• TOP
  • ツール・サービス
  • 名刺があれば無料で年賀状を送れる『Wantedly年賀状』 名刺管理アプリ「Wantedly People」が提供開始

ビジネスSNS「Wantedly」のつながり管理アプリ「Wantedly People」が日本郵便株式会社と連携し、読み込んだ名刺の情報から年賀状を無料で送れる『Wantedly年賀状』を今年も提供開始しました。デザインや送付先を選ぶだけで、投函までをサービス側が代行してくれます。

年賀状の発行枚数は少なくなってきているそうですが、つながりを大切にするビジネスシーンにおいてはまだまだ大切なもの。忙しいビジネスパーソンには嬉しいサービスです。

Wantedly年賀状

年賀状の作り方

年賀状を送る側のやることは3ステップだけ。

1.「Wantedly People」アプリを起動し、お知らせから年賀状アイコンをタップ
2.年賀状のデザインを選択
3.年賀状を送る相手を、名刺を登録している人の中から選ぶ

以上の手続きが完了すると相手に住所確認メールが届き、確認が完了したら年賀状が郵送されます。

相手が住所確認をしないと届かないので、絶対に届かないとまずい相手には使わない方がいいでしょう。

年賀状の作成手順

▲アプリを起動したら「お知らせ(ベルアイコン)」を開き、年賀状アイコンをタップ。

Wantedly People

Wantedly, Inc

3.46

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

用意されている年賀状テンプレートは10種類。スタイリッシュなデザインが揃っています。

Wantedly年賀状デザイン

キャンペーン概要

作成・郵送期間

2019年11月1日(金)9:00 〜 2020年1月6日(月)11:00

元日に届くようにするには、2019年12月22日(日)23:59までに受取人の住所確認が完了する必要があります。こちらの手続きが完了したタイミングではないので、早めに手続しておくのがよいでしょう。

作成・郵送可能枚数

予定枚数(3万枚)が終了するまで、何枚でも作成・郵送が可能。

キャンペーンページ

Wantedly年賀状 | アプリにおまかせ、無料で投函
Wantedly People

Wantedly, Inc

3.46

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

人気の「名刺管理アプリ」おすすめ13本を徹底比較。名刺管理のコツも紹介 - Appliv TOPICS
名刺アプリ『Eight』の使い方。プレミアムプラン、スキャン、名刺削除など - Appliv TOPICS