本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「かんたん宅食ガイド ラクタさん」は既婚・就業者の20代~50代男女1,754人を対象に、2023年2月13日~2月20日の期間で、夕食事情に関するアンケートを実施しました。

お得なクーポン実施中 [AD]
冷凍弁当「nosh」が合計3,000円OFF!
【PR】nosh合計3,000円OFF!

CMでもおなじみの宅配弁当サービス「nosh」がお得に! 下のボタンから登録すると3,000円オフで利用できます。
買い出し・調理・片付け不要。お手軽でヘルシーなお弁当が自宅に届きます。
60品の食事・スイーツから、お好きなメニューを自由に選べます。

メニュー一覧を見る

夕食は「妻が作る」が最多 夫婦ともに作るのは2割弱

共働き夫婦 夕食の支度方法

夫婦共働きと回答した1,443人に、「ご夫婦ともに仕事のある日の夕食はどのように用意していますか?(複数回答可)」と尋ねたところ、最も多かったのは「妻が作る」。80%以上の世帯で妻が夕食を作っており、「夫が作る」は「妻が作る」の1/3以下でした。

「妻が作る」「夫が作る」両方を選択した人は263人。夫婦ともに夕食を作ることがあるのは、全体の18%です。

40~50代は妻が作る世帯が多い 30代はテイクアウト、デリバリーに頼る割合が増える

年代別に回答の割合を見てみると、40~50代の方が20~30代よりも「妻が作る」と回答した人の割合が大きいことがわかります。

また、30代は「冷凍食品・レトルト」「テイクアウト」「デリバリー」「宅配弁当」の割合が他年代よりも大きく、自分たちの手間を減らす手法を選択する傾向にあります。

子どもがいない世帯の方が夫が作る割合が大きい 子どもがいる世帯は夫婦以外の人が作るケースも

同居する子どもの有無による違い

共働きと回答した人のうち、同居する子どもがいる人が1,043人、同居する子どもがいない人が400人。それぞれの回答の割合を観てみると、子どもがいない世帯の方が、「妻が作る」の割合が小さく、「夫が作る」の割合が大きくなっています。また、子どもがいない世帯は「外食」の割合が大きいのも特徴です。

一方で、子どもがいる世帯では「夫・妻以外が作る」の割合が大きくなっています。お子さんがいる家庭では、夫婦以外の家族などに協力してもらうケースが増えるようです。

夕食の悩みは「気力がわかない」「献立を考えるのが大変」「時間がない」

夕食の悩み

夫婦共働きと回答した1,443人に、「ご夫婦ともに仕事のある日の夕食に関して、どのような悩みがありますか?(複数回答可)」を尋ねたところ、お悩みのTOP3は「料理をする気力がわかない」39.6%、「献立を考えるのが大変」37.6%、「料理をする時間がない」35.1%。

「料理をする体力がわかない」と「料理をする気力がわかない」には数字の開きがあり、体力よりもやる気の問題と感じている方が多いようです。

忙しい日は冷凍弁当に頼ってお悩みを解決

献立を考えるのが大変。仕事で時間も限られている。そんな中、疲れて気力もわかないのに毎日の夕食の準備をするのは大変です。

そういうときは、冷凍の宅配弁当に頼るのも一つの手です。買い出しに行く必要はなく、自宅に直接届けてくれて、冷蔵庫にストックが可能。食べたいときに温めるだけで、栄養バランスのとれた食事ができます。何かと忙しい共働き夫婦の強い味方となってくれるでしょう。

興味のあるかたはこちらの関連記事もご覧ください。

こちらの記事もおすすめ

冷凍宅配弁当おすすめ15社人気ランキング 味・料金・口コミ徹底比較
【糖質制限】低糖質なおすすめ宅配弁当TOP5! 15社比較した安い&おいしい冷凍弁当を紹介

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年2月13日~2月20日
調査委託先:株式会社ジャストシステム
調査対象:全国の既婚・就業者 20~50代男女
サンプル数:1,754人
◇性別
男性:872人
女性:882人
◇年齢
20~29歳:449人
30~39歳:446人
40~49歳:442人
50~59歳:417人

本データの利用条件

1 情報の出典元として、「かんたん宅食ガイド ラクタさん」の名前を明記してください。

2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
  https://mag.app-liv.jp/rakuta/archive/140304/

3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。

4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。

TAG