本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「Apple Books(アップルブックス)」では電子書籍やオーディオブックを手軽に楽しめます。「どうやって登録するの?」や「AndroidやPCでも使えるの?」など、詳しい利用方法について知りたい方もいるでしょう。

本記事では、「Apple Books」の登録方法から便利な機能、解約方法までわかりやすく解説します。

【PR】楽天ポイントが貯まる電子書籍サービス「楽天Kobo」

楽天ユーザー必見!楽天Koboは、約400万冊取り揃えているので好きなジャンルの気になる作品がきっと見つかると思います。
購入時に楽天ポイントが貯まる&使えるので、楽天ユーザーならとってもお得に利用できます!

詳細をみる
Apple Books を使ってみる
Apple Books

Apple

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

Apple Booksとは? 無料で利用できる?

Apple Books イメージ画像

出典元:Apple Book 公式

「Apple Books」は、Apple(アップル)が提供する電子書籍・オーディオブックサービスです。以前は「iBooks(アイブック)」という名前で呼ばれていました。

このサービスを利用すれば、好きな時間、好きな場所でさまざまな書籍を楽しめます。

「Apple Books」は基本的に、アプリの使用だけであれば無料です。書籍を探したり、サンプルを読むのに料金は発生しません。

ただし、書籍を購入する際は、その都度料金が発生します

Apple Booksの登録方法

「Apple Books」を使い始めるには、登録が必要です。「Apple Books」の登録方法は非常に簡単で、初めて使う方でもすぐに手続きを完了できます。

登録にはAppleのアカウントが必須

「Apple Books」を利用するには、Appleのアカウントが必須です。AppleのアカウントはApple IDと呼ばれており、iPhoneやiPad、Macなど、Apple製品を活用できます。

Apple IDは、App StoreやiTunes Storeでアプリや音楽を購入、iCloudを利用するためにも必要です。

「Apple Books」でも、このApple IDがあれば、各種のサービスをスムーズに利用できます。例えば、お気に入りの本を見つけて購入した場合、その本はApple IDと関連付けられ、購入した本を自分のすべてのAppleデバイスで楽しめます。

Apple IDを作成する

Apple Booksへの登録手順

具体的な登録手順について解説します。「Apple Books」への登録手順は以下のとおりです。

  • STEP1

    Apple Booksのアプリを開いて[はじめよう]をタップ

    Apple Books 最初の画面

    Apple IDがあればこのまま本の購入へ進めます。Apple IDがない場合は先にApple IDを作成してください。

  • STEP2

    購入したい本を探して[購入]をタップ

    Apple Books 作品画面

  • STEP3

    サイドボタンで承認またはパスワード入力すれば購入完了

    Apple Books 支払い画面

    購入した本はiPhoneをはじめApple端末で閲覧できます。

Apple Books を使ってみる

Apple Books登録中の注意点

Apple Books登録中の注意点

  • Androidデバイスからは利用できない
  • 特定の大人向けコンテンツを探すことがやや難しい
  • 解約・退会後の扱いがわかりづらい

出典元:Apple Books 公式

「Apple Books」はAppleデバイスやiTunes経由のWindows PCで利用できますが、Androidデバイスからの利用は不可です。大人向けの書籍を探す際は直接検索機能の利用が推奨されます。

また、解約やログアウト後も購入書籍の閲覧は可能ですが、Apple IDを削除するとアクセスは不可能です。

Apple Booksの便利な機能

「Apple Books」は、読書体験を豊かにする機能を数多く提供しています。以下に、その主な機能を紹介します。

読書目標

出典元:Apple Books 公式

「読書目標」機能は、ユーザーが自分の読書習慣を把握し、読書量を増やすための目標を設定できものです。

例えば、1日に何ページ読むか、1週間に何時間読むかといった目標を設定し、その進捗を追跡することが可能です。また、目標達成時には成果をシェアできる機能もあります。

ライブラリ

ライブラリは、ユーザーが購入またはダウンロードしたすべての本、オーディオブックを一元管理できる場所です。また、PDFドキュメントも保存しておくことができ、後から簡単にアクセスできます。

ブックストア・マンガストア

Apple Books マンガストア

「Apple Books」には、新刊やベストセラー、推奨されるタイトルなど、幅広いジャンルの書籍が揃っています。その中でも、漫画好きには特に魅力的なのがマンガストアです。ここでは、豊富な作品群から気に入ったマンガを選び、ダウンロードできます。

辞書機能

読んでいる本の中に理解できない単語が出てきた時、「Apple Books」の辞書機能が役立ちます。

単語を選択すると、その意味や発音を確認でき、その場で新たな語彙を学ぶことが可能です。

ハイライト

大切な部分を後で確認するために、テキストをハイライトすることも可能です。色を選んでテキストを強調したり、メモの追加もできます

これらのハイライトやメモは、あとから一覧で見ることが可能です。

ダークモード

出典元:Apple Books 公式

「Apple Books」はiOSのダークモードにも対応しています。環境により読みやすい明るさに調整でき、長時間の読書でも目が疲れにくいです

PDFの保存・編集

「Apple Books」では、iPhoneやiPadから直接PDFを保存し、署名やマークアップを施して、共有できます。

Apple Books を使ってみる

Apple Booksの解約(退会)方法

「Apple Books」の利用を停止するための直接的な「解約」または「退会」手続きは存在しません。これは「Apple Books」がApple IDと直接連携しているためです。

購入した書籍へのアクセスを制限するには、設定メニューからそれぞれの書籍を削除または非表示に設定します。

重要な点として、アプリを削除しても「Apple Books」の退会や解約とはなりません。再インストールすれば以前の購入履歴やライブラリは利用可能です。

Apple Booksについてよくある質問

「Apple Books」に関する疑問と回答を掲載しています。具体的な操作方法や詳細な情報については、記事の各セクションを参照してください。

Apple Booksとはどんなサービス?
「Apple Books」はAppleが提供する電子書籍サービスです。ユーザーは、本、オーディオブック、マンガなど、多様なジャンルのコンテンツを手軽に購入し、自分のAppleデバイスで読めます。

購入した書籍はiCloudを通じてすべてのデバイスで共有可能で、好きなときにどこでも読むことが可能です。
Apple Booksは無料で利用できる?
「Apple Books」の利用自体は無料です。アプリのダウンロードや登録に費用は発生しません。

しかし、サービス内で書籍を購入する際には料金が発生します。無料で読むことができるコンテンツも一部存在します。
Apple Books を使ってみる

こちらの記事もおすすめ

DMMブックス お得なキャンペーン・クーポン・セール・割引情報まとめ【2024年2月最新版】
「楽天マガジン」は家族で共有できる? 複数端末での使い方と注意点を解説