• TOP
  • 写真・動画
  • 『InShot』の使い方を徹底解説 音楽の入れ方、オシャレな動画を作るコツ

スマホで簡単に動画編集できるアプリ『InShot』。テキストや音楽・エフェクトの追加、フィルタ加工ができるのはもちろん、トランジションの設定も可能です。パソコンばりの機能が備わっているので、スマホでもクオリティの高い動画が作れます。

また難しい操作は一切なく、基本的にタップ・スワイプ操作だけで編集できるので、動画編集の経験がない初心者でも扱えます。それぞれの編集方法をしっかりマスターすれば、動画撮影してすぐ『Instagram』や『Youtube』にアップすることだってできますよ。

実際に『InShot』を使って作成した動画がこちら! ただ動画をつなぐだけでなく、BGMを追加したりトランジションを設定したりするだけで、こんな感じにオシャレな動画に仕上がります。

『InShot』の使い方を覚えたら、皆さんもこのような動画をサクサクと作れるようになりますよ!

InShot - 動画編集&動画作成&動画加工

InstaShot Inc.

3.34

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

InShotの基本的な使い方・動画編集

まずは「トリミング」「カット」「スプリット」など、基本となる動画の編集機能について説明していきます。基本をしっかり抑えておけば、サクサクと動画を作れるようになりますよ。

トリミング

トリミングとはカット編集の一種で、どこからどこまでの動画を使いたいのか始点と終点を決めて、不要な箇所を削除することです。トリミングは『Twitter』にアップするときなど、撮り始めと撮り終わりをカットして時間調整したいときに向いています。

InShotでのトリミング方法

動画編集ページの「トリミング(※iPhone版の場合はプレカット)」ボタンをタップしてください。

InShot トリミング

するとトリミングしたい箇所を選択する画面に移るので、左右にスワイプして動画の始点と終点を設定します。動画として使いたい箇所を選択し、チェックマークをタップしたらトリミング完了です。

InShot トリミング

▲両サイドの色が暗くなっている箇所が削除される。

カット

カットとは選択した箇所を削除する編集のこと。トリミングだと冒頭と終わりの部分しか削除できませんが、カットなら中間の不要箇所を削除することも可能です。

複数の動画をつなぎ合わせて一本の動画を作成するときに、カット機能をよく使います。

InShotでのカット方法

動画編集ページの「トリミング(※iPhone版の場合はプレカット)」ボタンをタップしてください。

InShot カット

次に「カット」ボタンを選択し、削除したい箇所を挟むようにスワイプ操作で調整します。トリミングと違って残したい箇所ではなく、削除したい箇所を選択し、チェックマークを押せば完了です。

InShot カット

スプリット

スプリットとはスパッと動画を2つに分割することです。前後で異なるエフェクトやフィルタ加工を施したいときに役立ちます。

InShotでのスプリット方法

動画編集ページの「トリミング(※iPhone版の場合はプレカット)」ボタンをタップしてください。

InShot スプリット

分割したい位置を決めてチェックマークをタップすれば完了。複数に分割したい場合は「複数スプリット」を選択すれば、何個にも分割できます。

InShot スプリット

サイズ変更・ズームイン

編集機能を使えば、動画の比率を1:1や16:9などに変えることができます。『Instagram』やインスタのストーリーなど、投稿先のサイズにあわせたい場合に便利です。

ズームインすることも可能で、拡大して見せたいシーンがあるときに使います。

InShotでのサイズ変更・ズームイン方法

動画編集ページの「キャンバス」を選択してください。

InShot キャンバス

インスタのストーリー用にあわせた9:16や『YouTube』にあわせた16:9など、動画の比率を投稿先のサイトにあわせて変更できます。

InShot サイズ変更

画面をピンチするとズームインし、倍率を変えることも可能です。

InShot ズームイン

フィルタ加工

コントラストなどを調整し、動画をまったく違う雰囲気に変えられるのがフィルタ加工です。『Instagram』や『Twitter』で写真を加工するような感じで、動画にフィルタ加工を施します。

『InShot』でおすすめのフィルタ加工は「CINEMA」シリーズで、色のコントラストを大きくすることで人物や物体のメリハリがつき、ハリウッド映画のような仕上がりになります。

InShot フィルタ加工

▲左:加工前、右:加工後。「CINEMA」シリーズの加工は5セットで250円(※Android版は3セットで240円)。

InShotでのフィルタ加工方法

動画編集ページの「フィルタ」ボタンを選択してください。

InShot フィルタ加工

好きなフィルタを選択して、チェックマークをタップすれば加工されます。無料で使えるフィルタも多いですが、もう少し色彩にこだわりたい方はフィルタに課金するのもアリ。

InShot フィルタ加工

▲切り替えボタン付きなので、加工なしありで比較しやすい。

音楽・エフェクト追加

『InShot』のアプリ内に収録されているBGMのほか、自身のスマホに保存している音楽を動画に入れることができます。動画にBGMをうまく取り入れることで、クオリティが一段とアップしますよ!

InShotでの音楽・エフェクト追加方法

動画編集ページの「音楽」ボタンを選択してください。

InShot 音楽

動画のBGMに使いたい音楽を選択し、「用いる」をタップすることで動画に音楽を追加できます。

InShot 音楽

▲端末に保存している音楽を入れたい場合は、「マイミュージック」を選択。

動画に入れた音楽や効果音などは、長押しすることでどのシーンから音楽を流すのか調整できます。初めからBGMを流すのも良し、途中でBGMを変更するのも良し、BGMの使い方はさまざま。

InShot 音楽

▲使用する音楽の長さや音量の調整もできる。

ステッカー追加

動画にステッカーを貼って賑やかな感じにしたり、顔を隠したり、いろんな使い方ができます。『InShot』には動くステッカーも収録。全体的にポップなデザインが多く、『TikTok』に投稿する動画と相性がいいです。

InShotでのステッカー追加方法

動画編集ページの「ステッカー」ボタンをタップしてください。

InShot ステッカー

好きなステッカーを選択し、動画内のどこに貼るのか位置を決めましょう。ステッカーの位置を確認し、問題ないならチェックマークをタップ。動画内にステッカーを貼ることができます。

InShot ステッカー

ステッカーの大きさや表示時間を調整することも可能。このシーン中はステッカーを表示させておきたいなど、スワイプ操作で簡単に表示時間を調整できます。

InShot ステッカー

テキスト追加

『InShot 』では動画に好きなテキストを入れることができます。色やフォントを変更できるだけでなく、テキストに動きを足すことも可能。

InShotでのテキスト追加方法

動画編集ページの「テキスト」を選択してください。

InShot テキスト

好きな文字を入力し、好みの色・フォントに変更したらチェックマークをタップ。これで動画にテキストを追加できます。

InShot テキスト

▲カラーバリエーション・モーションが豊富。

InShotをより使いこなすための編集機能

再生速度の調整

動画の再生速度を早くしたり、遅くしたりすることでリズムが生まれ、途中で見飽きない動画になりやすいです。変化のない同じシーンが続く場合は再生速度を上げるなど、ひと手間を加えるだけで見やすくなります。

InShotでの再生速度の調整方法

動画編集ページの「速度」ボタンを選択してください。

InShot 速度

スワイプ操作で再生速度を設定し、チェックマークをタップすれば完了です。iPhone版では再生速度は0.2倍~4倍、Android版だと0.5倍~2倍に速度を変更できます。

InShot 速度

フリーズ

フリーズとは同じシーンを繰り返し、時間を伸ばす編集機能です。せっかく美しい動画が撮れたのに、肝心なシーンが数秒しか撮れていない……そんなときにフリーズ機能は役立ちます。

たとえば、星が輝く夜空の風景が2秒しか撮れてなかった場合、フリーズを使って同じシーンを繰り返せば、5秒10秒に伸ばすことができます。BGMと合わせるために時間調整するときに使うといいでしょう。

InShotでのフリーズ方法

フリーズさせたい動画クリップを選択し、「フリーズ」ボタンをタップしてください。

InShot フリーズ

すると下図のように動画クリップが増え、同じシーンが繰り返されます。フリーズボタンをタップするたびに動画クリップが増えていきます。

InShot フリーズ

トランジション(iPhone版限定)

トランジションとは動画と動画のつなぎ目を自然にするための編集機能です。ただ動画をつなぎ合わせただけでは、急にシーンが切り替わって不自然な印象を与えやすいです。

しかし、トランジションを動画のつなぎ目に追加すれば、動画の切り替わりが自然になります。トランジションを入れる入れないかだけで、動画のクオリティが目に見えて変わりますよ!

InShotでのトランジション追加方法

動画のつなぎ目部分にある「\」ボタンをタップしてください。

InShot トランジション

好きなトランジションを設定し、チェックマークをタップすれば完了です。

切り替わるときに暗転する「ブラックアウト」や白くなる「ホワイトアウト」など、さまざまなトランジションが収録されているので、どんな風に切り替わるのか色々と試してみてください。

InShot トランジション

▲円形に切り替わるトランジション。

InShot トランジション

▲課金すればオシャレなトランジションがたくさん使えるように。

トランジションあり/なしの動画を比較

トランジションを設定しているかいないかで、こんなにも見え方が変わるのです!

▲トランジションなし。

▲トランジションあり。

編集した動画の保存方法

動画にBGMやテキストを追加したりフィルタ加工したり、すべての編集が終わったら忘れずに保存しましょう! 動画保存の方法は簡単で、編集ページ右上のアイコンをタップし「保存」を選択すればOK。

保存中にアプリを落としたり、スマホをロックしたりすると、うまく保存できないので気をつけてください。

InShot 動画保存

InShotのロゴ・広告を消したい場合

動画のサイズを変更せずに編集した場合は、InShotのロゴが表示されませんが、インスタ用に1:1などにリサイズした場合はロゴが表示されます。

「InShot」のロゴと広告表示は370円の課金で削除可能です。また月額450円の「InShot Pro」に加入すればロゴと広告を消すだけでなく、有料のフィルタやトランジションが使い放題になります。

InShot Pro

オシャレな動画を作るコツ

IPhoneユーザーの方はトランジションを入れて、動画の繋がりをスムーズにしましょう。急に動画と動画が切り替わるより、滑らかに切り替わることで見やすくなります。

また、複数の動画を組み合わせるときは、音楽のビートの箇所で切り替えることを意識してください。音楽にあわせて動画が切り替わることで、テンポの良い動画に仕上がります。

InShot - 動画編集&動画作成&動画加工

InstaShot Inc.

3.34

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

無料の動画編集アプリおすすめ5選 iPhone/Androidで簡単編集【2020年版】
流行りの写真加工・動画編集アプリ&テクまとめ 画像を可愛くおしゃれに!