人を支えているのは、人の言葉。そうだと信じ、心当たりを探ってみたのですが、
途中から「この説、やっぱり気のせいかもしれない」という気がしてきました。

「天知る、地知る、我知る」

これは、僕が幼少期に祖母から聞いた言葉です。
意味を聞いたところ、
「誰も見ていないと思っていても、お天道様は見ているって意味さぁ」
ということでした。

例え幼児相手でも「我」と「地」の説明は省くところが祖母らしい。

そんな祖母ですが、今年で102歳です。
こないだ会った時は「庭に出たハブを説教して自然に帰した」と豪快に笑っていました。
ばあちゃん本当気をつけてくれ!

家族や友人、そして恋人といった大切な相手からかけられた言葉が、人生のあらゆる場面で脳裏に蘇る。

これは誰にでも経験があることだと思います。

「離れていても見守っている」・「いつも傍にいる」といったセリフは、つまりそういうこと。

かけてもらった言葉がその人として、意識の中に在るのだと思います。

というワケで、今回は僕の中に残る名言をかいつまんでご紹介!

・「女は愛嬌、男は度胸だ!」

美人OLから冷たくあしらわれた同僚が叫んだ言葉です。
名言というより、「じゃあ愛嬌の良い美人がいたらどうすんだよ」というツッコみが今も頭の隅に引っかかっています。どうなんだこれ本当に。

・「女なんて星の数ほどいるって言うけどなぁ! 『太陽はひとつだ』ってネットに書いてあったんだよぉ」

失恋で泣き叫ぶ友人のセリフですね。
なぜわざわざ立ち直れなくなりそうなワードをネット検索するのか、こいつは。
「大丈夫、宇宙は広いから。本気で探したら、きっと別の太陽が見つかるよ」とか必死になだめたのですが、全く聞き入れてもらえませんでした。ブラックホールか。

・「こないだ車にはねられたんだけどよ、運転手が5千円くれたんだぜ、ラッキー。でもなんだか足がすげぇ痛ぇんだ」

学生時代の友人です。翌日病院に行ったところ、
折れていたそうです。
治療費いくらかかったんだろか。アホですね。

……名言出てこない……。

僕の精神構造、大丈夫かな。

※『インターバルタイマー』。
これは運動や仕事などメリハリをつけたい方にとって常に側にいてほしい!
と思えるアプリ。
ボクシングのラウンドタイマーとして設定も可能。

インターバルタイマー HIITトレーニング&フィットネス

NO TECHNOLOGY, NO LIFE.

3.44

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る