• TOP
  • Android
  • Androidスマホの通信量確認方法 ギガ不足、速度制限になる前にしっかり管理

今月どれだけモバイルデータ通信を行い、月末まであとどれほど残っているか把握できていますか? ギガ不足や通信速度制限に陥らないためにも、データ通信量はしっかり確認しておくのが大切です。

データ通信量を確認する方法は大きく分けて3つ。本体設定を確認する方法、各キャリアのオンラインサービスにアクセスして確認する方法、サードパーティ製アプリを利用して確認する方法です。

それぞれメリット・デメリットがあるので、しっかり把握し適切な方法でデータ通信量を確認しましょう。

※本記事ではAndroid 9 Pie搭載のGalaxy S9(SC-02K) 使って説明しています。OSのバージョンやスマホが変わるとUI等が変わりますが、大まかな手順は同じです。

スマホ本体の設定画面で確認

アプリの追加やインターネット通信を行わず、本体設定のみで完結する最も一般的な確認方法です。

『設定』を起動→[接続]→[データ使用量]の順にタップすれば、通信量の総量を確認できます。

また[モバイルデータ使用量]をタップすれば通信量のグラフと、アプリごとに使用した通信量を確認できます。なにが通信量を使っているのか把握でき、管理をしやすいのも特長です。

グラフ上部の日付をタップすると、過去の通信量も確認できます。

また[データ使用量]の画面に戻り、[測定開始日と使用量の警告]をタップすると、測定開始日を変える、データ通信量が測定開始日から一定量を超えると警告通知を出す、データ通信を自動的にオフにするの3つの設定が行えます。

[データ使用量]画面からはほかにもデータセーバーをオンにしたり、バックグラウンドでの通信量の使用をオフにしたりと、通信量節約の設定もできます。

本体設定画面で通信量を確認するデメリットは、ショートカットができないため必ず『設定』を起動→[接続]→[データ使用量]の手順を踏まなければいけない事。この方法で表示されるデータ使用量はあくまで端末独自に測定した数字なので、実際の通信量とは若干の誤差が生じる可能性がある事です。

通信量確認の手順をより簡略化したい場合はサードパーティ製アプリの利用を、正確な通信量を知りたい場合は契約中のキャリアに確認する方法を試してみましょう。

本体設定で通信量を確認するメリット

・アプリの追加やインターネット通信不要、設定画面を辿るだけで通信量を確認できる
・データ通信を行わないので、通信量を確認するのに通信量を使うという本末転倒にならない
・アプリ毎の通信量も確認でき、何が通信量を使うのか状況把握をしやすい
・ついでにデータセーバーやバックグラウンド通信のオンオフ設定もできる

本体設定で通信量を確認するデメリット

・確認までの手順をショートカットできないため、頻繁に確認するにはやや不向き
・端末独自の測定のため、実際の通信量とは若干の誤差が生じる事もある

契約中の各キャリアのオンラインサービスにアクセスして確認

ドコモ、au、ソフトバンクなど契約中の各キャリアのオンラインサービス(My Docomoなど)にアクセスし直接通信量を確認する方法です。この方法ならより正確な通信量を知る事ができます。アプリ化されているオンラインサービスも数多く、最短ワンタップで通信量の確認が可能。

ただしインターネット回線を通じてアクセスするため、若干ながら通信量を消費する点に注意しましょう。

本記事ではドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアの通信量の確認方法を紹介します。LINEモバイルなど格安SIMを提供するMVNOも同様のオンラインサービスを用意しているので、一度確認してみてください。

My docomo

ドコモユーザーならドコモのオンラインサービス『My docomo』のアプリ版が便利。データ通信量をはじめ様々な情報の確認や、各種手続きが行えます。

初回起動時にdアカウントでログインすれば、アプリを開くだけで利用状況の画面が表示されます。データ通信量のほか料金、dポイントも確認可能。また料金プランの変更や迷惑電話の設定もアプリから行えます。

My docomo - 料金・通信量の確認

株式会社NTTドコモ

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

ブラウザでのアクセスはこちら

データ量 | My docomo | NTTドコモ

My au

auのオンラインサービス『My au』。2019年7月9日現在、アプリ版はGoogle Play ストアで配信されていません。Androidユーザーがアプリを利用したい場合は、有料(月額税抜372円)のauスマートパス会員になり、au Marketからアプリをダウンロードする必要があります。

My auはブラウザでもアクセスできるので、まずはそちらを使うのも手です。

▲アプリ版『My au』のスクリーンショットと紹介文。

出典:My auアプリ|au

初回起動時にau IDでログインすれば、次回以降は自動的にホーム画面が表示。ホーム画面でデータ残量や利用料金、au WALLET ポイントなどの各種ポイントを確認できます。

また各種問い合わせやauショップの検索も可能。『My au』の多くの機能が快適に使えます。

My au(マイエーユー)-料金・ギガ残量の確認アプリ

KDDI CORPORATION

3.24

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

Androidアプリ版のDLはこちらから(要auスマートパス)

My auアプリ

ブラウザでのアクセスはこちら

サポート | au

My SoftBank

ソフトバンクのオンラインサービス『My Softbank』がアプリ化されています。データ通信量のほか、毎月の料金の確認やデータの追加購入が可能。そのほか加入中の料金プランの照会や迷惑メール設定も行えます。

▲画像はアプリストアを参照。

初回起動時にMy Softbankにログインすれば設定完了。あとはアプリを開くだけで今月のデータ通信量をグラフで確認できます。

My SoftBank

SoftBank Corp.

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

ブラウザでのアクセスはこちら

データ通信量の確認・追加購入 | My SoftBank

キャリアにアクセスして通信量を確認するメリット

・各キャリアに直接問い合わせるため、正確なデータ通信量を知れる
・料金や各種ポイントなども確認可能
・契約プランの変更など各種問い合わせもスムーズ
・アプリを使えばログインの手間も少なく、最短ワンタップで確認可能に

キャリアにアクセスして通信量を確認するデメリット

・インターネット経由で問い合わせるため、若干の通信量を使う
・初回にログイン情報の入力が必要なので、IDやパスワードを忘れていると少々面倒

サードパーティ製のアプリで確認

本体設定の確認やキャリアへのアクセス以外に、サードパーティ製のアプリを使う事でもデータ通信量を確認できます。アプリを開くだけで通信量が表示される、通信状況をウィジェットとしてホーム画面に貼り付けられる、などアプリごとに趣向を凝らした機能があるのが特徴。

ただしアプリ自体が若干の通信を行うものが多い事は覚えておきましょう。本記事では人気の3アプリを紹介します。

通信量チェッカーの人気ランキングはこちら

【2019年】データ通信量・料金の確認 おすすめアプリランキングTOP10

『Datally』Google製通信量チェッカー。確認も節約もワンタップで

『Datally』はGoogleがリリースした通信量チェッカー兼節約アプリです。アプリを開くだけで通信量を表示、さらにワンタップでデータセーブも可能と、使いやすさとお得感を兼ね備えた一石二鳥の仕様となっています。

ホーム画面で1日の通信量を確認。さらにデータセーバーをオンにすると通信量を節約できます。また[データを管理]をタップすれば、より詳しいデータ通信状況を確認可能。なおデータ通信量のカウントはアプリ利用開始時からとなっています。

また「ふきだしトラッカー」を設定すると、データ通信量をふきだしで常に教えてくれます。アプリを行き来せずとも通信量の確認が可能に。

類似アプリと比べて初期設定が簡単というのも特長。画面の指示に従うだけで準備完了です。

Datally: data saving app by Google

Google LLC

3.22

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Android版は配信されていません

『My Data Manager』ウィジェットや通知で通信量を手軽に確認

節約設定が不要であれば、『My Data Manager』もおすすめ。ホーム画面でデータ通信量を確認できるほか、ウィジェットや通知でアプリを開かずとも通信量をチェック可能です。

ホーム画面でこれまで使った通信量と、残りの通信量をグラフで表示。使用予測量や、今日あとどれだけ使えるかも割り出してくれます。またWi-Fi、ローミングのデータ通信量も個別に確認可能。

初期設定が終われば自動で通知センターに常駐(設定でオフも可能)。ウィジェットもあり、アプリを開かず手軽に通信量を確認できます。

最初にプランタイプ、データ量上限、利用開始時点の通信量などの項目を手動で入れる必要あり。設定を誤ると通信量を正確に把握できなくなるため、少々厄介なのが玉にキズ。

My Data Manager VPN セキュリ

Mobidia Technology

3.52

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

『通信量モニター』&『通信速度モニター』通信状況を徹底的に調べたいならコレ

『通信速度モニター』は元々『通信量モニター』にあった機能が別アプリとして分離したもの。そのためこの2つのアプリはセットでの利用をおすすめします。

残りのデータ通信量、アプリ毎に使用した通信量、リアルタイムの通信状況など通信量に関する様々な情報を閲覧できるのが特長。通信量を徹底的に調べたい時に便利です。

ホーム画面でモバイルデータ通信量、Wi-Fi通信量、データ通信量の残りのパーセンテージ、通信量のグラフを一画面表示。現在のデータ通信量、残りのデータ通信量が一目でわかるデザインになっています。

またアプリ毎のデータ通信量もグラフ付き表示になっており、本体設定画面よりも詳細。ただし広告の関係上、本アプリ自体が若干の通信を行っている点は覚えておきましょう。

『通信速度モニター』を使うと、通信状況をチェックするモニターが画面に常駐。上り、下りの通信量を逐一教えてくれます。

本アプリも簡単ながら初期設定が必要です。プランを間違えると計算が狂うので注意。

通信量モニター

Lufesu Inc.

4.01

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る
通信速度モニター

AndCreate

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

サードパーティ製アプリで通信量を確認するメリット

・アプリを開くだけで通信量を確認できるものがほとんどで、本体設定画面を遷移するよりも楽
・通知センター、ウィジェット対応、詳細なグラフなど各アプリごとに趣向を凝らした機能が魅力

サードパーティ製アプリで通信量を確認するデメリット

・広告表示など、アプリそのものが若干の通信を行うものもある
・最初にデータ量上限、測定開始日などの入力が必要な事があり、導入が面倒なアプリも

データ通信量を把握して上手にやりくり。ギガ不足解消の第一歩

通信量を全く使わず事前準備なしでOKの「スマホ本体の設定画面」、より正確な通信量が知れて、アプリが便利な「各キャリアのオンラインサービス」、アプリ毎の個性が光る「サードパーティ製アプリ」。それぞれ異なるメリットがあるので、お好みでデータ通信量を確認してください。

データ通信量の把握が上手なやりくりの第一歩。しっかり管理して、ギガ不足や通信量制限を回避していきましょう。

こちらの記事もおすすめ

Androidスマホの容量不足を解消する方法 不要なデータを減らしストレージ確保 - Appliv TOPICS
【2019版】無料Wi-Fiが使えるカフェまとめ 接続方法・使い方ガイド - Appliv TOPICS