• TOP
  • 特集
  • Amazonの『定期おトク便』は本当におトク。キャンセルや変更方法など解説

Amazonの定期的な商品配達サービス『定期おトク便』。最大15%とかなりの割引を受けられますし、その条件を満たすのも簡単です。非プライム会員でも利用可能。

筆者も個人的にいろいろな商品を注文していますが、文字通りおトクで注文の手間も省けるので重宝しています。

この記事ではサービスの概要から、キャンセル・変更の仕方、デメリットがあるかどうかについても解説していきます。

目次

あわせて読みたい
【保存版】Amazonで安く買い物する14の方法。知らなきゃ損!

『定期おトク便』とは

食料品や日用品など継続的に消費する品物を、好きなペースで定期注文するサービス。1ヶ月に1個、2ヶ月に3個、6ヶ月に1個、などペースは自由に指定できます。

定期便を3つ申し込むと商品価格15%オフ。2つ以下でも、商品により5~10%オフになります。

さらに「1度申し込んだら何年は使い続けなければならない」などの縛りが一切ないのが特長。あとで詳しく説明する通り、デメリットや煩わしい条件も特にありません。

▲一例として筆者の定期便画面。コーヒーやお菓子などを15%オフで買えている。

PR
Amazon定期おトク便

『定期おトク便』の注文方法、変更やキャンセル(解約)方法

初めての人にはややこしく思えるかもしれませんが、使い方は簡単です。

注文の流れ

▲定期おトク便に対応している商品なら「通常の注文」の下に「定期おトク便」オプションが出る。数量と配送頻度を選んで申し込み。

配送は月1回にまとめられ、どの日にちにするかは初回注文時に設定できます。

たとえば毎月25日に設定したなら、25日ジャストに届くわけではなく、25日までのどこかで配送される仕組み。

決済方法はクレジットカードか代金引換のみで、代金引換の場合は発送ごとに324円(税込)の代引手数料がかかります。

▲配送日が近づいてくると確認のメールが届き、配送された直後にもメールが届く。

登録内容の確認・変更

▲メニューから[定期おトク便]→[登録内容の確認・変更はこちらから]を選択すると、現在申し込み中の商品を確認できる。

▲変更・キャンセルしたい場合は商品を選択。

▲次月の配送だけキャンセル、または配送スケジュール変更、または定期便の利用キャンセルを選ぶ。

『定期おトク便』のおすすめ商品は?

3つ注文するために埋め合わせの商品を探している方は、Amazonの売れ筋ランキング(定期おトク便カテゴリ)を見てみると良いと思います。

水、野菜ジュース、プロテイン、おむつ、電動歯ブラシの替えなどが売れている様子ですね。賞味期限が短い食料品は扱っていないので、期限の心配は特にありません。

PR
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング > 定期おトク便 > 食品&飲料
PR
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング > 定期おトク便 > ヘルス&ビューティー
PR
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング > 定期おトク便 > ホーム&キッチン

1回限りの利用でキャンセルOK。ペナルティも一切なし

『定期おトク便』という名前ですが、実は1回限りの利用も可能です。1度だけ注文してキャンセルしても問題なく、それを繰り返してもペナルティは全くありません。

カスタマーサポートにも問い合わせてみましたがキャンセルは完全に自由。1回だけの利用でも大丈夫とのことでした。

また配送ペースの変更や、次月だけキャンセルすることも、何度でも行えます。必要に応じて商品の数を増やしたり、一時的に止めたりできるのは嬉しいですね。

デメリットはほぼないが、非プライム会員だけ送料に注意

キャンセルや変更が自由にできるので、デメリットはほぼありません。

非プライム会員向けの注意点が1つ。定期便の注文額が2,000円未満だと送料がかかってしまいます。15%オフにする目的も兼ねて3つ注文しつつ、合計2,000円を超えるようにするのがおすすめ。

あとは強いて言えば、たとえば定期便で洗剤を注文したことを忘れて、スーパーで同じ洗剤を買い溜めしてしまった……なんて事は起こりえますが、定期便の内容を把握しておけば問題ないでしょう。

ノーリスクで大きな割引が受けられる! ぜひたくさん活用したい

簡単な条件で15%オフの買い物ができるうえ、いつでも内容を変更でき、配送前には確認メールもくれるなど非常に親切なサービスです。

非プライム会員でも利用できるので、ぜひ活用して食料品や日用品をおトクに入手しましょう!

PR
Amazon定期おトク便

こちらの記事もおすすめ

Amazonプライムとは? 14のメリットや、年会費・無料体験方法など解説 - Appliv TOPICS

Amazonの有料会員『Amazonプライム』について、会費や特典、逆にデメリットや注意点も詳しくご紹介します。

mag.app-liv.jp
Amazonギフト券の使い方まとめ。格安の購入法や有効期限、買取について - Appliv TOPICS

贈答用はもちろん自分用としても使えるAmazonギフト券(アマゾンギフトカード)。使い方をしっかり把握すれば、商品をいつもより安く購入できるおトクなシステムです。 そんなAmazonギフト券の詳細を徹底解説! 上手く使いこなして賢くネットショッピングを楽しみましょう。

mag.app-liv.jp

Amazon関連のサービス・活用法まとめ

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。