iPhone Xが登場した際、画面にはノッチ(切り欠き)と呼ばれる凹みがあり大きな話題になりました。

▲凹みにはカメラやセンサーが置かれ、時計・バッテリー残量等のステータスは左右に分割された。

また画面の縦横比も縦長(2.17:1)になったため、iPhone8以前の壁紙(16:9)をそのまま使うとサイズが合いません。

本記事ではiPhone X・XS・XS Max用の壁紙アプリをご紹介。特殊な画面サイズに合った美しい画像がたくさん収録されているので、お気に入りの1枚を探してみてください。

※一部アプリはXS Maxの対応が公式に発表されていませんが、十分に利用可能です。

あわせて読みたい

iPhone XS・XS Maxにおすすめのアプリ7選 新機能をフル活用

『綺麗な壁紙』壁紙の数は4万枚以上! 自然の写真からアートなイラストまで

4万枚以上もの豊富な画像を収録した壁紙アプリ。9枚ずつ並べたサムネイル表示でサクサク一覧。無料アプリゆえ広告バナーは表示されていますが、一時的に消して画像全体を見ることができます。

▲収録されている壁紙の一例。雑誌をペラペラめくる感覚で、大量の壁紙もササッと見ていける。

▲テーマごとに分類されており、好みのデザインを探しやすい。

▲カテゴリごとに収録されている写真の雰囲気がガラリと代わり、眺めているだけでも楽しい。

  • iOS
  • Android

無料

綺麗な壁紙 全てのiPhoneに対応

Masaki Hirokawa

4.35
アプリストアを見る

『私のためのライブ壁紙』ライブ壁紙の魅力も捨てがたい。全壁紙が動く

忘れてはならないのが、iPhone 6sより実装された「3D Touch」機能。画面を強く押すことで通常のタップとはまた違う操作ができる機能です。壁紙を強く押せば、ライブ(動画)壁紙を再生することも可能ですよ。

こちらは収録数が公開されていませんが、ザッと数えただけでも数百枚ほどはありそう。ボリュームは十分です。

▲常に再生されるわけではなく、画面を強く押したときだけ再生されるため、バッテリーを消費しすぎないのが特長。

▲このアプリもテーマごとにわかりやすく分類されている。

  • iOS
  • Android

無料

私のためのライブ壁紙

Apalon Apps

3.83
アプリストアを見る

『動く壁紙』毎日更新されるライブ壁紙。画面を見るのが楽しみになる

こちらもライブ壁紙を多数収録したアプリです。動物、建物、自然、スポーツなどジャンルは様々。ダイナミックな動きを見せてくれる壁紙を探してみてください。

ダウンロードは無料、3日間のトライアル期間を経た後に定額制課金が始まります。

▲下段のサムネイルを左右にスライドして壁紙を探し、タップすると自動で再生される。

▲「山」「花」カテゴリーを開いた様子。被写体がダイナミックに動くのもいいが、空や雲が揺れ動く自然の壁紙もおしゃれ。

  • iOS
  • Android

無料

動く壁紙

Zephyrmobile

-
アプリストアを見る

『ライブ壁紙』キーボードも壁紙と同じデザインにして、統一感を演出

静止画、ライブ壁紙どちらも収録された壁紙アプリ。静止画の場合はロック画面とホーム画面で少し異なる2種類の壁紙が使えるうえ、キーボードのカスタマイズにも対応する凝りっぷりが嬉しいです。

▲このように、1つのテーマで2種類の壁紙を用意している。ロック画面とホーム画面それぞれに設定して違いを楽しみたい。

▲さらにキーボードの背景に設定することも可能(ただし英字キーボードのみ)。

▲[設定アプリ]→[一般]→[キーボード]→[キーボード]→[新しいキーボードを追加]→[Live Wallpapers]を選択することで、壁紙に対応した英字キーボードを追加できる。

  • iOS
  • Android

無料

ライブ壁紙 - ロック画面 & ホーム画面 壁紙アプリ

Wallpapers & Keyboards

-
アプリストアを見る

切り欠きの形状をあえて目立たせる『Xの壁紙』

独特の形状を目立たせることで「iPhone Xらしさ」を強調する壁紙です。こちらはアプリではなくWebサービスなので、以下のサイトにアクセスしてください。

Xの壁紙

▲画面の縁に沿って、ネオンやステッチ風の線が引かれたデザイン。

▲好きな画像を見つけたら、共有メニューから「画像を保存」。

▲壁紙に設定する際、「視差効果」を選ぶと枠がズレてしまうので、「静止画」を選ぶ。

▲画面の縁に沿ってラインが引かれ、さりげなくもおしゃれな雰囲気に。

新しいiPhoneに合わせて壁紙も気分もリフレッシュしてみては

年々画面が大きくなってゆくiPhone。iPhone Xからは上下のベゼルがなくなり、ほぼフルスクリーンの端末となりました。それだけに壁紙が目立ちやすくなったので、ぜひ妥協なく素敵な壁紙を探してください。

こちらの記事もおすすめ

「iPhone XS/XS Max ケース」おすすめ20個 専門店スタッフが厳選 - Appliv TOPICS

iPhone XS・iPhone XS Maxを購入したら、併せて揃えたいのが大切なボディを守るスマホケース。毎日使うものだからこそ、どんなケースにするかはこだわりたいですよね。 シンプルさか、デザイン性か、耐久性か。今回はスマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」にご協力いただき、タイプ別におすすめのiPhoneケース教えてもらいました。液晶を守るフィルムやワイヤレス充電器など、その他のアクセサリの情報もありますよ。 iPhone XS・iPhone XS Maxの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

mag.app-liv.jp
iOS 12『計測』アプリの精度を検証! 実用に耐えうる正確さか? - Appliv TOPICS

2018年8月18日、iPhoneの新OS『iOS 12』が公開されました(設定アプリより無償アップデート可能)。 新機能のひとつとして、Apple純正の『計測』アプリが追加されています。これはAR機能を活用して、カメラをかざすだけで物の長さを計測するもの。 これまでもサードパーティから類似アプリが出ていましたが、iOS 12にはパワーアップしたAR機能『ARKit 2』が搭載されるため、より高精度な測定が期待できるわけです。 どのくらいの精度なのか、さまざまな物を測って検証してみました。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。