レジャーや旅行もいいですが、この夏はアートに触れてみるのはいかがですか?

今回は2,000近い美術館・ギャラリーのチラシを掲載している情報アプリ『チラシミュージム』の担当者・通称チラミュさんに、この夏に行きたいおすすめのアート展や博物展を教えてもらいました。

「アート」や「芸術」と聞くとハードルが高く感じるかもしれませんが、今回は美術の知識がない初心者でも楽しめる展覧会に絞ってピックアップしてもらっています。料金もお手頃なので、気軽に行けますよ。

チラシミュージアム - 美術館・博物館の展覧会情報&クーポン

eplus inc.

3.39

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

ねこがかわいいいだけ展 (東京 渋谷区)

会場:渋谷ヒカリエ9階ヒカリエホール
会期:2019/8/15(木) ~ 9/10(火)

ねこがかわいいいだけ展のチラシ

チラミュさんのコメント

猫好きによる猫好きのためのスペシャル空間を実現。

本展の魅力は人気クリエイターの作品はもちろん、日本、更には世界中から一般公募で集められた写真も展示されるところ。猫好きさんだからこそ撮ることが許された、愛らしい表情、隙を見せた瞬間、様々な猫の表情に包まれます。

ビジュアルにある通り、思う存分ニヤニヤしていただきたい。遠慮は無用です。

詳細情報

■料金
当日券:800円
・小学生以下入場無料

■公式サイト
https://nekogakawaii.com/

メスキータ展 (東京 千代田区)

会場:東京ステーションギャラリー (東京都 千代田区)
会期:2019/6/29(土) ~ 8/18(日)

メスキータ展のチラシ

チラミュさんのコメント

思わずどきっとする作品の数々が魅力的なオランダ人アーティスト「メスキータ」。ユダヤ人であった彼は家族と共に身を追われ、収容所でこの世を去ります。

メスキータ亡き後、アトリエに残された作品は弟子である画家や友人らが命がけで政治的な背景から守り抜きました。画家魂が継いだ命のリレーとも言える、力強く、そして簡潔な木版画の世界。メスキータの全貌を紹介する日本初の展覧会です。

詳細情報

■料金:
一般(当日):1,100円
一般(団体):800円
高校・大学生(当日):900円
高校・大学生(団体):600円
・中学生以下無料
・団体は20名以上(取扱いは8/9 まで)
・障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名無料)

■公式サイト
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201906_mesquita.html

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術(東京 渋谷区)

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
会期:2019/7/13(土) ~ 9/29(日)

みんなのミュシャ展のチラシ

チラミュさんのコメント

妖艶な表情と柔和な曲線、そして花と植物が織りなす繊細で華やかな彩り。アール・ヌーヴォーを代表する芸術家「ミュシャ」。

没後80年を経てもなお愛され、多くのアーティストに影響を与えている秘密をひも解く本展。「時代を超えて、今もミュシャは生きている」と題し、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌の挿絵や、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やグラフィック・アーティストの作品を展示。彼の原点と『今』とを繋ぎ、これまでにない角度からミュシャを発見することができます。

展示は一部撮影OK(※)であったり、おしゃれなグッズの充実などその辺りも充分に楽しめそう。ミュシャ×ペコちゃんのコラボが、めちゃくちゃキュートで惹かれます。ぜひ手に取ってみてください。

※混雑の場合等、主催者の判断により中止となることもあります。

詳細情報

■料金
当日一般:1,600円
当日大学・高校生:1,000円
当日中学・小学生:700円
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。

■公式サイト
https://www.ntv.co.jp/mucha2019/

ざんねんな昆虫展~おもしろい!生き物の多様性~ (埼玉 狭山市)

場所:狭山市立博物館 企画展示室
会期:2019/6/29日(土) ~ 9/8(日)

ざんねんな昆虫展~おもしろい!生き物の多様性~のチラシ

チラミュさんのコメント

地球上にいる生き物たちの、『どうしてそうなったの?』と思わず笑いながら愛情を込めてツッコミたくなるような真実が詰まっています。

NHK Eテレでもショートアニメが放送されシリーズ累計290万部を突破した「ざんねんないきもの事典」と狭山市立博物館のコラボレーション展。事典のユーモアあふれるイラストと実物の標本を比較展示し、昆虫たちの”意外な一面”が分かりやすく紹介されています。

昆虫たちの能力を応用したバイオミメティクスやバイオユーズドといった、科学技術についても解説・展示。夏休みの自由研究にも良いのではないでしょうか。昆虫のすごい能力を探りに行ってみませんか?

詳細情報

■料金
一般:150円
高大生:100円
一般(団体20名以上):100円
高大生(団体20名以上):60円
各種障害者手帳提示で付添1名まで無料

■公式サイト
http://sayama-city-museum.com/

みんなのレオ・レオーニ展 (東京 新宿区)

会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
会期:2019/07/13(土) ~ 9/29(日)

みんなのレオ・レオーニ展のチラシ

チラミュさんのコメント

赤い色をした兄弟たちの中で、唯一黒い魚の物語。小学校の教科書に掲載されている『スイミー』は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この物語の作者レオ・レオーニの数々の作品と、ヨーロッパとアメリカを移動し続けた彼の波乱の生涯を重ね合せながら、レオーニが子どもの絵本に初めて抽象表現を取り入れるに至った道筋に光を当てます。

注目は幻とされる『スイミー』の原画が、スロバキアの国立美術館から5点も来日すること。絵本の絵とは少し違うので、じっくりご覧いただきたいです。

詳細情報

■料金
当日・一般:1,300円
当日・大学:900円
※高校生以下は無料。学生証をご提示ください。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。

■公式サイト
https://www.sjnk-museum.org/

企画展「浮世絵ガールズ・コレクション―江戸の美少女・明治のおきゃん―」 (東京 渋谷区)

会場:國學院大學博物館 企画展示室
会期:2019/6/29(土) ~ 8/25(日)

企画展「浮世絵ガールズ・コレクション―江戸の美少女・明治のおきゃん―」のチラシ

チラミュさんのコメント

「浮世絵と聞いて、果たして何をどう見ればいいのか」と思っている方にぴったりの展示です。

國學院大學博物館が新収蔵した浮世絵コレクションを初公開。<浮世絵の読み方><美人画のよみかた>など簡単で分りやすい解説があり、各絵のタイトルには『すがたが見たい』などかみ砕いた表現が用いられています。何が描かれているのかが一目でわかり、難しそうという先入観をなくしてくれます。

今で言う”アツい”情報や日常の風景が、実はめっちゃ詰まっている浮世絵。第1回目の本展は「江戸」「明治」の2時代の美人表現をテーマに、画中に描かれている風景や工芸品にも注目。江戸・明治の風俗や文化も楽しめます。

江戸時代の美の教科書なども展示され、『鼻の低きを高ふ見する伝』では鼻を高く見せるメーク術が載っており親近感が湧きます。

入場料フリーなのも魅力のひとつ。日本の歴史と文化に触れて、そしてあなた好みの美人を探してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

■料金
無料
本学の学生だけでなく、どなたでも入館無料でご利用いただけます。

■公式サイト
http://museum.kokugakuin.ac.jp/special_exhibition/detail/2019_ukiyoe.html

恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019 (東京 台東区)

会場:国立科学博物館
会期:2019/7/13(土) ~ 10/14(月・祝)

恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019のチラシ

チラミュさんのコメント

夏休みになると「また恐竜?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、本展には恐竜学の新時代をつくった<世界初公開・日本初公開>の貴重標本がおしみなくこれでもかとばかりに展示されていて見どころたっぷり!

中でも、大きすぎる前あしのみ発見されて半世紀近く「謎の恐竜」であった、映画ジュラシックパーク「ラプトル」のモデルでもある「デイノケイルス」は要注目。全身復元骨格が世界初公開されます。

8割以上の骨が北海道・むかわ町で発見された「むかわ竜」の全身実物化石と全身復元骨格も地元以外で初公開。これだけの全身化石の骨が国内で見つかったのは、大型恐竜のなかで類を見ないといいます。

大迫力の展示はもちろん、イクメン恐竜がいたなど「なるほどぉ」と思わずうなってしまう恐竜研究の新常識もたっぷり学べますよ。

初公開だらけ、『今』の恐竜博をぜひご堪能いただきたいです。

詳細情報

■料金
一般・大学生(当日):1,600円
小・中・高校生(当日):600円
※未就学児は無料
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料。(要証明)
※本件で本展を観覧された方は、同日に限り常設展(地球館・日本館)もご覧いただけます。

■公式サイト
https://dino2019.jp/

肩をはらず気軽に今すぐ行こう。美術館・博物館をもっと身近に

今回ご紹介した展覧会はどれもお手頃な料金で、あまり美術館へ行かない方でも楽しみやすいものばかりです。夏休みに時間ができたら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

アプリ『チラシミュージアム』では他にも様々なイベントが掲載されています。今回は関東圏の情報に絞ってお届けしましたが、もちろん全国で様々な展示が行われていますよ。ぜひチェックしてみてください。

『チラシミュージアム』とは

全国の2,000近い美術館、博物館、ギャラリーの美術展チラシを掲載する情報アプリ。GPS機能で現在地周辺の展覧会をリアルタイムに検索。お得なクーポンや前売チケットも満載です。

話題の大型展から無料で楽しめる街のギャラリーまで、アートや展覧会に関するチラシをどこよりも多く掲載。展覧会内容~スケジュール~アクセスまで、「“知る”から“行く”」までをサポートします。

チラシミュージアム - 美術館・博物館の展覧会情報&クーポン

eplus inc.

3.39

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

仕上がりで選ぶ「絵画風加工カメラアプリ」8本 写真がピカソやダリ風の1枚に - Appliv TOPICS
センス光るアートなLINEスタンプ3選。日本が誇る芸術家の作品をスマホに! - Appliv TOPICS