最後の1秒まで気が抜けない3VS3のチームバトル『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』の引き継ぎ方法を解説します。

引き継ぎ方法は3種類あり、OSによってやり方が変わります。iPhone→AndroidなどOSをまたぐ引き継ぎ(Amazon版含む)は「引き継ぎコードでデータ移行」を、iOS間での引き継ぎは「Game Centerで連携」を、Androidスマホ間での引き継ぎは「Google Playで連携」を参照してください。

特に「引き継ぎコードでデータ移行」は位置情報、有料ビットマネーの扱いなど注意点が多いため、要チェックです。

引き継ぎ方法① 引き継ぎコードでデータ移行【他OSへ引き継ぎ】

iPhone→Androidや、Amazon版へ引き継ぎを行う場合は必ずこの方法を使います。

iOS同士の場合はGame Center、Android同士の場合はGoogle Playを使う方法が格段に簡単なので、そちらがおすすめです。

【要注意】OSが違う場合、有料ビットマネーなどは引き継ぎ不可

異なるOSのスマホやAmazon版へ引き継ぎを行う場合、有料ビットマネーとプライム会員期間は引き継げません。なるべく使い切ってから引き継ぎを行うようにしましょう。

引き継ぎ時の注意事項

▲ゲーム内でも引き継ぎ時に注意事項が表示される。

旧端末での準備:引き継ぎコードを発行

1.ホーム画面の右上の[設定]をタップ

[設定]をタップ

2.設定内「ゲームデータ引き継ぎ」項目の[引き継ぎ]をタップ

[引き継ぎ]をタップ

3.[引き継ぎ]をタップ

この引き継ぎ方法では位置情報を使用します。確実に引き継ぎを行いたい場合は[現在地を確認]ボタンをタップし、現在地が正しく計測されているかを確認してから[引き継ぎ]をタップしてください。

[引き継ぎ]をタップ

4.[引き継ぎコードを発行する]をタップ

[引き継ぎコードを発行する]をタップ

5.「プレイヤー名」と「引き継ぎコード」を保管して準備完了

引き継ぎコードの有効期限は72時間です。また引き継ぎコードは第三者に教えることのないようにしましょう。

なお「引き継ぎコード」は[引き継ぎコードを発行する]のボタンをタップするたびにリセットされます。

「プレイヤー名」と「引き継ぎコード」を保管

新端末へ引き継ぎ:「旧端末と同じ場所で」引き継ぎコードを入力

この引き継ぎ方法では位置情報を利用します。旧端末で引き継ぎコードを発行した所と同じ場所で、新端末への引き継ぎを行ってください。

1.アプリを起動し[引き継ぎコード入力]をタップ

[引き継ぎコード入力]をタップ

2.[引き継ぎ]をタップ

確実に引き継ぎを行いたい場合は、旧端末の時と同様[現在地を確認]ボタンから現在地が正しく計測されているか確認してから[引き継ぎ]をタップしてください。

[引き継ぎ]をタップ

3.保管した「プレイヤー名」と「引き継ぎコード」を入力し[引き継ぐ]をタップ

「プレイヤー名」と「引き継ぎコード」を入力し[引き継ぎ]をタップ

4.[実行]をタップ

[実行]をタップ

5.セーブデータ連携のオススメ画面が表示されれば引き継ぎ成功

パスワードは1回限りの使い捨てのため、セーブデータ連携をしておくのがおすすめです。

連携画面

6.データを引き継いでプレイ可能に

引き継ぎ後のホーム画面

引き継ぎ方法② Game Centerでデータ連携【iOS間】

iOS間での引き継ぎはこちらがおすすめ。コードの入力や位置情報の設定は必要なく、簡単に終わります。

旧端末での準備:Game Centerとセーブデータを連携

1.ホーム画面右上の[設定]をタップ

[設定]をタップ

2.設定メニューの最下部にある[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

3.[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

4.Game Centerと連携がされ、旧端末での準備完了

引き継ぎ準備完了

新端末へ引き継ぎ:連携を行ったGame Centerアカウントにサインイン

1.アプリを起動し[同意して開始]をタップ

[同意して開始]をタップ

2.[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

3.引き継ぎをするセーブデータの[連携]ボタンをタップ

ここで連携しなかったセーブデータは消去されるので注意してください。

引き継ぎをするセーブデータの[連携]ボタンをタップ

4.[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

5.引き継ぎ完了

引き継ぎ完了

引き継ぎ方法③ Google Playでデータ連携【Android間】

AndroidではGame Centerの代わりに、Google Playを使って引き継ぎが行えます。こちらもコードの入力や位置情報の設定は不要で、すぐに終わります。

旧端末での準備:Google Playとセーブデータを連携

1.ホーム画面右上の[設定]をタップ

[設定]をタップ

2.設定メニュー最下部の[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

3.[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

4.Google アカウントのリクエスト許可画面が出たら[許可]をタップ

[許可]をタップ

5.Google Playと連携がされ、旧端末での準備完了

Google Playとの連携完了

新端末へ引き継ぎ:連携を行ったGoogle Playアカウントにサインイン

1.アプリを起動し[同意して開始]をタップ

[同意して開始]をタップ

2.[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

3.引き継ぎをするセーブデータの[連携]ボタンをタップ

ここで連携しなかったセーブデータは消去されるので注意してください。

[連携]をタップ

4.[連携する]をタップ

[連携する]をタップ

5.引き継ぎ完了

引き継ぎ完了

引き継ぎ時の注意点

有料ビットマネーとプライム会員期間は異なるOSへ引き継げない

先ほども述べましたが、「引き継ぎコード」での引き継ぎの際、異なるOSやAmazon版に引き継ぐと有料ビットマネーとプライム会員期間は引き継げません。極力使い切ってから引き継ぎを行いましょう。

引き継ぎコードの期限は72時間。使用は1回限り

引き継ぎコードの有効期限は72時間で、1度使うと無効になります。そのため引き継ぎコードはバックアップとして利用できません。バックアップを取りたい場合は、Game CenterかGoogle Playと連携させる必要があります。

引き継ぎができない時の対処法

引き継ぎコードで引き継ぎ時:位置情報がオンにならない時

位置情報のオン・オフはスマホの本体設定から確認できます。iOS・Androidそれぞれの位置情報の設定方法は以下の通りです。

iOS(iPhone/iPad)での位置情報設定方法

本体設定の[プライバシー]をタップ

▲本体設定を開き、[プライバシー]をタップ。

[位置情報サービス]をタップ

▲位置情報サービスをタップ。

「位置情報サービス」のトグルをオン

▲「位置情報サービス」のトグルをオンにする。

[#コンパス]をタップ

▲[#コンパス]をタップ。

[このAppの使用中のみ許可]をタップ

▲[このAppの使用中のみ許可]をタップすれば、位置情報の設定完了。

Androidでの位置情報設定方法

本記事ではGoogle Pixel 3を使用しています。機種によってやり方が少々変わりますが、おおよその手順は同じです。

本体設定の検索バーをタップ

▲本体設定を開き、「検索バー」をタップ。

「位置情報」と入力した後[位置情報]のボタンをタップ

▲検索バーに「位置情報」と入力し、検索結果から[位置情報]をタップ。

「位置情報の使用」のトグルをオン

▲「位置情報の使用」のトグルをオンにする。

[アプリの権限]をタップ

▲[アプリの権限]をタップ。

[#コンパス]をタップ

▲[#コンパス]を探してタップ。

[常に許可]か[アプリの使用中のみ許可]を選択

▲「常に許可」か「アプリの使用中のみ許可」を選択すれば位置情報の設定完了。

引き継ぎコードで引き継ぎ時:引き継ぎコードを忘れた時

引き継ぎコードは発行時にしか表示されないため、忘れた場合は再発行をする必要があります。ホーム画面から[設定]→[引き継ぎ]→[引き継ぎ]→[引き継ぎ]→[引き継ぎコードを発行する]の順にタップし、再発行しましょう。

[引き継ぎコード]を発行するをタップ

▲[引き継ぎコードを発行する]をタップするたびに、パスワードがリセットされる点にも注意。

引き継ぎコードで引き継ぎ時:引き継ぎコードが間違っている時

まずは打ち間違いがないか確認しましょう。「0(ゼロ)」と「O(オー)」、「1(いち)」と「I(アイ)」、「5(ご)」と「S(エス)」など見間違いやすい文字は注意です。

またパスワードは[引き継ぎコードを発行する]をタップするたびにリセットされます。古い引き継ぎコードを入力した可能性もあるため、コードの発行からやり直すと確実です。

Game Center連携ができない時

Game Center連携ができない場合、スマホの本体設定でGame Centerが無効になっている可能性があります。本体設定の「Game Center」内を確認しましょう。

設定手順

[Game Center]を選択→トグルをタップ

▲本体設定内の[Game Center]をタップ→「Game Center」のトグルをタップ。

Apple IDのパスワードを入力

▲Apple IDのパスワードを入力し[サインイン]をタップ。

Game Centerが有効になった画面

▲上画像のように、「ニックネーム」や「友達」が表示されれば設定完了。

Google Play連携ができない時

Google Play連携ができない時は、『Google Play ゲーム』内の設定で、Google Playのアカウントが有効になっていない可能性があります。『Google Play ゲーム』を開いて確認しましょう。

もし『Google Play ゲーム』をアンインストールしている場合は、ストアからダウンロードしてください。

Google Play ゲーム

Google LLC

3.16

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

設定手順

[︙]→[設定]の順にタップ

▲アプリを開き、画面右上の点が3つ縦に並んだボタン(︙)をタップ→[設定]をタップ。

Googleアカウントを選択

▲上部のメールアドレスをタップ→連携に使うGoogleアカウントを選択。

2種類のトグルをオン

▲「対応するゲームに自動的にログインする」と「このアカウントでゲームにログイン」のトグルをオンにすれば設定完了。

データ復旧の問い合わせも可能

バックアップを取らずにアプリをインストールしてしまった時など、万が一データを消失してしまった時は問い合わせができます。問い合わせは、タイトル画面右上の[データ復旧のお問い合わせ]から。

ただし必ず復旧できるとは限らないので、基本的には自分でバックアップを取る事を心がけてください。

『#コンパス』のタイトル画面 [データ復旧のお問い合わせ]の場所

同一OS間なら複数端末でプレイ可能

iOSならGame Center、AndroidならGoogle Playでゲームデータを連携すれば、旧端末と新端末でゲームデータを共有して遊べます。

ただし複数の端末で『#コンパス』を起動すると思わぬトラブルが発生する危険性があるため、同時起動は避けましょう。

こちらの記事もおすすめ

「スマホゲーは面白い!」おすすめ厳選アプリ30本 定番の名作も隠れた良作も
話題の「eスポーツ」とは? 人気のゲームは何? 優勝賞金3億円超の競技種目も 
#コンパス【戦闘摂理解析システム】

NHN PlayArt 株式会社

4.34

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る