• TOP
  • Amazon
  • Amazonの注文履歴・閲覧履歴を確認・削除する方法 履歴が消えた際の対処も

Amazonを使っていると、履歴を確認したくなることがよくあります。過去に買ったものを再注文するために注文履歴を探したり、「この前見た商品どれだったかな」と閲覧履歴を見返したりできる機能はとても便利。

一方でプライベートな情報が詰まった履歴を消したい、非表示にしたいニーズもあるでしょう。

この記事ではAmazonの注文履歴・閲覧履歴に関する豆知識や使い方をまとめました。Amazonをより有効活用するうえで参考にしてください。

注文履歴を見る

注文履歴はとても簡単にチェックできます。操作の途中でEメール・パスワードを求められたら入力してください。

スマホ版

▲Amazonアプリを起動し、左上の三本線ボタンでメニューから[注文履歴]を選択。

Webはこちら

Amazon.co.jp - 注文履歴

▲注文した商品と配達日の一覧が表示された。キーワード検索で過去の注文を探すこともできる。

▲商品を選択すると、配達日や返品期日、購入時の金額など詳細が表示される。

PC版

▲画面右上に表示されている[注文履歴]を選択。

Amazon.co.jp - 注文履歴

▲注文履歴が表示され、返品期日、再度購入ボタン、配送状況の確認ボタンなどが表示される。

▲過去全ての注文履歴が確認できるほか、未発送の注文だけ・キャンセルされた注文だけ表示することも。

注文履歴を非表示にする(完全な削除は不可)

注文履歴の削除はできませんが、非表示にして見つかりにくくすることはできます。ただしスマホ版ではなくPC版での操作が必要です。

どうしても削除するならアカウントごと

注文履歴をどうしても削除したい場合、Amazonアカウントそのものを削除して再登録するしかありません。

同じ住所・決済情報でAmazonアカウントを再登録すること自体は問題ないので、諸々のデータ全てが消えても大丈夫ならアカウント削除・再登録をするといいでしょう。

▲各注文の右側にある[注文を非表示にする]を選択。注文履歴から見えなくなる。

▲非表示にした注文を見たいときは、[アカウント&リスト]→[非表示にした注文の表示]へと進む。

▲非表示にした注文が現れる。元に戻したいときは[注文を表示する]を選択。

閲覧履歴(表示履歴)を見る

注文履歴だけでなく、商品の閲覧履歴も確認できます。スマホ版では見られずPC版での操作が必要。途中でメールアドレスやパスワードを求められたら入力してください。

▲Amazonトップページを開いて下にスクロールし、小さな字で書かれた[閲覧履歴を表示して編集する]を選択。

Amazon.co.jp - 表示履歴

▲閲覧履歴が表示された。

▲右側の[履歴を管理]を選択すると、[すべての項目を削除]ボタンや、閲覧履歴を保存するか否かのスイッチが現れる。

閲覧履歴を削除する

注文履歴は非表示にすることしかできませんでしたが、閲覧履歴はきれいサッパリ削除できます。

▲PC版で閲覧履歴を表示し、消したい商品の[削除]ボタンを押すだけでOK。

スマホでもPC表示に切り替えれば操作可能

▲スマホブラウザでAmazonサイトの一番下に行き、[Amazon PCサイト]を選択するとPC表示になる。

注文履歴が消えた際の対処法

Amazonの注文履歴は全て記録されているはずです。もし履歴が表示されないときは、次の項目をチェックしてみてください。

単純な見逃しである可能性

●過去に注文を非表示にしたことを忘れていないか
→「非表示にした注文」でチェック

●「未発送の注文」や「キャンセルされた注文」に紛れ込んでいないか
→「未発送の注文」「キャンセルされた注文」をチェック

●履歴の表示期間が限定されていないか
→デフォルトでは過去6ヶ月間の注文が表示されるが、操作ミスで去年の表示になっていたりしないかチェック

一時的なエラーである可能性

Webサービス上で不具合が起きたときの一般的な対処法として、

●ブラウザを再起動する
●PC(スマホ)を再起動する
●一度ログアウトして再ログインする
●スマホアプリなら一度アンインストールして再インストールする
●ブラウザのCookieやキャッシュを削除する

を試してみてください。

Amazon側で障害が発生している可能性

過去にはAmazon側の不具合で注文履歴が見えなくなった出来事も何度か起こっていました。その場合はこちらで対処できないので、気長に復旧を待ちましょう。

過去の不具合はいずれも正常に復旧していますし、一時的に見えなくなってもさほど心配することはないかと思います。

履歴を活用すると再注文や商品探しが捗る

過去に注文して「あれをもう1度買いたいけど、何という商品名だったかな」と迷ったときや、良さそうな商品を見つけたけどスルーしてしまい、商品名を思い出せなくなったときに履歴が役立ちます。覚えておいて、積極的に活用してみてください。

こちらの記事もおすすめ

Amazonでの返品のやり方。送料、返送先住所、梱包方法など徹底解説 - Appliv TOPICS
Amazonギフト券の使い方まとめ。格安の購入法や有効期限、買取について - Appliv TOPICS
Amazon ショッピングアプリ

AMZN Mobile LLC

4.36

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る