• TOP
  • 🛍️ 楽天
  • 楽天お買い物マラソンでポイントを使うと損する? 賢い利用方法
本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

楽天の「お買い物マラソン」は複数ショップでお買いまわりをすることでポイントアップが狙えるお得なキャンペーンのひとつ。ポイント利用は、損するのか得するのかを知ればさらにお得に「お買い物マラソン」を活用することが可能です。

本記事ではポイント利用のメリット・デメリット、また賢い利用方法まで詳しく解説します。

お得なクーポン配布中!
楽天市場でお買い物をする
楽天ユーザーは使わないと損! 楽天リーベイツでお得にポイ活しよう [PR]

楽天ポイントがもっとお得に貯まる楽天公式アプリ「楽天リーベイツ」。

リーベイツを経由するだけで、Temu(最大15%還元)やSHEIN(最大7.5%還元)、Qoo10など、楽天市場以外の買い物も楽天ポイントの還元対象に! 提携ショップは800以上!

アカウント作成はお持ちの楽天IDでログインするだけ。使わないと損ですよ!

リーベイツをダウンロードする
お買い物マラソンにエントリーする

お買い物マラソンとは? 基本の買い回り方法

「お買い物マラソン」とは先述したとおり、楽天市場でほぼ毎月開催されているキャンペーンです。複数ショップでお買い物をする買いまわりによって、獲得できるポイントが最大10倍となります。

対象になるのは1,000円以上のお買い物で、1ショップのお買い物でポイント1倍、2ショップ目だと全体のポイントが2倍となり、10ショップ目でポイントが10倍になります。

楽天市場【ショップ買いまわり】仕組みについて

出典元:楽天市場【ショップ買いまわり】仕組みについて

楽天お買い物マラソン「ポイント上限」とは 計算方法と最大限得するお買い物のコツ
お買い物マラソンにエントリーする

お買い物マラソンのポイント利用はお得? 損になる?

「お買い物マラソン」でのポイント利用は、結論から述べると損する場合が多いです。一方で、ポイント利用はデメリットだけでなく、メリットもあります。

気になるポイント利用のメリット・デメリットについて解説していきます。

ポイント利用のメリット

ポイント利用の最大のメリットは、ポイントを利用して支払いしたお買い物も「ショップ買いまわりの対象になる」という点です。

つまり、ポイントを利用してお買い物した場合も、1,000円以上の購入であれば、1ショップでの買い物として計算されます。

ポイントを利用してお得に購入し、さらにそのお買い物がショップ買いまわりの対象になるのは最大のメリットです。

楽天ポイントのおすすめな使い方・使い道10選 1年で8万pt貯めた筆者が解説

ポイント利用のデメリット

「お買い物マラソン」でポイントを利用して支払いをするデメリットは以下のとおりです。

ポイント利用によるデメリット

  • 楽天カード利用時よりもらえるポイントが少なくなる
  • SPUのポイント付与対象外になる場合がある
  • 5と0のつく日のポイント付与対象外になる

それぞれ詳しく解説していきます。

楽天カード利用時よりもらえるポイントが少なくなる

「お買い物マラソン」でポイントを利用してしまうと、楽天カード利用時より獲得できるポイントは減少してしまいます。

たとえば、「お買い物マラソン」中に楽天カードでお買い物をした場合、楽天会員で1%、楽天カード利用特典で2%、合計で3%のポイントが付与されます。

一方、ポイントを利用した場合の付与ポイントは、楽天会員特典の1%のみとなってしまうのです。

SPUのポイント付与対象外になる場合がある

楽天の各サービスを使うことで、さらなるポイントアップが狙えるSPU(スーパーポイントアップ)。しかし、「お買い物マラソン」でポイントを利用すると、SPUの一部ポイント付与が対象外となってしまいます。

対象外となってしまうSPUのポイントは以下です。

ポイント付与対象外になるSPU

  • 楽天カード(+2倍)
  • 楽天プレミアムカード(+2倍)
  • 楽天銀行+楽天カード(+0.5倍)

たとえば、楽天銀行と楽天カードを利用している人がポイント利用で支払いをした場合、本来獲得できていた楽天カード(+2倍)、楽天銀行(+1倍)が付与されなくなってしまいます。

多くの楽天サービスを利用されている方が「お買い物マラソン」中にポイントをした場合、デメリットは大きいといえます。

「楽天カード」とは? メリットやデメリット、お得なポイントの貯め方・使い方など

5と0のつく日のポイント付与対象外になる

楽天市場では5と0のつく日に楽天カードで支払うことで、通常ポイント還元率が2倍になります。しかし、ポイント利用で支払いをした場合、5と0のつく日にもらえるポイントは付与対象外となります。

せっかく5と0のつく日にショッピングをしても、ポイント利用を選択してしまうと、キャンペーンの対象外となり結果的に損です。

「楽天市場」18日と5と0のつく日はどちらが得? 会員ランクごとの違いを解説

お買い物マラソンでのポイント利用と楽天カード利用の比較

「お買い物マラソン」でポイントを利用した場合と楽天カードを利用した場合では、獲得できるポイントがどれほど異なるのでしょうか。実際に比較した結果が以下のとおりです。

比較の前提条件

  • 5がつく日に楽天市場で1万円のお買い物
  • 楽天カード(+2倍)利用
  • 楽天銀行(+0.5倍)利用

ポイント利用と楽天カード利用で獲得できるポイント比較

ポイント利用の場合 楽天カード利用の場合
楽天市場 100 100
楽天カード利用 - 200
楽天銀行の利用 - 50
5がつく日の利用 - 200
合計ポイント 100 550

5のつく日に1万円分のお買い物をした場合、ポイント利用で獲得できるポイント数は100ポイントなのに対して、楽天カード利用だと550ポイントです。ポイント利用と楽天カード利用とでは、450ポイントもの差が生じます。

1万円分のお買い物でも、「お買い物マラソン」期間中のポイント利用は、結果として損してしまいます。

お買い物マラソンのポイント利用に関するQ&A

ここでは「お買い物マラソン」のポイント利用でよくある質問とその回答をご紹介します。

お買い物マラソンにポイントを利用するのはお得になる?
「お買い物マラソン」でポイントを利用するのは、原則損をしてしまう場合が多いです。ポイント利用で本来獲得できていたポイントが付与されません。

ただしポイントを利用した買い物も買い回りの対象になります。金銭的な負担なく買い回りの数を増やしたい場合に活用するとお得になるケースもあるので、状況に応じて判断しましょう。
お買い物マラソンにポイントを利用するメリットとデメリットは?
ポイント利用のメリットはポイントを利用して支払いしたお買い物も「ショップ買いまわりの対象になる」点です。

一方で、楽天カード利用時よりもらえるポイントが少なくなる・SPUのポイント付与対象外になる場合がある・5と0のつく日のポイント付与対象外になる点がデメリットに挙げられます。
お買い物マラソンでポイントを利用した場合・楽天カードを利用した場合でどのくらいの差がある?
5がつく日に1万円分のお買い物をした場合、ポイント利用で獲得できるポイント数は100ポイントなのに対し、楽天カード・楽天銀行を利用した場合では550ポイントを獲得できます。

この場合、ポイント利用と楽天カード利用では450ポイントもの差があることがわかります。
お買い物マラソンにエントリーする

こちらの記事もおすすめ

【2024年2月】楽天お買い物マラソンのおすすめは? 買い回りは1000円ポッキリ商品で
楽天ポイントのお得な使い方は2つ 理由とほかの利用方法との比較まとめ