• TOP
  • Twitter
  • Twitter、6ヶ月以上ログインしていないアカウントを削除へ 12月11日以降で実施

米The Vergeなどの海外メディアは2019年11月26日(現地時間)、米Twitterが6ヶ月以上ログインしていないアカウントの所有者に対して、「2019年12月11日までにアカウントにログインしないとアカウントが削除される」という内容の警告メールを送っていると報じました。

この報道を受け、Twitter側もそれを認めるコメントを各メディアに発表したとのことです。

Twitterは少なくとも6ヶ月ごとのログインを推奨

Twitterはヘルプセンター内のTwitterルールとポリシーで、積極的にログインするように促しており少なくとも6か月ごとにログインするよう推奨しています。

アカウントの作成後は、積極的にログインしてTwitterをご利用ください。アカウントをアクティブな状態に保つには、少なくとも6か月ごとにログインして、ツイートするようにしてください。アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります。
出典元: 運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー

故人のアカウントへの影響は?

この取り組みは休眠しているユーザー名を他のユーザーが使えるようにすることを目指したものではなく、あくまで休眠アカウントを削除することでフォロワー数に関する信頼性を向上させることなどを目的としています。とはいえ、これまで利用できなかった休眠アカウントのユーザー名が利用できるようになるのも事実です。

Twitterはこの処置を数ヶ月にわたって行うとしており、12月12日から急に利用できるユーザー名が増えるわけではありません。

なお故人のアカウントについても同様の処置がとられ、家族や他の人が故人のログイン情報を知らない場合、削除されてしまいます。しかし米The Vergeの報じた内容によるとTwitterは「アカウントを残せる方法を考えている」と回答したとのことです。

Twitter will remove inactive accounts and free up usernames in December|The Verge
Twitter prepares for huge cull of inactive users|BBC

こちらの記事もおすすめ

Twitter パスワードの変更方法・忘れたときの対処方【iPhone/Android/PC】
Twitter 機種変更でアカウントを引き継ぐ方法【iPhone/Android】