• TOP
  • ツール・サービス
  • 【東大生のボケて奮闘記#18】大喜利イベントに行ってみた! その結果やいかに?

前回の記事で紹介した、参加型の大喜利イベント『モバイル大喜利』。11月9日に筆者が実際に行ってみたので、結果報告したいと思います!

●前回の記事はこちら

【東大生のボケて奮闘記#17】大喜利イベントを発見! 自分の腕を試してみようかな?

やってきました、渋谷の『ヒミツキチラボ』。秘密結社みたいな名前ですが、看板もしっかり掲げてあって、歩いていたらすぐに見つかりました。会場は20人くらい入れるイベントスペースになっていて、いかにも大喜利好きそうな顔の人たちが集まっています……!

イベントの流れは以下の通り。
①お題はナレーションで発表。
②参加者はスマホを使って、ボケを送信。
③ステージにいる元芸人さんたちが、代わりにボケを発表。

恥ずかしいですが、自分のボケも紹介してみますね。

お題「この人おそらく扇風機に呪われてるな……。どうして分かった?」

答え「しゃべると、語尾に必ず『ブーン』が付いてくる。」

MCが「何か調子が悪いブーン。やばいブーン。」と、ボケた後にフォローしてくれるので、どんな回答でも笑いに変えてくれます。自分のボケで笑いが起こるのは気持ちが良いですね!

10・20・30点の3段階評価でポイントが付きます。総ポイントが一番多い人が、栄えあるチャンピオン。はたして筆者の結果は……?

6位でした! 約20人の中で6位……びみょ~!

「中の上」くらいの微妙な順位ですね。まぁ、初めてにしては上出来なのではないでしょうか? 中途半端な結果になってしまいましたが、面白いボケを量産する人達に出会えたので、かなり刺激になりました。大喜利イベントに参加するのも悪くないですね!

それでは、良い刺激を貰ったところで、張り切ってボケていきましょう~。

今回は『東大生のボケて奮闘記』の第18回目。この連載では、東大生ライターのもすが笑われる人間から笑わせる人間になるために、大喜利サイト「ボケて」で★3000を取れるまで奮闘する姿を描きます。

今までのボケ星数

前回は★300以上を記録! この調子で星数を稼げるでしょうか?

ライター紹介

ペンネーム: もす
職業: ライター

大喜利イベントで優勝をめざしていただけに、若干へこんでます。モバイル大喜利はおそらく次回も開催されるので(開催日程は未定)、気になった方はぜひ参加してみてください!

今回はいつもより多めで、111個のボケを作りました。その中から自分が面白いと思ったベスト5を紹介! では、ご覧ください~。

第5位

たしかに「求」って入ってるケド! 息切れや動悸がするときには、求めたくなりそうです。

第4位

先生の顔が、全てを受け入れたような顔になってます。う~ん、潔い!

第3位

井戸から大海原は、さすがにギャップがありすぎましたね。

第2位

ぜんぜん正体を隠しきれてないような……。真の姿はどんな感じになるんだろ?

第1位

『となりのトトロ』でメイちゃんがヤギと遭遇するシーンを再現。トトロっぽさは皆無ですけどね!

総評

アニメネタは知っている人が多いので、星数が伸びやすいですね。できるだけ有名な国民的アニメをモチーフにするのがコツです。次回はどの層でも笑えるように、気を付けてボケてみたいと思います。

■今週のリスペクトボケ

「ボケて」で発表された人気ボケの中から、大喜利の参考になるリスペクトボケを紹介。今週はこちらです!

国民的アニメ以外にも、昔話ネタも人気です。『シン・ゴジラ』みたいに壮大なストーリーなのかな……?

それでは、また次回~。

やばい!

一番多く星をもらえた記事はこちら

八回目: ★1000越え! 外国人ネタでボケ神様が降りてきた

過去の記事はこちらです

一回目: 東大生のボケて奮闘記 ~笑われる人生はもう嫌だ~
        ⋮
十三回目: ボケに飽き足らず、ツッコミにも手を出してます
十四回目: おじさん予備軍が挑む大喜利! 温かく見守ってね。
十五回目: IPPONグランプリ級のボケは生み出せるのか?
十六回目: 『ボケて』がリニューアル! 心機一転してボケてみた
十七回目: 大喜利イベントを発見! 自分の腕を試してみようかな?

  • iOS
  • Android

無料

写真で一言ボケて(bokete)

Roadie,inc.

4.12
アプリストアを見る

無料

写真で一言ボケて(bokete)-画像に一言加えて面白ネタをつくる大喜利アプリ

Roadie,inc.

3.62
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

もす

落語とウクレレが趣味の東大生ライター。
大喜利サイト『ボケて』で☆3000を獲得してから、自分には笑いの才能があると調子に乗ってます。

IoTやARなどの最新技術を活用したアプリや、放置ゲームやカジュアルゲームなどの記事をメインに執筆しています。最近ハマってるゲームは「アリの巣コロニー」。30万匹のアリを飼育中。