スマホの機種変更などをして『TikTok(ティックトック)』のアカウントを引き継ぎたいとき、どのようにやるのか、今までのデータは消えないか心配している方のために、引き継ぎ方法をまとめました。

TikTok ティックトック

TikTok Pte. Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

引き継ぎでデータは消えない。複数端末でアカウント共有も可能

よく聞くのが「LINEのデータが機種変更をして消えてしまった」という話。『TikTok』でも上手くやらないと消えてしまうのでは……と悩んでいる方がいるかもしれませんが、ご安心ください。

新しい端末でログインを行うだけで、以前と同じようにすぐ『TikTok』を利用でき、なおかつ機種変更前の端末でログアウトされることもありません。

複数の端末で1つのアカウントを共有可能で、データ紛失の心配はまず無いと言っていいでしょう。

引き継ぎ方法

iPhoneもAndroidも流れは同じです。今回はiPhoneを使用して解説します。

新しい端末でTikTokアプリを起動したら、右下の「マイページ」をタップ。自分のTikTokアカウントに登録している電話番号またはメールアドレス・LINE・Apple・Twitter・Google・Facebook・Instagram・カカオトーク、いずれかを選択してログインすれば引き継ぎ完了です

新端末ログインメニュー

▲「マイページ」をタップすると、ログインメニューが出てくる。

今回は例としてTwitterを使っての引き継ぎ。『TikTok』にTwitterアカウントのアクセスを許可しましょう。

Twitterでログインする場合

▲ログイン画面の例。ログイン後はレコメンド画面が表示。

「アプリにアクセスを許可」をタップするとTikTokに戻り、レコメンド画面が表示されます。これで引き継ぎは完了です。

自分のTikTokアカウントに紐付いていないSNSアカウントでログインすると、新しい別のアカウントとなってしまい、データを移すことができないので注意してください。

登録しているアカウント・アドレスの確認方法

自分が登録しているSNSやメールアドレスを忘れてしまった場合は、ログイン済みの端末で確認できます。

まずTikTokアプリを起動して、自分の「マイページ」へ。「プロフィールを編集」をタップすると、紐付けているInstagramやTwitterアカウントなどを確認できます。

アカウント名ではなく「Instagramを追加」「Twitterを追加」と表示されている場合、アカウントは登録されていません。

SNSを確認

▲マイページの「編集」から紐付けているSNSを確認。この画像ではTwitterアカウントが紐付いているのがわかる。

電話番号・メールアドレスを確認したい場合は [マイページ] → […(設定とプライバシー)] と進み「アカウント管理」を開きます。

電話番号・メールアドレスの確認

「アカウント管理」の「メール」に表示されているのが、アカウントに紐付いているメールアドレスです。登録しているメールアドレスの一部がわかります。

「電話番号」は登録した番号の下4桁を確認できます。

電話番号・メールアドレスの全てを確認することはできないので、ここから登録している電話番号・メールアドレスを推測してください。

電話番号・メールアドレスの確認

なお、LINE・Google・Facebook・カカオトークのアカウントの確認は現状ではできないようです。

幸いログアウトは簡単にできるので、思い当たるアカウントを総当たりし、登録しているアカウントを探すことも1つの手段です。ログアウト方法は以下の記事を参考にしてみてください。

『TikTok』でログアウトする方法【iPhone/Android】

引き継ぎ時の注意点

新機種でのログイン前に、連携したSNSアカウントを削除しない

『TikTok』に連携させたSNSのアカウントを削除してしまうと、TikTokのアカウントにログインできなくなります。

機種変更をする場合は連携させたSNSアカウントはそのまま残しておきましょう。

何らかの事情でSNSアカウントを削除する際は、事前に『TikTok』を電話番号やメールアドレスでの登録に変更しておきましょう。

どのSNSで登録したかを覚えておく

事前に旧端末で連携したSNSを確認しておきましょう。『TikTok』ではLINE・Twitter・Google・Facebook・Instagram・カカオトークと6つのSNSで連携できます。そのため多くのSNSを使う人は自分がどのアカウントで登録したかを控えておくのがベスト。

筆者のおすすめはInstagramもしくはTwitterでの登録。理由はSNSのアカウント情報をアプリ内ですぐに確認できることに加え動画投稿時にシェアをしやすく、引き継ぎのしやすさ以外にも『TikTok』の機能を余すことなく使えるからです。

SNSのID、パスワードを控えておく

SNSでのログイン時、パスワードや電話番号を求められることがあります。SNSへの登録時のパスワードやメールアドレスを忘れてしまった場合、芋づる式にTikTokへのログインもできなくなるので注意が必要です。事前にSNSの登録情報も控えておくと確実。

旧端末で作成途中の動画は引き継がれない

旧端末で下書きに保存されていた動画は、新端末には引き継がれません。機種変更前までに動画の公開範囲を「自分のみ」などに設定して動画を投稿しておきましょう。一旦『TikTok』に投稿しておけば、引き継ぎ後もその動画を編集可能です。

またアプリ内でセーブした動画は問題なく引き継がれます。

引き継ぎできない場合は?

上記を試してみてもアカウントの引き継ぎができない場合はヘルプセンターに報告しましょう。

ヘルプセンターへは、まずプロフィールの右上「…(設定とプライバシー)」をタップ。その後「問題を報告する」をタップ。

設定とプライバシーの画面

問題を報告をタップすると「フィードバックとヘルプ」の画面になります。画面中段の「提案」をタップ。

フィードバックとヘルプ

「まだ問題がある」をタップして、アカウントの引き継ぎができない旨を報告しましょう。

問題の報告

▲テキスト、画像で報告できる。

『TikTok』引き継ぎのまとめ

引き継ぎする際は、まず旧端末でSNSのアカウント連携をしましょう。筆者のおすすめはInstagramもしくはTwitterでの登録です。

理由はSNSのアカウント情報をプロフィールに掲載できることに加え、動画投稿時にシェアをしやすいため、引き継ぎ後も『TikTok』の機能を余すことなく使えるからです。

また作成途中の動画がある場合は、公開範囲を「自分のみ」に設定してそのまま投稿しておけば引き継ぎ後もデータが消えずにスムーズに動画作成できます。

こちらの記事もおすすめ

『TikTok(ティックトック)』の使い方 見るだけから編集・投稿まで徹底解説
TikTok アカウントの削除(退会)・復活方法【iPhone/Android】
TikTok ティックトック

TikTok Pte. Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る