• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhone・iPad本体の容量・空きストレージを確認する方法

アプリをインストールしようと思ったら、ストレージ容量が足りなくて入れられなかったという経験はありませんか? いつのまにか写真、動画、ゲーム、音楽などでいっぱいになっているかもしれません。一度iPhone・iPadの空き容量を確認してみましょう。

ストレージ容量は新しく端末を購入する際にも頭を悩ませる問題です。例えば「iPhone XS」なら64GB、256GB、512GBの3種類、「iPhone XR」なら64GB、128GB、256GBの3種類と用意されていますが、それぞれ価格がまったく異なります。

本当に自分は大容量のiPhoneが必要なのか、それとももっと少なくても十分なのか。新しく買い替える前に、自分の使用状況を確認しておくのもオススメです。

あわせて読みたい
iPhoneの容量不足を解消! 不要なデータを減らし空き容量を増やす6つの方法

ストレージ容量の確認方法

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.「一般」をタップ

3.「情報」をタップ

4.全体の容量、使用可能な空き容量が確認できる

▲「容量」がiPhone・iPadのストレージ容量、「使用可能」が空きストレージ容量。

使用しているストレージ容量の内訳を確認する方法

アプリ、動画、写真、メッセージ……、どれが自分のスマホのストレージ容量を圧迫しているのか、その内訳を詳しく調べることができます。

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.「一般」をタップ

3.「iPhoneストレージ(iPadストレージ)」をタップ

4.ストレージ容量の内訳が表示される

グラフでは視覚的にストレージ容量の内訳がわかります。上の画像では、アプリ(赤色)の割合が圧倒的に高いことが読み取れます。

またその下には、各アプリの使用容量を大きい順に表示。使っていないアプリがあればアンインストールするといいでしょう。

こちらの記事もおすすめ

iPhoneの容量不足を解消! 不要なデータを減らし空き容量を増やす6つの方法 - Appliv TOPICS
iPhoneのギガ不足を解消! 通信量を節約し通信制限を回避する方法【2019版】 - Appliv TOPICS