• TOP
  • Amazon
  • Amazonアカウントのパスワード変更方法、忘れたときの対処法【スマホ/PC】

世界最大級のショッピングサービス『Amazon(アマゾン)』のアカウントのパスワードを変える手順を、スマホ(iPhone/Android)とパソコンそれぞれ画像つきでわかりやすく解説します。定期的に変更しておけば不正アクセスの防止に繋がりますよ。

パスワードを忘れてログインできなくなったときの対処法もあわせて紹介します。

パスワードの変更方法

スマホアプリ(iPhone/Android)のやり方

iPhoneとAndroidで画面構成が少し変わることもありますが、流れは同じです。以下ではiPhoneを使って解説します。

1.Amazonアプリを開き、メニューボタン [≡] をタップ

メニューボタンをタップ

2.[アカウントサービス] をタップ

アカウントサービスをタップ

3.[ログインとセキュリティ] をタップ

ログインとセキュリティをタップ

4.「現在のパスワード」の [編集] をタップ

パスワードの編集をタップ

5.現在のパスワードと新しいパスワードを入力し、[編集内容を保存] をタップ

新しいパスワードを入力

6.変更完了!

「成功」と画面の上に出ていれば変更できています。

パスワード変更完了

スマホのWebブラウザ版のやり方

まずはブラウザでAmazon.co.jpを開きましょう。

1.画面左上のメニューボタン [≡] をタップ

メニューボタンをタップ

2.[アカウントサービス] をタップ

アカウントサービスをタップ

3.[名前、Eメール、携帯番号、パスワードの管理] をタップ

パスワードの管理をタップ

4.「現在のパスワード」の [編集] をタップ

編集をタップ

5.現在のパスワードと新しいパスワードを入力し、[変更内容を保存] をタップ

パスワードを入力

▲新しいパスワードは2回入力。

6.設定完了!

「成功」と画面の上に出ていれば変更できています。

設定完了の画面

パソコンのWebブラウザ版のやり方

まずはブラウザでAmazon.co.jpを開きましょう。

1.画面右上の [アカウント&リスト] をクリック

アカウント&リストをクリック

2.[ログインとセキュリティ] をクリック

このとき、再度ログインを求められる場合があります。現在のパスワードを入力してログインしてください。

3.「現在のパスワード」の [編集] をクリック

編集をクリック

4.現在のパスワードと新しいパスワードを入力し、[変更内容を保存] をクリック

パスワードを入力

▲新しいパスワードは2回入力が必要。

5.設定完了!

「成功」と画面の上に出ていれば変更できています。

設定完了

パスワードを忘れてログインできないときの対処法

パスワードを忘れてしまった場合は、以下の手順で再設定が可能です。

スマホアプリ、スマホのWeb版、PCのWeb版、いずれも流れは同じです。以下ではiPhoneのアプリ版を使って解説します。

1.ログイン画面で [お困りですか?] → [パスワードを忘れた場合] をタップ

スマホのWebブラウザ版ではパスワード入力フォームの上にある、「パスワードを忘れた方」というリンクをタップしてください。

パスワードを忘れた場合をタップ

2.アカウントに登録しているメールアドレスか電話番号を入力し、[次へ進む] をタップ

メールアドレスか電話番号を入力

3.登録しているアドレス宛にAmazonからメールが届く。その中に書かれている6桁の数字を覚える

Amazonからのメール

▲このような内容のメールが届く。

4.メールに記載されていた6桁の数字(コード)を入力して、[続行] をタップ

6桁の数字を入力

5.新しいパスワードを入力して、[変更内容を保存] をタップ

新しいパスワードを設定

これでパスワードを新たに設定完了です。再度ログインページを開き、新しく設定したパスワードでログインしてください。

破られにくい安全なパスワードの作り方

せっかくパスワードを変更しても、すぐ第三者に破られてしまうようでは意味がありません。破られにくい「良いパスワード」とは何かを、最後に押さえておきましょう。

1.最低でも8文字以上。文字数は多めに

最低でも8文字以上、12文字以上が理想的です。

2.個人情報を入れない

自分や家族の名前、生年月日、電話番号、住所など、個人情報に関する数字・ワードは避けましょう。覚えやすいですが、個人情報が漏れた場合は簡単に推測できてしまいます。

Twitterの場合はツイートの内容から、誕生日などを推察しやすいので特に注意です。

3.ありきたりな単語を避ける

「123456」「abc123」「password」「iloveyou」「hello」など、推測しやすい簡単なフレーズは使わないように。

4.英字の小文字・大文字と数字を混ぜる

英字の小文字と大文字を混在させ、さらに数字を混ぜることでより複雑なパスワードにできます。

ただランダムに数字を組み込むのは難しいので、o(オー)を0(ゼロ)に、l(エル)を1(いち)に置き換えるなど、自分の中での法則を作っておくと覚えやすいです。

5.同じパスワードを使いまわさない

覚えるのが大変になるのでパスワードを使いまわしがちですが、サービスごとに別のパスワードを設定することが理想です。

覚えきれない方はパスワード管理アプリを使うのがおすすめ。代表的なものには『1Password』などがあります。

パスワード管理アプリおすすめ5選 機能や価格を比較【iPhone・Android】

こちらの記事もおすすめ

安全で覚えやすいパスワードの作り方 アカウント管理のコツも解説
『Amazon』支払い方法のおすすめは? 現金払いでもお得な裏技あり