• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhone・iPad本体の空き容量(ストレージ)を確認する方法

アプリをインストールしようと思ったら、スマホのストレージが足りなくて入れられなかったという経験はありませんか? いつのまにか写真、動画、ゲーム、音楽などで容量がいっぱいになっているかもしれません。

本記事ではiPhone・iPadの空き容量の確認方法を解説。不要なアプリやデータはないか、チェックしてみましょう。

空き容量を確認する方法

以下の手順ではiPhone/iPadの空き容量がわかるだけでなく、アプリ、動画、写真、メッセージ……どのデータがストレージを圧迫しているのか内訳を詳しく調べられます。

1.ホーム画面で「設定」をタップ

2.「一般」をタップ

設定メニュー

3.「iPhoneストレージ(iPadストレージ)」をタップ

「一般」メニュー

4.ストレージ容量の内訳が表示される

ストレージの内訳の例

画面右上の「使用済み」を見れば、端末全体の容量と使用している容量がわかります。上の画像の場合、iPhoneの容量は64GBで、そのうち57.6GBを使用しています。

棒グラフでは視覚的にストレージ容量の内訳を表示。上の画像では、アプリ(赤色)の割合が圧倒的に高いことが読み取れますね。

またその下には、ストレージ使用量が大きい順にアプリが並んでいます。使っていないアプリがあればアンインストールするといいでしょう。

表示される内訳の種類

●App:インストールしているアプリ

●メディア:音楽、ビデオ、アートワーク、着信音など

●写真:写真アプリに保存されている画像・動画

●メッセージ:メッセージとその添付ファイル

●メール:メールとその添付ファイル

●Apple Books:ブックアプリに入っている本やPDF

●その他:システムファイル、ソフトウェアアップデート、Siri の音声、キャッシュなど

空き容量を増やしたい方はこちら

iPhoneの容量不足を解消! 不要なデータを減らし空き容量を増やす6つの方法 - Appliv TOPICS

こちらの記事もおすすめ

iPhoneのギガ不足を解消! 通信量を節約し通信制限を回避する方法【2019版】 - Appliv TOPICS
iTunesカードの使い方 チャージ方法、残高確認、キャンペーン情報など - Appliv TOPICS