• TOP
  • ゲーム
  • 『Twitch』ガイド 「ツイッチとは?」から特長・使い方、配信方法も網羅【2019】

Amazon.comが提供する、ゲーム実況プラットフォーム『Twitch』(ツイッチ)。一月あたり1億人以上の視聴者が存在すると言われており、日本での利用者も年々増加中です。

本記事では「Twitchとは何か?」から基本的な使い方、人気の配信者、自分で配信する方法まで、これからTwitchを始める人向けに徹底的に解説していきます。

『Twitch』(Twitch.tv)とは?

TwitchはAmazonが提供するライブストリーミング(ライブ配信)サービス。PCやスマホアプリ、Fire TV Stickなど様々なデバイスでに対応しています。

最大の特徴は、ゲーム配信に特化している事。一般ユーザーのほか、プロゲーマー、ゲームセンター、ゲームメーカーまで、多数のゲーム好き、ゲーム関係者がTwitchに参加しています。

実況プレイからe-Sportsなど大型イベントまでも配信内容は様々。また視聴者が気に入った配信者にチアー(投げ銭)やサブスクライブ(スポンサー契約)できるシステムもあり、それで収益を上げているユーザーもいます。

公式サイトはこちら

Twitch
Twitch

Twitch Interactive, Inc.

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
PC版Twitchホーム画面

▲PCブラウザ版Twitchを開くと表示される実質的なホーム画面。世界中のユーザーがライブ配信を行っている。

配信画面

▲配信画面。人気配信者のチャンネルはチャットが盛り上がっており、視聴者と配信者のやり取りも活発。

ゲームタイトル

▲話題の新作から往年の人気レトロゲームまで、様々なゲームが「カテゴリー」として登録されている。

スマホアプリ版Twitch

▲スマホアプリもあり、いつでもどこでも配信を楽しめる。

そもそもライブ配信とは?

PCやスマホなどの画面と音声を、インターネットを通じてリアルタイムで配信することです。2000年代頃までは専用の機器とそれなりの知識が必要で配信までのハードルが高かったもの。

ですが2010年代にスマホが普及し、それに伴いライブ配信サービスも増加。現在ではスマホ一つで誰でもライブ配信ができる環境が整っています。

YouTubeとMirrativ

▲Twitchのほか、YouTube(画像左)、Mirrativ(画像右)など様々なライブ配信サービスが誕生している。

Mirrativの配信準備ボタン

▲Mirrativでは「配信準備ボタン」から簡単にライブ配信を始められる。

ライブ配信で生計を立てている人も

世界中の人と趣味を共有できるのが魅力のライブ配信。さらに条件を満たせば広告収入やスポンサー登録などで収益を上げる事ができ、それで生計を立てている人もいるほどです。

ライブ配信に限った話ではないですが、代表的な例を挙げると、YouTubeで広告収入を得ている人をYouTuberと呼んでいますね。

Amazonプライム特典のTwitch Prime(ツイッチプライム)とは?

Amazon利用者の中には、唐突に「Twitch Prime」(ツイッチプライム)を紹介されて戸惑った事がある方もいるのではないでしょうか?

Twitch PrimeとはAmazonプライム会員の特典の一つ。Amazonプライム会員のアカウントとTwitchアカウントを紐付ける事で、Twitch内で様々な特典を受けられるサービスです。

Twitch Primeの特典一覧

・ゲーム本編やゲーム内アイテム
・30日毎に1件のサブスクライブ(スポンサー登録)権
・Twichチャット内で使える限定スタンプ
・Twitchチャット内のカラーの拡張オプション
・Twitchチャット内の限定バッジ
・配信保存期間を14日→60日に延長

▲これまでのTwitch Prime特典の中には、Nintendo Switch Onlineが1年無料になる大盤振る舞いのサービスも。

出典:Twitch Prime | Nintendo

上記に加えて、Amazonプライム・ビデオなどのプライム会員特典をすべて利用できるので、かなりお得なサービスとなっています。

PR Twitch Prime

Twitch公式のTwitch Prime解説

Twitch Primeガイド

Twitchの特長・メリット

では数あるライブ配信サービスの中で、Twitch独自の魅力はどこにあるのでしょうか?

ゲーム配信に特化しており、世界中のゲーム好きが集まる

先述の通り、Twitchが他のライブ配信サービスと最も差別化されている点がゲーム配信に特化されている点です。一個人からゲーム会社まで利用者が様々で、まさにゲーム好きのためのプラットフォーム。

視聴者にとって面白いゲーム配信を見つけやすく、配信者にとってもゲーム好きを集めやすいという利点があります。

PS4とスマホアプリなら簡単にゲーム配信ができる

YouTube、ニコニコ生放送にも同機能が備わっていますが、PlayStation 4ならボタン一つで簡単に配信を始められます。またスマホアプリも『Omlet Arcade』というアプリを使えば簡単にTwitch配信が可能。(やり方は後述)

面白い配信に刺激されて「自分もやってみたい」と思った時に、スムーズに配信者デビューできるのは嬉しいですね。

PS4でTwitch配信

▲PS4コントローラーのSHEREボタンから簡単配信。詳しいやり方は後ほど。

他サービスに比べて収益化しやすい

これは配信者側のメリットですが、TwitchはYouTubeなどに比べて収益を上げられる(収益化)までのハードルが低いという特長があります。例としてYouTubeと比較すると以下の通り。

YouTubeとTwitchの収益化条件の比較

●YouTube(YouTubeパートナープログラム)
・過去12か月の総再生時間が「4000時間」以上
・チャンネル登録者数が「1000人」以上
上記すべての条件を満たすこと

●Twitch(Twitchアフィリエイト)
・過去30日間で合計500分以上の配信
・過去30日間で7日以上の配信
・過去30日間で平均3人以上の同時視聴者
・50人以上のフォロワー
上記すべての条件を満たすこと

特に差がつくのはチャンネル登録者数とフォロワー数で、YouTubeは1,000人以上とかなり意識して登録者数を稼がなければいけないのに対し、Twitchはフォロワー数50人と気楽に配信をしていても手が届きそうな範囲に収まっています。もし今からゲーム配信を始めて、収益化も考えているなら、Twitchは見逃せませんね。

Twitchで人気&注目のゲーム

Twitchでは新旧様々なゲームが配信されていますが、人気はゲームタイトルによって様々。傾向としては対戦・協力型のゲームが人気で、攻略法が決まりきってないアドリブ性と、視聴者と配信者で攻略情報のやり取りができるスタイルが合っているようですね。

人気の高いゲームは配信も活発に行われています。特に注目のゲームをチェックしてみましょう。

League of Legend(フォロワー数:2,095万人)

全世界1億人以上のプレイヤー数を誇り、MOBAの金字塔との呼び声も高い『League of Legend(LoL)』。稼働開始は2009年で、移り変わりの早いゲーム市場においてこれだけ長く遊ばれるゲームは稀有。日本人プレイヤー&配信者も多数存在しています。

ルールはお互いにタワーを破壊し合う5対5のチーム戦。仲間と連携を取りながら状況に応じて柔軟に立ち回りを変えなければならず、競技性の高いゲームです。チャットで盛り上がったり配信者の反応を楽しんたりと、ライブ配信との相性も抜群です。

League of Legends

▲基本プレイ無料なので、気になる人は試しに遊んでみるとよし。

「MOBA」についてはこちらを参考に

「MOBA」とは? 大流行の対戦ゲーム 基本ルールやおすすめアプリを徹底解説 - Appliv TOPICS

公式サイトはこちら

リーグ・オブ・レジェンド

PUBG(フォロワー数2,946万人)

世界中で人気のバトルロワイヤルTPS。ルールは簡単、丸腰で戦場に降り立ち、100人の中からたった1人の生き残り(通称:ドン勝)を目指すのみ。

経験とプレイヤースキルのほかにも、拾えるアイテムの運、状況に合わせた柔軟さも必要で、総合的なゲームスキルを求められる完成度の高さが人気の秘密です。

また『Fortnite』、『Apex Legends』など別会社のフォロワー作品も生まれ、いずれもTwitchの人気タイトルとなっています。

PUBG

▲一般的なFPS、TPSと比べて敵と撃ち合う時間が少ないのが特徴。その間に雑談などができ、配信向けのゲームと言える。

公式サイトはこちら

PUBG公式

モバイル版もリリースされています

PUBG MOBILE

PUBG Corporation

4.36

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

Counter Strike: Global Offensive(フォロワー数1,824万人)

2012年リリースの老舗対戦型FPS。日本語対応しており、Twitch内で日本人による配信もたびたび行われています。FPSの中でもかなりの高難易度で、その分プレイヤースキルがものを言うゲームバランス。

上手いプレイヤーの動きは本物の特殊部隊さながらで、非常に見応えあります。プレイのハードルは高めですが、見る分には楽しいタイトルの一つです。

Counter Strike: Global Offensive

▲上手い人だと、ボイスチャットの連携や遮蔽物を有効的に活用しているのがよくわかる。

プレイはこちらから

Steam:Counter-Strike: Global Offensive

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(フォロー141万人)

ダメージを与えて相手をふっとばす、単純明快で爽快なシステムが人気の任天堂の対戦アクションゲーム。最大8人同時対戦ができますが、Twitchでの配信は1対1のいわゆるガチ対戦が主流で、世界中で行われている真剣勝負を観戦できます。

簡単操作で初心者から上級者まで幅広く遊べるゲームですが、極まった動きはまるで別のゲームを見ているよう。このゲームの奥深さがよくわかります。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

➜ 商品の詳細・購入はこちら

World of Warcraft(フォロワー数571万人)

2019年8月28日現在では日本版がリリースされていないため、日本での知名度は低いですが、世界で最も多くの人にプレイされているMMORPGです。

Twitchにも数字として現れており、同時視聴者数が46.4万人と次点の8.72万人に大きく差を付ける事があるほど(画像参照)。

日本でもUS版を購入して北米サーバーに入り、Twitchで配信している人もいます。視聴を通じて間接的にゲームに触れられる点も、ライブ配信の魅力ですね。

World of Warcraft

▲MMORPGとして尖った特徴はないものの、あらゆる要素が丁寧にまとまっている。

▲Grand Theft Auto Vでは8.72万人が視聴中に対して、本作は46.24万人が視聴中。圧倒的すぎる人気。

おすすめの配信者(チャンネル)

Twitchでは世界中の様々なユーザーがTwitchでチャンネルを開設し、配信を行っています。特に注目なのがこの方々。どの配信を見ようか迷った時はぜひ参考にしてください。

KaneKosugi:ケイン・コスギがLoLをガチ配信

アクション俳優でおなじみのケイン・コスギ氏。実はゲーム好きとしても有名で、Twitchで頻繁にLoLの配信を行っています。Twitchで配信を開始した時は大きな話題になり、視聴者がチャンネルをサブスクライブした時に流れるボイス「Perfect Body!」が鳴り止まなかったほど。

その甲斐あってか、LoLの新モード「CLASH」実装に伴い、「Team Perfect Body」(Team PB)を率いて公式参戦することになりました。

現在はLoLのほか、LoLのゲームモードのひとつ「チームファイト タクティクス(TFT)」の配信も積極的に行っています。

ケイン・コスギ氏の配信

▲LoL配信を行うケイン氏。チャットにも積極的に答え、サービス精神も満載。

チャンネルはこちら

Kanekosugi

yamatonjp:プロゲーマーの実力をライブ配信で刮目

数多くのFPSタイトルで優勝を収めた元プロゲーマーで、現在はプロゲーミングチーム「DeToNator」のストリーマーとして活動しているYamatoN(ヤマトン)氏のチャンネルです。配信タイトルは『Apex Legends』など対戦型のFPS・TPSがメイン。

世界的プロゲーマーのテクニックを生で見るチャンス。当たり前のように飛び出すハイレベルなプレイには驚くばかり。配信の頻度も高く、ほぼ毎日のように配信を行っています。

YamatoN氏の配信

▲配信を行うYamatoN氏。プレイのかたわら、コメントやサブスクライブへの返答もしてくれる。

チャンネルはこちら

yamatonjp

『DaigoTheBeasTV』:伝説の格闘ゲーマー、ウメハラ参戦!

背水の逆転劇、小足見てから昇龍など数多くの伝説と逸話を作り上げた格闘ゲーマー、ウメハラ(梅原大吾)氏のチャンネルです。配信タイトルはもちろん『ストリートファイターV』などの格闘ゲームがメイン。

ウメハラ氏とマッチングする相手も世界レベルで、非常にレベルの高い戦いが繰り広げられます。そんな中でも、コメントを入れながら安定した勝率を誇るのは流石です。

ウメハラ氏の配信

▲世界レベルの対戦をライブ配信。一方で対戦しながら雑談もしてくれ、視聴者を楽しませてくれる。

チャンネルはこちら

DaigoTheBeasTV

nakanotrf_ch:ゲームセンター「中野TRF」の臨場感を体験

中野ブロードウェイの一角にある小さなゲームセンターながら、アーケード版『北斗の拳』をはじめ数多くの格闘ゲームシーンを盛り上げ続ける、格闘ゲーム好きにはその名を知らぬ者はいない「中野TRF」のチャンネルです。

主にNESiCAxLive(NESiCAxLive2)筐体の映像と館内の音声を流しており、格闘ゲームを中心に新旧様々なタイトルの映像が流されます。大会も毎日開催されていて、参加者のレベルも初心者から全国レベルまで様々。中野TRFの雰囲気をスマホやPCで味わえます。

中野TRFの配信

▲ニコニコ生放送でも同時配信されているが、画質はTwitchの方が上。一方ニコ生は視聴者が多い。

チャンネルはこちら

nakanotrf_ch

LIRIK:フォロワー数250万人。アメリカの人気配信者

世界に目を向けると、驚くべきユーザーを目にします。アメリカのLIRIK氏のフォロワー数は驚異の約250万人!

なぜそれほどまでに人気なのかは気になる所ですが、言葉は違えど同じゲーム好き。外国人らしい大仰なリアクションでゲームを遊ぶ姿にはシンパシーを感じます。

LIRIK氏の配信

▲猿人を操作して大自然を生き抜くサバイバルアクション『Ancestors: The Human Odyssey』をプレイしている様子。

チャンネルはこちら

LIRIK

Asmongold:同時視聴者数12.2万人!? これがTwitchの覇者……!?

MMORPGの『World of Warclaft』が同時視聴者数46万人を超えると述べましたが、その中で実に12.2万人もの同時視聴者を集める驚異のチャンネルがあります。それが「Asmongold」。

視聴者数=ステータスと見るなら、このチャンネルがTwitchの覇者と言えるかもしれません……。英語なので理解するには相応の知識が必要ですが、世界の広さを感じたい方はぜひ。

視聴者数12.2万人

▲同時視聴者数12.2万人を捉えた決定的瞬間。ちなみにフォロワー数は約100万人。

Asmongold氏の配信

▲配信はオーソドックスな実況スタイル。鳴り止まないサブスクライブとチアーがなんとも羨ましい……。

チャンネルはこちら

Asmongold

Twitchの導入・基本的な使い方

ここからはこれからTwitchを始める人に向けての使い方解説です。なお本記事ではスマホアプリでの解説がメインになります。PCでは画面のデザインが大幅に変わりますが、基本的な流れはスマホアプリと変わりません。まずはアプリストアからTwitchのアプリをインストールしましょう。

Twitch

Twitch Interactive, Inc.

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

アカウント作成

最初にTwitchを利用するためのアカウントを作成します。

1.アプリを起動して[登録]をタップ

もし既にTwitchのアカウントを持っている場合は[ログイン]をタップしてください。

Twitchのアカウントを作成

2.メールアドレス、任意のユーザー名、パスワード、生年月日を入力し[登録]をタップ

メールアドレスの代わりに電話番号も使えます

ユーザー情報の登録

3.画像認証を行う

画像認証

4.認証コードが記載されたメールが届くので、入力して送信

iOSの場合はこれで登録が完了です。Androidは「5.【Androidのみ】興味のあるゲームを選択」に続きます。

認証コードを送信

5.【Androidのみ】興味のあるゲームを選択

Twitch配信で見たいゲームを選択。この場でフォロー(お気に入り)できます。なおフォローは後で追加・削除ができます。

好きなゲームを選択

6.【Androidのみ】おすすめチャンネルをフォローorキャンセル

興味のあるゲームに基づいてチャンネルを紹介してくれて、その場でフォローするかしないか選択できます。[終了]を押せばスキップできます。

チャンネルのフォロー

7.登録完了

これで登録が完了。Twitchを利用できるようになりました。

登録完了

▲iOSではダークテーマ、Androidではライトテーマが初期設定になっている。テーマは変更可能。

ホーム画面の説明【フォロー・発見・ブラウズ】

ホーム画面下部には「フォロー」・「発見」・「ブラウズ」の3つのボタンがあります。それぞれのボタンについて解説します。

3つのボタン

フォロー

フォローとはいわゆるお気に入りです。フォローしたチャンネルとカテゴリー(ゲーム)の状況が表示されます。チャンネルであれば配信中のチャンネルを表示してくれ、カテゴリーであればそのゲームの総視聴者数をチェックできます。

フォロー画面

▲フォローしたチャンネルとカテゴリーをチェックするならここ。ほかおすすめのチャンネルも紹介してくれる。

発見

フォローなどのユーザーの使用状況に基づいて、おすすめのライブ配信やチャンネルが表示されます。

発見画面

▲新しいチャンネルを見つけたい時はここ。

ブラウズ

名前からは察しづらいですが、検索とTwitterのトレンドを合わせたような機能です。今Twitch内で人気のカテゴリー(ゲーム)や視聴者の多いライブ配信が表示されます。またフィルターをかけて、日本語のチャンネルに絞り込むといった事もできます。

ブラウズ画面

▲人気のゲームや配信を探すならここ。

フィルタリング

▲配信に紐付けられたタグを使ってフィルタリング。日本語の配信に絞りたい時に活用を。

フォローのやり方

チャンネル(配信者)やカテゴリーをフォローする方法は、配信中の画面など至る所で表示されるハートマークをタップ。これでフォローが完了します。

チャンネルのフォロー

▲チャンネルの場合は、配信中の画面やチャンネルページで表示されるハートマークをタップでチャンネルのフォロー完了。

カテゴリーのフォロー

▲カテゴリーの場合は、カテゴリーの個別ページ右上のハートマークをタップすればフォロー完了。

視聴画面の使い方

配信視聴中の基本的な使い方です。基本的には見て楽しむのが一番ですが、チャットを送ったりチアーやサブスクライブで配信者を応援したりして盛り上げられるので、ぜひ覚えておきましょう。

配信画面

▲配信中の画面。横画面にも対応。本記事では縦画面で解説。

チャットを送る

チャット送って配信者にメッセージを送ることで、間接的に配信に参加できます。ただし基本的な事ですが、配信者や視聴者に配慮したメッセージを心がけましょう。

チャット

▲画面の下のメッセージ欄をタップし、メッセージを入力して送信。

またテキストのメッセージのほか、スタンプも利用可能です。

スタンプ

▲メッセージ欄右の顔のアイコンをタップすると、スタンプ選択へ。

配信をクリップする

配信中にスーパープレイがあった時など、特に見どころのある場面は「クリップ」として共有できます。なおクリップは他のユーザーや配信者にも見られるという事は覚えておきましょう。

クリップの選択

▲配信画面をタップするとメニューが出るので、右上のカチンコのアイコンをタップ。

クリップ作成

▲自動で30秒~60秒程度のクリップが作成される。[プレビューと編集]をタップ。

クリップの編集

▲クリップのタイトルを付け、必要に応じて動画をトリミングをして公開。

チアー(投げ銭)する

ゲーム配信を見ているだけでも楽しいですが、Twitch内の通貨である「ビッツ」(Bits)をチアー(Cheer)する事ができます。活躍して欲しい配信者への応援でもいいですし、ゲームで良いプレイがあったらGood Jobの意味を込めて贈るもよし。使い方は人それぞれです。

まずはビッツを購入しましょう。ビッツはスマホアプリから購入と、ブラウザから購入の2種類の方法があります。

スマホアプリだと購入までの手間が少ない代わりに1ビッツあたりの価格が高め、ブラウザだと1ビッツあたりの価格が安い分購入までの手間がかかる傾向があります。本記事ではスマホアプリからの購入方法を詳しく解説します。

Bits購入画面へ

▲メッセージ欄右の四角錐のアイコンをタップ→[ビッツを購入]をタップ

好みの金額のBitsを購入

▲好みの金額のビッツをタップ。Google Play、もしくはApp Store経由で手続きをすれば購入完了。

ビッツを購入したら準備完了。チアーしましょう。ここでは100ビッツ贈ってみます。

チアー画面呼び出し

▲メッセージ欄右の四角錐のアイコンをタップ→チアー時に表示するスタンプを選択。

Bits量を選択し送信

▲贈るビッツの量を選択し、送信をタップ。

チアー完了

▲これでチアー完了。

ブラウザでビッツを購入する方法

ブラウザでビッツを購入する方法も簡単ですが紹介します。Twitchをデスクトップ表示し(※)、画面右上のアイコンをタップすればビッツの購入画面が開きます。そこから購入手続きを行いましょう。

※Twitchをスマホでデスクトップ表示する方法は、項目『Twitchで二段階認証する方法』の「【重要】どの配信方法でも、二段階認証が必須」にて解説。

ブラウザでのビッツ購入画面

▲Twitchにブラウザでアクセスし、ページ右上の上記画像で示したボタンをタップするとビッツ購入画面が開く。

支払い方法選択

▲ブラウザでビッツを購入する場合は、Amazon Pay、PayPal、クレジットカードの3種類の支払い方法が使える。

サブスクライブで配信者を本格的に支援

チアーとは別の支援システムとして、サブスクライブがあります。これは月額(5ドルor750円~)のスポンサーになり、配信者を本格的に支援するシステム。Twitch Prime会員なら毎月1チャンネル追加料金なしでサブスクライブができます。

サブスクライブした視聴者側にもメリットがあり、以下の特典をもらえます。

サブスクライブの特典

・サブスクライブ者限定のスタンプが使える
・チャットの名前の横にサブスクライブ者を示す限定バッジが付く
・サブスクライブしたチャンネルで広告が流れなくなる

iOSでサブスクライブする方法

iOSではアプリからサブスクライブする事ができません。ですがブラウザでTwitchのサブスクライブ管理画面にアクセスして行う方法があります。

Twitchにアクセス

▲アドラス欄に「subs.twitch.tv」と入力し、サブスクライブ管理画面にアクセス。手入力でないとアプリが起動してしまうので注意。

配信者を選択

▲サブスクライブしたい配信者(チャンネル)を選択→[サブスクライブ]のボタンから手続きへ。

Androidでサブスクライブする方法

Androidの場合はアプリ内でサブスクライブが可能です。ただしアプリだと最低金額が月額750円と、ブラウザでサブスクライブした場合の5ドル(約530円)より高額になります。気になる方はiOSと同様にブラウザで登録してください。

[サブスクライブ]をタップ

▲配信中の画面やチャンネルのページにある[サブスクライブ]のボタンをタップ。

Google Playで定期購入

▲[\750/月でサブスクライブ]をタップし、Google Playで定期購入処理を行えば登録完了。

Twitchで配信する方法3種類

他の人の配信を見ていたら、自分で配信をしてみたくなる人も多いはず。ここでは最も簡単なPS4を中心に、スマホアプリ、PC&その他のコンシューマーゲームの配信方法を紹介します。

【重要】どの配信方法でも、二段階認証が必須

Twitchで配信を行うには、電話番号の登録による二段階認証が必須です。より厳密に言うと、Twitchの配信には配信キーが必要なのですが、二段階認証をしないと配信キーが発行されません。

二段階認証はPCまたはスマホブラウザでTwitchのデスクトップ版にアクセスし、設定画面から行います。スマホ(iOS)での詳しい手順は以下の通り。Android、PCでも基本的な流れは同じです。

1.ブラウザを開き、アドレス欄に「twitch.tv」と入力してTwtichにアクセス

アドレス欄に手入力でアクセスしないとアプリが起動してしまいます。

Twitchにアクセス

2.アドレス欄右の矢印を長押し→[デスクトップ用サイトを表示]をタップ

現在表示されているのはスマホブラウザ版なので、デスクトップ表示に切り替える必要があります。

デスクトップ用サイトを表示

3.デスクトップ用サイトに切り替わったらTwitchにログイン

もし既にTwitchにログインされていたらこの操作は不要です。

ログインボタンの場所

▲ページ右上に[ログイン]ボタンがある。

ログイン画面

▲ユーザー名とパスワードを入力してログイン。

4.ログイン後、ページ右上のアイコンをタップ→[設定]をタップ。

設定を開く

5.[チャンネルとビデオ]をタップ

[チャンネルとビデオ]をタップ

6.[2段階認証]をタップし、画面の指示に従って登録を行う

[2段階認証]をタップ

PlayStation4(PS4)

PS4には配信機能が搭載されており、PS4本体とゲームソフト、インターネット回線があれば簡単に配信ができます。ゲームを起動したらSHEREボタンを押して、TwitchとリンクするだけでOK。詳しい手順を解説しましょう。

ただしゲームによっては、ストーリーの核心部分などが配信できないよう「配信禁止区間」が設定されているタイトルもあります。その場合はこの方法では配信できないので注意しましょう。

1.配信するゲームを起動→PS4コントローラーのSHEREボタンを押す

配信に使うゲームのタイトル画面

▲配信するゲームを起動。

PS4コントローラーのSHEREボタン

▲[SHERE]ボタンの場所は、方向キーの右上。

▲SHEREボタンを押すと画面左側にシェアメニューが表示される。

2.[ゲームプレイをブロードキャストする]を選択

[ゲームプレイをブロードキャストする]を選択

3.[Twitch]を選択

[Twitch]を選択

4.[サインイン]を選択

初回のみTwitchアカウントにサインインし、SENアカウント(=PSNアカウント(※))とTwitchアカウントをリンクさせる必要があります。

(※)
SEN:Sony Entertainment Network
PSN:PlayStation Network

[サインイン]を選択

5.画面に表示されたコードを、スマホorPCで入力

Twitchのリンク画面

▲QRコードをスマホで読み込むか、画面に表示されたURLをPCで入力。

▲スマホもしくはPCで、PS4に表示されたコードを入力し[アクティベート]を選択。

アカウントのリンク完了

▲これでアカウントのリンクが完了。[OK]を選択。

5.動画の配信設定を行う

画質や配信タイトルなどの設定を行います。

ライブ配信サービスの選択

▲ライブ配信サービスの選択に戻るので、もう一度[Twitch]をタップ

配信の設定

▲タイトル、画質、視聴者のコメント表示などを設定する。OPTIONSボタンで詳細な設定も可能。

6.[ブロードキャストを始める]で配信開始

[ブロードキャストを始める]を選択

▲設定が完了したら[ブロードキャストを始める]を選択。

配信中の画面

▲これで配信が始まる。後は好きなようにプレイしてOK。

ちなみに配信中にPCでTwitchを開き、[クリエイターダッシュボード]を開くと配信の状況をチェックできます。

ダッシュボード

▲ダッシュボードではビデオプレビュー、通信の状況、視聴者数などを逐一確認できる。

7.配信を終了する時は、SHEREボタン→[ブロードキャスト設定]を選択

シャアメニュー

8.[ブロードキャストを終了する]で配信終了

配信終了

スマホゲーム(Omlet Arcadeを使用)

スマホゲームをTwitchで配信する場合は、『Omlet Arcade』というアプリを使うと簡単です。余談ですがスマホのカメラを使った雑談配信なら、Twitchから簡単に行えます。

雑談配信の方法

▲雑談配信をする時は、プロフィールを開き[ライブ配信する]をタップ。

1.『Omlet Arcade』をダウンロード

Omlet Arcade

Mobisocial Inc

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

1.アプリを起動→アカウントを作成

Omlet Arcadeを使って配信するには、Omlet Arcadeのアカウントを作る必要があります。アカウントはユーザーIDだけで作成可能。

Omlet Arcadeのアカウント作成

2.各種権限を許可

画面の指示に従って、使用状況へのアクセスなど各種権限を許可していきます。権限を許可すればOmlet Arcadeを利用可能になります。

Omlet Arcadeに権限を許可

▲[今すぐ有効化]をタップし、指示に従いながら各種権限を許可。

3.画面下の[+]ボタンをタップ→[ライブを開始]をタップ

ライブを開始

4.配信したいゲームを選択

今回は『PUBG MOBILE』を選択します。

ゲームを選択

5.[Twitchでログイン]をタップ

Twitchでログイン

6.Twitchのユーザー名とパスワードを入力してログイン

Twitchにログイン

7.Twitchのトグルをオンにして[次へ]をタップ

配信先をTwitchに

8.配信設定をして[スタート]をタップ

画質や配信タイトルの設定ができます。

9.配信開始

後は自由に配信すればOK。配信中はゲーム上にOmlet Arcadeのボタンがオーバーレイ表示され、配信中である事を示しています。

Omlet Atcade配信中の画面

▲オーバーレイボタンの位置は自由に移動可能。

10.配信を終了する時は、オーバーレイボタンをタップ

オーバーレイボタンをタップ

11.メニュー左上の停止ボタンをタップすると配信終了

停止ボタンをタップ

PC・PS4以外のコンシューマーゲーム

PS4やスマホアプリ以外の配信は若干ハードルが高く複雑。本記事では簡単な説明に留まりますが、ゲーム画面をPCにキャプチャして、OBS Studioなどの配信用ソフトを使用して配信を行います。

ハードルが高い分、画面に視聴者のコメントを表示させるなど、PS4に比べてカスタマイズ性が高いのが魅力。PS4配信でも、PCとPS4本体を繋いでPCから配信する人もいるほどです。

▲OBS Studioを使ってゲーム画面をキャプチャした画像。[配信開始]のボタンを押せばそのまま配信できる。

配信に必要なもの

必須
・配信に使うゲーム
・ゲーム画面を出力するキャプチャボード(家庭用ゲーム機の場合)
・配信用ソフト(例:OBS Studio

あると便利
・Twitchのコメントを取得するソフト(例:LimeChat
・Twitchのコメントをゲーム画面上に表示させるサービス(例:Streamlabs
・Twitchのコメントを読み上げるソフト(例:棒読みちゃん

配信が見られない、遅延があるなど。トラブルシューティング

最後に簡単ですが、配信が見られない時などのトラブル時の対応をまとめました。

配信が見られない

【対処法1】ブラウザが最新かチェック。もしくはブラウザを変更する

主にPCでの話ですが、今使用しているブラウザがTwitchに適していないかもしれません。ブラウザのバージョンチェックや、ブラウザの変更を試してみましょう。

【対処法2】ブラウザのAdblock系アドオンを無効にする

ブラウザにAdblock(広告ブロック) 系アドオンを入れていた場合、それがTwitchに対して働き視聴できなくなる可能性あります。Adblock系のアドオンを入れている場合は、一度無効にしてみてください。

【対処法3】Twitchのサーバー不具合の可能性もあり

そう頻繁に起こる事ではありませんが、Twitchのサーバーが落ちている可能性があります。その場合は復旧まで待つしかりません。TwitchのTwitter(日本版でOK)で状況報告している場合もあるので、チェックしてみるのもありです。

Twitch Japan Twitterアカウント

視聴中の配信が重い、止まる

【対処法1】画質を落とす

配信の負荷がPC・スマホのキャパシティを超えているかもしれません。配信画面の設定メニューから画質を落としてみましょう。画質を落とす事で、通信量の節約にもなります。

配信中に設定を開く

▲配信画面で歯車のアイコンをタップ。

画質を選択

▲品質オプションの中から、任意の画質を選択。

【対処法2】キャッシュを削除する

スマホに溜まったキャッシュを削除するのも一つの手です。PC・スマホの負荷が軽くなって改善される可能性があります。

【配信者】配信の遅延が大きい

【対処法】「低遅延モード」を設定する

ライブ配信はどうしても数秒程度の遅延が発生します。ですがTwitchでは「低遅延モード」が用意されており、これをオンにする事である程度遅延を抑える事ができます。その代わり画質が下がる点には注意。なおこの設定はPCもしくはスマホブラウザでのみ設定可能です。

ブラウザで設定を開く

▲ブラウザでTwitchにアクセス→設定を開く→[チャンネルとビデオ]を選択。

遅延モードをオン

▲「遅延モード」の「低遅延」にチェックを入れる。

視聴者も配信者も、『Twitch』で新たなゲーム体験を

視聴者にとっても配信者にとっても、新たなゲーム体験を提供してくれる場所、それが『Twitch』です。お気に入りの配信者を応援するもよし、思い切って自分から配信してみるもよし。皆さんがTwitchデビューをする際に、本記事が参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

ゲーマー向けチャット『Discord』の使い方 DL方法から拡張機能まで徹底解説 - Appliv TOPICS
【2019年最新版】スマホで遊べるMMORPG 16作品を厳選! おすすめアプリを診断 - Appliv TOPICS
Twitch

Twitch Interactive, Inc.

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る