• TOP
  • ゲーム
  • Twitterで話題『ひらがなポーカー』作成プロジェクト。これは欲しい!

Twitterで瞬く間に拡散して話題を呼んだゲーム『ひらがなポーカー』をご存知でしょうか?

ひらがなの書かれたカードをポーカーと同じように配り、一番面白い言葉を作った人が勝ちという単純明快なルールかつシュールな笑いを生むこのゲーム。

そんな『ひらがなポーカー』を具現化しようと、クラウドファンディングの募集が行われています。

こちらが話題になったツイート。「面白そう!」「やってみたい!」という声が次々に上がったのですが、50音のカードを自作しなければいけないというハードルの高さがこのゲームの弱点でした。

出典:https://camp-fire.jp/projects/view/21510

そこで始動したのがこのクラウドファンディング。しっかりとしたトランプ用紙で製品版『ひらがなポーカー』制作し、出資してくれた人に届けてくれるというプロジェクトです。

出典:https://camp-fire.jp/projects/view/21510

言葉の幅を広げてくれるワイルドカード「○」や、

出典:https://camp-fire.jp/projects/view/21510

インターネット世代にはかかせない草カード「w」も収録されているこだわり仕様。どんな言葉ができそうか、妄想しているだけでちょっと笑えてきます。

出典:https://camp-fire.jp/projects/view/21510

実はこの企画、今回が2回目。前回の反響を受けての再始動というわけです。

1回目のときにプロジェクトを知らなかった方や、応募しそびれてしまった方は今回が『ひらがなポーカー』ゲットのチャンス!

クラウドファンディングの受付ページはこちら。3,500円から投資できます。
https://camp-fire.jp/projects/view/21510
募集期間は3月21日まで。

筆者ももちろん投資しました。はやく遊びたくて、届くのが待ち遠しい!!

こちらの記事もオススメ

「いらすとや」で桃太郎を再現したら、モーゼが桃を割り、弁慶が家来に加わった。