• TOP
  • 特集
  • iPhoneの初期化(リセット)方法。下取り・売却前にすべきことを完全解説

iPhone(iPadやiPod touch含む)を手放すときは、アカウントやデータが悪用されないよう初期化をしなければなりません。

さほど難しいことはありませんが、やり方を間違えると「端末の初期化」ではなく「データそのものの削除」をしてしまう可能性もあるので要注意。この記事で、安全な初期化の手順をご紹介します。

目次

あわせて読みたい
iPhoneの通信量を節約し、通信制限を回避する設定まとめ【iOS10・11】

1. Apple Watchを利用しているならペアリングを解除する

Apple Watchの利用者は、iPhoneとのペアリングを解除します。利用していない人は「2. iPhoneをバックアップする」へ進んでください。

Apple WatchでSuicaを利用している人は要注意

Apple Watchとのペアリング解除を怠ると、2つの不都合が生じます。

1. ペアリングを解除する際にApple Watchのバックアップがとられる。ペアリング解除せずiPhoneを初期化するとApple Watchのバックアップがとられないため、再度使うときに設定を復元できなくなる。

2. Apple Watchに登録されたSuicaを解除するにはネットワーク接続が必要。ペアリング解除せずiPhoneを初期化すると、Apple Watch側でネットワーク接続ができずJR東日本への確認が必要になるケースがある。

特に2は面倒くさいことになりかねないので、ペアリング解除は必ず行うべきです。

▲Watchアプリを開き、[自分のApple Watch名]を選択。

▲[i]マークを選択。

▲[Apple Watchとのペアリングを解除]を選択。

▲もう1度[Apple Watchとのペアリングを解除]。

▲セルラーモデルのApple Watchであれば、モバイル通信プランを保持するか否か聞かれる(Apple Watchを再度ペアリングするなら保持)。

▲Apple IDパスワードを入力してペアリング解除。

ペアリング解除されたApple Watchは、iPhoneにデータをバックアップしたうえで初期化されます。それではiPhone本体のバックアップへ行きましょう。

2. iPhoneをバックアップする

iPhoneのバックアップをとります。

●パソコンのiTunesを使い、完全なバックアップをとる
●iCloudを使い、iPhone単体で簡易バックアップをとる

2つの方法がありますが、以下の記事でどちらの手順も詳しく解説していますので参考にしてください。

iPhoneのバックアップ、復元、データ移行のやり方。iTunes・iCloud共に解説 - Appliv TOPICS

iPhoneには写真や連絡先、各アプリの情報など大切なデータが山ほど詰まっていますよね。バックアップを取っておけば、万一の紛失や破損が起きてもデータを失いません。 また機種変更を行うときにもバックアップは必要。この記事では、iPhoneのバックアップ方法について詳しくご紹介します。

mag.app-liv.jp

LINEのトーク履歴を失いたくないという方は、併せてこちらもご確認ください。

【iPhone】LINEトーク履歴のバックアップ・引き継ぎ方法。機種変更も安心 - Appliv TOPICS

スマホを新しくしたらLINEのトーク履歴が全部消えちゃった。そんな経験、ありませんか? せっかくの大切な思い出が消えてしまうのはもったいないですよね。 この記事では、iPhoneでLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法をご紹介します。公式の機能なので簡単・安全にできますよ。

mag.app-liv.jp

3. iCloud、iTunes、App Storeからサインアウトする

iCloud、iTunes、App Storeからサインアウトします。

これを怠ったまま単純に初期化すると、「iPhoneを探す」という機能の影響でiPhoneがロックされ、新しい利用者がiPhoneを使えなくなってしまう可能性があります。

大切なデータを紛失しないための注意点

ここですべきことは「アカウントからサインアウトする」ことで、「アカウントのデータを消す」ことではありません。

連絡先やカレンダー、リマインダー、写真など、iCloudの情報を手動で削除しないようご注意ください。

iCloudのデータを削除すると他のデバイスからもデータが消えてしまいます。

iOS 10.3 以降の場合

▲設定アプリを開き、[自分のアカウント名]を選択。

▲[サインアウト]を選択。

▲パスワードを入力して[オフにする]。

▲コピーを残さずに[サインアウト]。

▲もう1度[サインアウト]を選択。

▲「iPhoneにサインイン」という表記になっていれば完了。

iOS 10.2 以前の場合

1. [設定]→[iCloud]→[サインアウト]でiCloudからサインアウト。
2. [設定]→[iTunes Store と App Store]→[Apple ID]でサインアウト。

この2段階の手順でサインアウトが完了します。

4. Androidへ機種変更する場合は、iMessageの登録を解除する

iPhone以外の携帯電話に切り替える場合は、iMessageの登録を解除しておきます。

▲設定アプリを開き[メッセージ]へ。

▲[iMessage]をオフにする。

5. iPhoneを初期化する

準備が整ったので、いよいよiPhoneを初期化します。

▲設定アプリを開き、[一般]へ。

▲[リセット]を選択。

▲[すべてのコンテンツと設定を消去]。

▲パスコードの入力を求められた場合は入力して[iPhoneを消去]。

画面がAppleロゴに変わり、初期化作業が行われます。これにて初期化が完了したので、安心して売却・譲渡できます。

パスコードを忘れたiPhoneの初期化方法

初期化する際に必要なiPhoneのパスコード(ロック解除などに使用する4~6桁の暗証番号)がわからなくなってしまった場合、Appleサポートに問い合わせても教えてもらったり再設定してもらったりすることはできません。

6回連続で入力ミスするとしばらく使えなくなるため、総当たりで試すのもほぼ不可能です。

それでも初期化することは簡単にできるので、手順をご紹介します。

1. コンピュータに接続してiTunesを開く

MacでもWindowsでも構わないので、コンピュータに接続しiTunesを開きます。もし持っていない場合は知り合いに借りるか、Apple Store直営店やApple正規サービスプロバイダに相談してください。

2. iPhoneを強制的に再起動する

iPhoneを接続したまま、次の方法で再起動します。

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusの場合:
1. 音量アップボタンを押してすぐ離す。
2. 音量ダウンボタンを押してすぐ離す。
3. 電源ボタンを、リカバリーモードになるまで押し続ける。

iPhone 7、iPhone 7 Plusの場合:
電源ボタンと音量ダウンボタンを、リカバリーモードになるまで押し続ける。

iPhone 6s以前の場合:
電源ボタンとホームボタンを、リカバリーモードになるまで押し続ける。

▲この画面がリカバリーモード。

3. iPhoneを復元(初期化)する

コンピュータのiTunesで次のようなアラートが表示されるので[復元]を選択します。

▲「アップデート」ではないのでご注意を。

この「復元」というのがいわゆる初期化のことです。

何らかの原因で復元に15分以上かかるとリカバリーモードが終了してしまいますが、その場合は何度か最初からやり直してみてください。

大切なデータの詰まった端末なので、手放すときはきちんと初期化を

iPhoneには各種パスワードやクレジットカード情報、プライベートな履歴などさまざまな情報が詰まっています。手放す前に自分できちんと消去して、クリーンな状態で売却・譲渡しましょう。

こちらの記事もおすすめ

実はこんなに高性能! 『iPhone標準カメラ』の設定や使い方を解説 - Appliv TOPICS

世の中にはカメラアプリが数多くあり、どれを使えばいいのか迷っている人も多いでしょう。でも、あなたはもう既に最高のカメラアプリを持っていますよ。 そう、iPhone標準のカメラのことです! 純正だから広告も課金要素も一切なし。でも、使いこなせばどのカメラアプリにも引けをとらない機能を備えています。iPhone標準カメラの性能を最大限に引き出すテクニックをまとめました。

mag.app-liv.jp
iPhoneキーボードの使い方。設定&便利機能からおすすめアプリまで - Appliv TOPICS

iPhoneのキーボードは年々進化しており、機能やカスタマイズ性を増しています。iOS 11ではキーボードデザインも刷新されました。この記事では、iPhoneキーボードに関する情報を幅広く網羅しています。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。