• TOP
  • iPhone・iPad
  • iPhone・iPadのiOSバージョンを確認する方法・最新版に更新する方法

iPhone・iPadにはAppleのOS(Operating System・オペレーティングシステム)である「iOS」が搭載されています。OSとはスマホやパソコンを動かすためのソフトウェアのことで、iPhoneやiPadも「iOS」なしには動きません。

「iOS」はより快適に使えるよう随時アップデートされています。アプリによっては古いiOSに対応していないことも。適宜、最新版に更新しておくのがおすすめです。

本記事では使用しているiPhone・iPadの現在のiOSバージョンを確認する手順、最新のiOSへアップデートするやり方を解説します。

目次

あわせて読みたい
iTunesカード使い方まとめ 割引セール、キャンペーン情報、残高の確認方法など

iOSのバージョンを確認する方法

1.ホーム画面で「設定」をタップ

▲歯車のアイコンが設定メニュー。

2.「一般」をタップ

3.「情報」をタップ

4.「バージョン」の項目に書かれている数字が、現在のiOSバージョン

▲この画像の場合、iOSバージョンは「12.1.4」。

iOSを最新バージョンにアップデートする方法

注意事項

最新版iOSの問題によりデータが消失・破損する場合があります。アップデートする前に、 iPhone・iPadのデータのバックアップをとっておくことをオススメします。

1.Wi-Fiに接続する

2.ホーム画面で「設定」をタップ

3.「一般」をタップ

4.「ソフトウェア・アップデート」をタップ

5.「ダウンロードとインストール」をタップ

▲iOSのダウンロードが完了している場合は「今すぐダウンロード」と表示される。

6.パスコードを入力する

▲iPhone・iPadを起動するときと同じ。パスコードを設定していない場合は入力不要。

7.最新版iOSがダウンロードされる

▲ダウンロードには数分かかる。

8.「今すぐインストール」をタップ

9.端末が再起動し、iOSが最新版にアップデートされる

▲「アップデートを検証中」と表示された後、端末が再起動される。再起動には数分かかる。

これでiOSのアップデート完了です。

[設定] → [一般] → [ソフトウェア・アップデート]と進み、「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されていれば、最新版のiOSになっています。

アップデートできない原因・対処法

必要な容量が不足している

iOSのアップデートには、スマホにある程度の空き容量がなければいけません。もし容量がいっぱいの場合は、不要なアプリ・写真・動画を削除するなどして、容量を空けてください。

安定したWi-Fiに接続する

Wi-Fiに接続している状態でなければアップデートできない仕様です。

最新版のiOSのダウンロードには時間もかかるため、安定したWi-Fi環境下でアップデートを行うようにしましょう。

こちらの記事もおすすめ

iPhoneの画像・動画をPCに転送する方法7つ Windows10・Mac対応 - Appliv TOPICS

iPhoneで撮った写真・動画をパソコンに転送する方法はいろいろあります。比較的古い端末であるiPhone 5や6でも問題ありませんし、パソコンはWindowsでもMacでも大丈夫です。 利用シーンによって適した方法は異なるので、この記事では一通りの転送方法をご紹介。 転送時には画像を認識しない、保存されない、取り込みできないなど不具合が起きることもあるので、その対処法も併せて記載しました。困ったときに見返してみてください。

mag.app-liv.jp
2019年から値下げ! iPhoneバッテリー交換方法 予約の流れ、費用、注意点 - Appliv TOPICS

iPhoneをはじめスマホやノートPCにはリチウムイオンと呼ばれるバッテリーが使われています。素早く充電できる上に長持ちするのですが、経年劣化は避けられません。使い込むうちに最大容量は減りますし、いずれバッテリーを交換する必要も出てきます。 本記事ではiPhoneのバッテリーを診断する方法や交換の手順、なるべく劣化を抑えるためのコツを詳しくまとめました。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

フクハラノゾム

ゲーム、アプリ、映画やドラマ、エンタメ系コンテンツが好き。デレステ卯月P。