本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「かんたん宅食ガイド ラクタさん」は一人暮らしの20代~40代男女772人を対象に、2023年4月28日~5月5日の期間で、自炊に関するアンケートを実施しました。

お得なクーポン実施中 [AD]
冷凍弁当「nosh」が合計3,000円OFF!
【PR】nosh合計3,000円OFF!

CMでもおなじみの宅配弁当サービス「nosh」がお得に! 下のボタンから登録すると3,000円オフで利用できます。
買い出し・調理・片付け不要。お手軽でヘルシーなお弁当が自宅に届きます。
60品の食事・スイーツから、お好きなメニューを自由に選べます。

メニュー一覧を見る

9割が夕食に自炊することあり 朝食は10分、昼食は30分、夕食は1時間以内に調理

自炊にかける時間

一人暮らしをしている20代~40代の男女に、朝食・昼食・夕食の自炊にどのくらい時間をかけているかを尋ねました。

自炊することのある割合は朝食が76.94%、昼食が76.94%、夕食が88.98%で、夕食に関しては9割近い人が自炊をすることがあると回答しました。

朝食にかけている時間は「10分未満」が292人、「10分~30分未満」が204人、「30分~1時間」が81人で、自炊する人の約半数が10分以内で朝食を作っています。

昼食にかけている時間は「10分~30分未満」が280人、「10分未満」が139人、「30分~1時間」が121人で、自炊する人の半数以上が30分以内で昼食の準備を終えています。

夕食にかけている時間は「10分~30分未満」が314人、「30分~1時間」が221人、「10分未満」が71人で、朝食・昼食に比べて、30分以上時間をかける人が多いことがわかります。しかし、ほとんどの人は1時間以内で夕食の準備を終えています。

自炊における時短を8割が望む 調理と後片付けが最大の課題

自炊にかける時間を減らしたい

朝食・昼食・夕食のいずれかで自炊をする700人に、自炊にかける時間を短縮したいかを尋ねました。

最も多かった回答は「積極的に時短したい」で、全体の42.57%。「どちらかと言えば時短したい」を選んだ人は36.29%で、合わせて約8割の人が自炊における時間短縮を望んでいることが明らかになりました。

自炊で時短したいポイント

「積極的に時短したい」「どちらかと言うと時短したい」と回答した552人に対して、具体的にどの部分を時短したいかを質問しました(複数選択可)。

最も多かったのは「後片付け」と「調理」で、ほぼ同じ数の人がこれらを選択しています。調理そのものや、食事後の洗い物などに手間を感じている方が多いことが確認できます。

時短に便利な宅配弁当 調理も後片付けも不要!

炊事、掃除、洗濯など、あらゆる家事を自分でこなさなければいけない一人暮らし。食事にかける時間を時短するために外食やテイクアウト、コンビニにばかりに頼っていると、食費や健康への影響の心配も出てきます。

そこでおすすめなのが宅配弁当です。温めるだけで栄養バランスが考えられた食事をとれて、後片付けは不要。外食よりも1食あたりの料金が控えめで、忙しい日々の頼もしい味方となってくれます。ライフスタイルの中にうまく取り入れてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

冷凍宅配弁当おすすめ人気15社ランキング 味・料金・口コミ 実食して徹底比較
一人暮らしにおすすめ冷凍宅配弁当ランキング10選! 安い高コスパ宅食サービス

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年4月28日~5月5日
調査委託先:株式会社ジャストシステム
調査対象:一人暮らし20代~40代男女
サンプル数:772人
◇年齢
20~29歳:302人
30~39歳:201人
40~49歳:269人
◇性別
男性:426人
女性:346人

本データの利用条件

1 情報の出典元として、「かんたん宅食ガイド ラクタさん」の名前を明記してください。

2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
 https://mag.app-liv.jp/archive/141503/

3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。

4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。

TAG