• TOP
  • Twitterの使い方
  • Twitter 機種変更でアカウントを引き継ぐ方法【iPhone/Android】

スマホを機種変更したときにしばしば聞く「引き継ぎに失敗して、LINEやゲームのデータが消えた」という話。

もしかしてTwitterアカウントも消えてしまうことがあるのでは……と心配な方のために、本記事ではTwitterの引き継ぎ方法を解説していきます。

新しいスマホでTwitterにログインするだけなので方法は簡単。ただ電話番号が変わるとスムーズな引き継ぎができない場合があるので、よく読んでください。

引き継ぎ時にデータは消えない

「引き継ぎ時に過去のツイートなどのデータが消えるのでは?」と心配な方もいるでしょう。安心してください。Twitterのデータはサーバーに保存されているため、消えることはありません。

そのため新しい端末でログインを行うだけで、以前と同じようにすぐTwitterを利用できます。またLINEのように、機種変更前の端末でログアウトされることはありません。複数の端末で1つのアカウントを共有可能です。

引き継ぎ前に用意するもの

Twitterアカウントの引き継ぎを行う場合、下記2つの情報が必要です。

①Twitterのユーザー名(@以下の英数字) or 登録しているメールアドレス or 登録している電話番号

②パスワード

ユーザー名の例

▲「ユーザー名」はリプライを送るときなどに使用する英数字。

引き継ぎ前の注意点【電話番号が変わる場合は要確認】

Twitterの「2要素認証」を設定していた場合かつ、機種変更で電話番号が変わる場合は要注意です。というのも2要素認証を設定していると、電話番号を介したショートメールがログイン(引き継ぎ)時に必要になるからです。

そのため電話番号が変わるとショートメールを受け取れなくなり、最悪Twitterにログインできなくなる場合もあります。

電話番号が変わる場合は、引き継ぎ前に以下の操作を行っておきましょう。

楽に引き継ぎをするなら一時的に2要素認証を解除する

2要素認証は一時的に解除できます。

やり方はTwitterの[設定とプライバシー]を開き、[アカウント]→[セキュリティ]→[2要素認証]の順にタップ。あとはiPhoneなら[ショートメール]、Androidなら[テキストメッセージ]のトグル(ボタン)をオフにすれば完了です。

引き継ぎが終わったらもう一度2要素認証を設定するのを忘れずに。

Twitterの2要素認証の設定画面

▲iPhoneなら[ショートメール]、Androidなら[テキストメッセージ]をオフにすれば、2要素認証を解除できる。

2要素認証を設定したまま引き継ぎたい場合は「バックアップコード」を取得

2要素認証を設定したまま引き継ぎを行う方法もあります。まずはTwitterの[設定とプライバシー]を開き、[アカウント]→[セキュリティ]→[2要素認証]の順にタップし2要素認証の画面を開きます。

2要素認証を設定している場合メニュー下部に[バックアップコード]のボタンあるのでこれをタップしましょう。あとは表示されたバックアップコードをメモしておけば準備完了です。

Twitterのバックアップコード取得画面

▲[バックアップコード]をタップするとバックアップコードが発行されるので、これを保管。

引き継ぎの流れ

iPhoneもAndroidも流れは同じです。今回はiPhoneを使用して解説します。

Twitterアプリを起動して、画面下の[ログイン]の文字をタップ。次の画面でユーザー名・メールアドレス・電話番号のいずれかとパスワードを入力して、[ログイン]ボタンをタップすれば引き継ぎ完了です。

1.新しいスマホでTwitterアプリを起動し、画面下の「ログイン」をタップ

ログインをタップ

2.ユーザー名・メールアドレス・電話番号のいずれかとパスワードを入力し、「ログイン」をタップ

ユーザー名とパスワードを入力

2要素認証を設定していない場合はこれで引き継ぎ完了です。今までのツイートや投稿した画像・動画、フォロー・フォロワー、DM(ダイレクトメッセージ)などすべて以前のまま使えます。

3.【2要素認証設定時のみ】ショートメールに届いた認証コードを入力する

2要素認証を設定している場合は、ログイン情報入力後に認証コードが記載されたショートメールが届きます。認証コードをTwitterの画面に入力すればログイン(引き継ぎ)完了です。

電話番号変更時などでバックアップコードを使用する場合は[別の方法の2要素認証を選択してください]をタップ後、バックアップコードを入力してください。

Twitterの認証コード入力画面

登録メールアドレス・電話番号の確認方法

登録しているメールアドレス・電話番号がわからない場合は、ログイン中の端末で設定画面から確認可能です。

ログイン状態でTwitterアプリを開き、[画面左上の三本線(≡)] →[設定とプライバシー] → [アカウント] と進んでいきます。

Twitter[設定とプライバシー]から[アカウント]画面へ移動

ここでアカウントに登録している情報を確認できます。登録している電話番号やメールアドレスが古いものになっていたら、現在使っているものに変更しておきましょう。

アカウント画面で自分のアカウント情報をチェック

パスワードを忘れてしまったときの復旧方法

もしパスワードを忘れてしまった場合は、ログイン画面の「パスワードをお忘れですか」から再設定が可能です。

Twitterログイン画面の「パスワードをお忘れですか」の場所

詳しいやり方は以下の記事をご覧ください。

Twitter パスワードの変更方法・忘れたときの対処方【iPhone/Android/PC】

複数アカウント所持時の追加方法

『Twitter』のアカウントを複数で使い分けている場合は、新機種でログイン(引き継ぎ)後にアカウントを追加していきましょう。

追加方法はTwitterを開き[ホーム画面左上の三本線(≡)] →[メニュー右上のアイコン]→[作成済みのアカウントを使う]の順にタップ。

するとログイン時と同様の画面が表示されるので、追加するアカウントのユーザー名orメールアドレスor電話番号+パスワードを入力して[ログイン]をタップすれば完了です。

1.[ホーム画面左上の三本線(≡)] をタップ後[メニュー右上のアイコン]をタップ

メニュー右上のアイコンをタップ

2.[作成済みのアカウントを使う]をタップ

[作成済みのアカウントを使う]をタップ

3.追加するアカウントの「ユーザー名orメールアドレスor電話番号」と「パスワード」を入力し[ログイン]をタップ

アカウントの追加ログイン画面

これでアカウントの追加は完了です。

こちらの引き継ぎ方法もチェック

『LINE』の引き継ぎ方法

『Instagram』の引き継ぎ方法

『Facebook』の引き継ぎ方法

『TikTok』の引き継ぎ方法

こちらの記事もおすすめ

Twitterにログインできない時の対処法・原因まとめ
Twitter(ツイッター)使い方&便利ツールまとめ 基本から応用まで
Twitter ツイッター

Twitter, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る
Twitterの使い方 まとめ

TAG