サムスン電子ジャパン株式会社は4月25日、完全ワイヤレスイヤホンの新モデルとなる「Galaxy Buds」を、日本国内の家電量販店および主要ECサイトにて2019年5月中旬より予約開始、5月下旬に発売開始することを発表しました。

カラーはホワイト、ブラック、イエローの3色。国内価格は現時点では不明ですが、海外では129.99ドルで発売するとアナウンスされています。

あわせて読みたい
聴き放題! 定額制音楽配信サービスおすすめ12社比較。曲数、料金、機能など

再生時間は最大13時間!

ロングバッテリーと小型化を実現

「Galaxy Buds」はイヤホン単体で最大6時間の音楽再生、通話の場合も最大5時間の使用が可能。通勤、通学や昼休みなど、終日の利用にも耐えうるロングバッテリーです。

さらに、付属の充電ケースを使用することで最大13時間の音楽再生、最大11時間の通話時間を実現しています。充電ケースはわずか15分で最大100分間の再生が可能になる、急速充電にも対応しています。

また、同社が従来販売していた完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Gear IconX」よりも約30%小型化したことでより軽量になり、快適に使用できます。

AKGチューニングの高音質! 通話もクリアに!

オーストリアの有名音響機器メーカー「AKG」のサウンドシグネチャーを適用したことで、ワイヤレスイヤホンながら高音質を実現。

さらに、騒がしい場所や風が強く吹く時は内側のマイクが自動起動し、外の音を遮断しながら外耳道を通じてユーザーの声を直接集音するため、クリアな音声で通話が行えます。

本体外側のタッチパネルを長押しすることで即座にボリュームを下げ、瞬時に外部環境音や相手の声を聞き取ることが可能な「Quick Ambient mode」も搭載。コンビニのレジなど、イヤホンを外すのが煩わしい場面で役立ちます。

ワイヤレス充電にも対応!

充電ケースをワイヤレス充電器に置くだけで充電が可能。また、スマートフォンやタブレットの近くでケースを開くと、自動的にペアリングのポップアップを表示し、デバイス同士の接続もスムーズに行えます。

※Android7.1.1以上のGalaxyスマートフォン、およびタブレットで「Galaxy Wearable」アプリと「Smart Things」アプリがインストールされている必要があります。

本体メモリは非搭載

従来製品の「Galaxy Gear IconX」は、本体に4GBのメモリを搭載することで、スマートフォンと接続することなくスタンドアロンでの再生が可能でした。

「Galaxy Buds」にその機能はありませんが、その分本体が小型軽量になっています。メモリ機能も需要はありそうですが、普段使いにはより小型で軽量なものが求められているのかもしれませんね。

Galaxy Buds製品ページ

主な仕様

■カラー:ブラック、ホワイト、イエロー

■サイズ
イヤホン:約19.2(H) × 約17.5(W) × 約22.5(D) mm
充電ケース:約26.5(H) × 約70(W) × 約38.8(D) mm

■重量 イヤホン:約6g / 充電ケース:約40g

■搭載センサー:加速度計、近接、ホール

■バッテリー 本体:58mAh / 充電ケース:252mAh

■使用時間(Bluetooth®モード)
再生時間:最大6時間 / 通話:最大5時間
(充電ケース使用でそれぞれトータル13時間、11時間)

■接続:Bluetooth®v5.0

■互換性:Android5.0以上、1.5GB以上(RAM)

■オーディオフォーマット:スケーラブル(Samsung独自)、AAC、SBC

こちらの記事もおすすめ

鼻歌検索アプリの精度を検証 曲名がすぐわかるオススメ無料アプリ7選 - Appliv TOPICS
無料ヒーリング音楽アプリおすすめ10選 リラックス・睡眠・集中したい時に - Appliv TOPICS