• TOP
  • Twitter
  • Twitter、休眠アカウントの削除を保留に 故人のアカウントを配慮

2019年11月26日(現地時間)に米The Vergeをはじめとする海外メディアが報じ、それを受けて国内の各メディアも一斉に報じたいわゆる「休眠アカウントの削除」ですが、Twitter Supportのアカウントが「当面の間、アカウント削除は行わない」旨を連投でツイートしました。

故人のアカウントを保護する機能を検討中

海外メディアによりTwitter社が6ヶ月以上ログインしていないアカウントの所有者に対して、「2019年12月11日までにアカウントにログインしないとアカウントが削除される」という内容の警告メールを送っていると報じられ、Twitter社もこれを認めていましたが「これでは故人のアカウントも削除されてしまう」と懸念の声が多く寄せられていました。

これを受けTwitter Supportのアカウントは上記の状況を説明する内容をツイート。これによると今回の休眠アカウント削除の件で影響があるのは、EU圏内のアカウントのみで、これはEUのプライバシー規定(GDPRなど)に準拠するためとのこと。

この取り組みが故人のアカウントに与える影響についてユーザーからフィードバックをもらい、誤りであったとしています。また故人のアカウントを保護する機能ができるまで、アカウントの削除は行わないとのことです。

現在のポリシーでは、故人のアカウントの削除要請はできるものの、保護など残しておく手段はありません。今回の件により、今後何らかの方法で保護または保存などができる仕組みができる見込みです。

こちらの記事もおすすめ

Twitterアカウントの削除(退会)・消した後に復活する方法【iPhone/Android/PC】 - Appliv TOPICS
30日間ツイートがない場合に自動的にツイートする「保守ったー」が登場! 休眠アカウントの削除防止に - Appliv TOPICS
Twitter

Twitter, Inc.

4.31

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る