• TOP
  • ツール・サービス
  • 12月14日夜は「ふたご座流星群」が見頃! 『ウェザーニュース』で天体ショーを楽しもう

1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」に並ぶ三大流星群のひとつ、「ふたご座流星群」が12月14日夜~15日明け方にかけて見頃を迎えます。

ふたご座流星群は毎年多くの流星が出現し、一晩中楽しめるのが特長。早い時刻から流星が出現し始めるため、お子さんをはじめ多くの方々にとって観測しやすい流星群でもあります。今年は出現ピークに月が早めに沈むため、月明かりの影響を受けず、観測には絶好の条件となるそうです。

民間気象情報会社「ウェザーニューズ」では、ふたご座流星群の様子を14日夜に流星特別番組として、国内4か所から生中継。ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!など各種動画サイトで視聴可能です。

またスマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』の「流星キャッチャー」に登録しておくと、中継で捉えた流星の動画が3分以内にスマホに届きます。温かい室内でも天体ショーを楽しめますよ。

ウェザーニュース

Weathernews Inc.

3.76

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

あわせて読みたい
Spotify、2018年音楽シーンを振り返るランキング発表 世界で人気の国内アーティストはONE OK ROCK

気になる天気は?太平洋側は晴れて観測に好条件!

ウェザーニュースによると、14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となる予想。太平洋側を中心に晴れるところが多くなります。特に関東以西の太平洋側は、流星観測に期待ができそうです。

東北太平洋側は日本海側から流れ込む雲が時々邪魔をするものの、一晩中ずっと雲が広がり続ける心配はなさそうとのこと。

一方、日本海側は寒気の影響で雲が広がりやすく、観測には難しい条件となる予想です。天気に恵まれなかったときは、動画で流星を楽しみましょう。

14日22時以降の観測がおすすめ

今年の出現ピークは14日21時頃と予想されており、13日夜や14日夜は流星の見頃となるそうです。特に放射点が空高く上がってくる、22時以降の観測がおすすめとのこと。

月が沈んだ22時40分頃(※14日東京)からは、月明かりの影響を受けず絶好の条件で観測することができます。

流星群は放射点を中心に四方八方に流れるため、夜空のどこにでも現れます。街明かりのない空が開けたところでは、1時間あたりに40個程度の流星が期待できるそうです。

▲14日21時頃の星空(東京)。

流星の動画を3分以内に届けてくれる「流星キャッチャー」

スマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』の「流星キャッチャー」に登録しておくと、中継で捉えた流星の動画を3分以内にスマホにプッシュ通知で届けてくれます。

▲『ウェザーニュースタッチ』を起動し、メニューの「星空 Ch.」から登録。

▲「流星キャッチャー」の対象エリアは、“全国”または“ここのエリア周辺のみ”から選択。どこにいても流星を観測可能。

ウェザーニュース

Weathernews Inc.

3.76

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

YouTube Live、ニコニコ生放送など、各種動画サイトで流星動画を無料配信

ウェザーニューズはふたご座流星群の様子を、14日夜に流星特別番組にて国内4か所から生中継。

今回の流星特別番組は二部構成となっており、第一部(21時~23時)では、ゲスト解説者に国立天文台職員をスタジオに迎え、美しい星空と流星を堪能できる“リアルタイムプラネタリウム”をお届け。

第二部(23時~24時)では、VTuberとしても活躍するバーチャルお天気キャスター「ウェザーロイドAiri」と一緒に流星を楽しめます。

番組はウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!など各種動画サイトで配信。

あいにくの天候となり観測できなかった人はもちろん、スマホで解説を聞きながら星空を眺めるのもいいでしょう。

こちらの記事もおすすめ

Amazon『Kindle Unlimited』2ヶ月99円で電子書籍読み放題! 12/11まで - Appliv TOPICS
【2020年】年賀状作成アプリおすすめ7選 無料で簡単、おしゃれに作ろう - Appliv TOPICS
ウェザーニュース

Weathernews Inc.

3.76

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る