してみてください。『AirDrop』に限らず何かしらトラブルが起きたときの定番手法ですが、これも有効な対処法の1つです。

「AirDrop痴漢」とは? 2つの対処法

AirDropは連絡先登録していない他人にでもファイルを送れるのが便利。しかしそれを悪用して、わいせつ画像を見せつける「AirDrop痴漢」が起きています。

ファイルを送ると受け手の画面で強制的にプレビューが表示され、望まずとも画像が見えてしまうからです。

▲他のアプリを操作中でも関係なく、突然プレビューが出る。「辞退」すれば画像は受け取らないが、見せつけられたことには変わりない。

対処法は2つあります。

設定で「連絡先のみ」または「受信しない」にする

根本的な解決策。『AirDrop』の設定で「連絡先のみ」にすれば連絡先に登録されている相手からしか送られなくなりますし、「受信しない」にすれば誰からも送られなくなります。

コントロールセンターから『AirDrop』ボタンを選択し、設定を変えておきましょう。

デバイス名を無機質なものに変える

連絡先に登録していない相手と頻繁にAirDropを使うので、いちいち「受信しない」設定にするのが面倒だ、という人もいるでしょう。そんなときはデバイス名を変えるだけでも効果的。

たとえばiPhoneのデバイス名はデフォルトで「山田花子のiPhone」といった具合に自分の名前が表示されています。これが女性の名前だと狙われやすくなるので、適当な名前に変えておきましょう。

ちなみに英数字や日本語のほか顔文字・絵文字でも使えます。

他人とファイルをやり取りする際に優秀! 有効活用しよう

AirDrop痴漢という物騒なこともありますが、この機能自体はとても優秀でぜひ使うべき代物です。たとえば友達や恋人と撮った写真を受け渡すときなど、とてもスムーズに送り合えて快適ですよ。

『AirDrop』の仕組みを把握して、どんどん活用してみてください。

こちらの記事もおすすめ

iPhone テザリングの設定方法と3つの注意点 賢い使い方も紹介 - Appliv TOPICS

外出先でノートPCやタブレットをネットに繋ぎたいときに便利なのが「テザリング」という機能。iPhoneをポケットWi-Fiのように使える機能で、PCやタブレットを持ち歩いている人にはとても便利です。 この記事で、基本的な設定方法といくつかの注意点をご紹介します。

mag.app-liv.jp
iPhoneの使い過ぎを制限『スクリーンタイム』の使い方と設定方法 - Appliv TOPICS

iPhoneの「使い過ぎ」について不安を抱いたことがある人は少なくないと思います。動画サイトをつい何時間も見てしまう、子どもが1日中ゲームばかりしているなど、心配の種は様々です。 その悩みを解決する助けになるのが、iOS 12の新機能『スクリーンタイム』。どのアプリを何時間使っているのか可視化される機能で、アプリの利用制限もかけられます。この記事では詳しい活用方法を解説。iPhoneを賢く使うための参考にしてみてください。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。