Kyashは2月25日(火)より「Kyash Card」の申し込み受付を開始しました。「新しいKyash Card」は、IC搭載によりサインレスでの決済が可能になり、またVISAのタッチ決済(コンタクトレス決済)にも対応します。

本記事では「Kyash Card」の特長や従来の「Kyash」との比較、「Kyash Card」リアルカードの申し込み手順などを紹介します。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash

3.29

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

『Kyash』とは

Kyashのトップページ

出典:Kyash

『Kyash』はクレジットカードまたはデビットカードを登録することで利用できるVisaカードで、Visa加盟店ならオンラインでも実店舗でも利用可能です。クレカや銀行からチャージして利用するのではなく、クレカの橋渡し役のイメージです。

リアルカードとバーチャルカードがあり、従来のリアルカードは審査・本人確認なしで発行でき、バーチャルカードであればメールアドレスと電話番号だけで即発行できます。

一見すると二度手間とも思えますが、『Kyash』を挟むことでポイントの二重取りができる、『Kyash』がGoogle Payに対応しているので、QUICPay非対応のカードをQUICPayで利用できる『Kyash』アプリで決済情報をリアルタイムで確認できるなどのメリットがあります。

「新しいKyash Card」の特長

出典:Kyash

新しい『Kyash』のリアルカードは「Kyash Card」と名付けられました。特長はICチップの搭載タッチ決済(コンタクトレス決済)への対応海外での実店舗決済決済上限額の引き上げの4つです。なお3Dセキュアは非対応です。

ICチップ搭載によりサインレス決済が可能になり、VISAのタッチ決済へも対応と、よりスムーズに決済が行えるようになりました。

また従来のリアルカードでは1回あたりの決済上限が5万円、月あたりの決済上限が12万円だったのが、「Kyash Card」ではそれぞれ30万円と100万円に引き上げられています。

注意点として、「Kyash Card」のGoogle Pay(QUICPay決済)は現時点では非対応で、2020年3月末頃の対応を予定しているとのことです。

従来のリアルカードは「Kyash Card Lite」に名称変更

従来のリアルカードは「Kyash Card Lite」に名称変更し、今後も利用可能です。ただし現在リアルカードを利用している方が「Kyash Card」に切り替えると、カード情報(カード番号・有効期限・セキュリティコード)が変更されます。

なお従来のリアルカードに残っているKyash残高やKyashポイントは、新しいカードに引き継がれます。

Kyashのラインナップ

『Kyash』は今後「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」の3種類で展開されます。それぞれの特徴は以下の通りです。

Kyash Card Kyash CardLite Kyash Card Virtual
ICチップ
(4桁暗証番号)
- -
Visaタッチ決済 - -
Google Pay
(QUICPay決済)
○※1
国内利用 オンライン決済のみ
海外利用 オンライン決済のみ オンライン決済のみ
決済上限/1回 30万円 5万円 3万円
(本人認証なし:5千円)
決済上限/月 100万円 12万円 12万円
(本人認証なし:2万円)
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1% 1%
(2020/4/1より0.5%)
0.5%
還元対象決済上限/月 12万円 12万円 12万円
発行手数料 900円 300円※2 無料
年会費 無料 無料 無料
本人確認書類 必要 不要 不要

「Kyash Card」の申し込み方法

「Kyash Card」は『Kyash』アプリ(バージョン6.0.0以降)から申し込みできます。

1.「アイコン」をタップ

Kyashアプリで「アイコン」をタップする

2.「Kyash Cardを申し込む」>「Kyash Card発行申し込み」と進む

Kyash Card申し込みに進む

3.色を決める

カードの色を決める

4.各種個人情報を入力する

個人情報を入力する

▲アップロードする本人確認書類と現住所が一致している必要があるので注意。

5.「カード所有者氏名の確認に進む」をタップ

カード所有者氏名の確認に進むをタップ

6.名前を入力する

名前を入力

▲従来のリアルカードは「KYASH MEMBER」だったが、Kyash Cardは本名が記載される。

7.PINコードを設定する

PINコードを入力

▲支払い時に入力する暗証番号となる。

8.入力情報を確認して「発行申し込み」をタップして完了

「発行申し込み」をタップして完了

なおこの時点で発行手数料900円が徴収されます。今回はじめて登録する新規の方の場合、発行手数料の支払い方法は後日アナウンスされるとの事です。

▲発行申し込みと同時にカード発行手数料900円が支払われる。

▲『Kyash』アプリ上から発行ステータスを確認できる。

申し込み殺到につき障害発生も

予想を上回る申し込みが発生しているのか、Kyash側でたびたび障害が発生しているようです。筆者が申し込み手続きを行った際も最後の最後でメンテナンス画面が表示され、しばらく経ってから再トライしました。

もし最後まで進めない場合は、落ち着くまで待ってみましょう。

こちらの記事もおすすめ

『au PAY(auペイ)』「毎週10億円」キャンペーンまとめ 注意点・よりお得に使う方法
スマホQRコード決済(Pay・ペイ)キャンペーンまとめ【5月29日更新】