2020年3月28日(土)頃よりスマホ向け決済・送金アプリ『Kyash』での不正利用が複数報告されていましたが、3月30日(月)にKyashより正式に不正使用に関する注意喚起がアナウンスされました。

Kyashは最近の決済履歴の確認や、一時的にオンライン決済をオフにすることなどを促しています。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash

3.29

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

3月28日頃から報告が増える

3月28日(土)頃からTwitterを中心に「Kyashから見に覚えのない決済通知が来た」という主旨の報告が増えており、現在も不正利用と思われる報告が相次いでいます。

また『Kyash』の情報を不正に入手したものの何らかの理由で利用できず、決済失敗の通知が届き発覚するケースもあるようです。

「Kyash」公式からもアナウンス

出典:Kyash

相次ぐ報告を受け3月30日(月)の夜頃、「Kyash」公式サイトでも不正利用に関するアナウンスが掲載されました。

それによると
・ 無作為に作成したカード情報を用いた不正決済(総当たり攻撃)
・ フィッシングサイトなどでのカード情報の不正入手
・ 特定の加盟店からの情報流出

が確認されているとのことで、不正利用を防ぐための方法もいくつか掲載されています。

不正利用を防ぐための設定

『Kyash』には決済を制限する設定がいくつかあります。不正利用が多発している現在、何らかの処置を行った方が良いでしょう。

Kyashカードをロックする

『Kyash』アプリからカードをロックすることで、一時的にKyashを使った決済が行えなくなります。

1.「カードロック」をタップ

2.「ロック」をタップ

3.カードに鍵マークが表示されていれば完了

クレジットカードのリンクを解除する

カードをロックすれば決済できなくなるので安心ですが、念の為に紐づけているクレジットカードのリンクも解除しておいた方が良いでしょう。

1.登録カードをタップ

2.「リンクを解除」をタップ

3.「解除」をタップして完了

なおトップページから「カード情報」>「カード設定」と進み、下部の「オンライン決済」をオフにすることで、オンライン決済のみを無効にする事も可能です。

不正使用された場合の対処

万が一、不正使用されてしまった場合、まずは上記手順でカードをロックししてください。ひとまずそれ以上は不正に利用されることはないはずです。

次に『Kyash』の実際の支払いがクレジットカードから行われているのであれば(自動チャージ)、紐付けしているクレジットカードの発行会社に連絡し事情を報告しましょう。決済されたオンラインストアなどが分かれば、あわせてそちらへも連絡を入れ、その後『Kyash』への報告を行ってください。

銀行ATMやコンビニチャージで『Kyash』を利用している場合はカードをロック後、利用されたストアと『Kyash』へ報告しましょう。

補償について

『Kyash』は物理カードの盗難や紛失については補償しないことを特約内で名言しています。

第5条 盗難等
1.物理カードの盗難、偽造、紛失等その他の事由(以下、まとめて「盗難等」 といいます。)により物理カードが第三者に不正利用された場合、当該不正利用が次項の通知後か否かにかかわらず、ユーザーに損害が生じた場合であっても、弊社は責任を負わないものとし、ユーザーはその物理カードの利用代金についてすべて支払いの責を負うものとします。
2.ユーザーは、物理カードが盗難等にあった場合、速やかにその旨を弊社に通知するものとします。弊社への通知は、改めて文書で届け出ていただく場合があります。
出典元: Kyash Card及びKyash Card Liteに関する特約

ただし不正使用については、下記ページにて"不正使用の疑いのあるクレジットカードやお取引が発見された場合は、すみやかに対応させていただきます。"と記載されており、物理カードの盗難・紛失とは異なるフローであると思われます。

基本的に補填は紐付けしているクレジットカード会社側から行われると思いますが、銀行ATMなどからチャージしている場合でも何らかの救済処置があるかもしれません。

Kyashのカード不正使用に対する取組みについて|Kyash

こちらの記事もおすすめ

『モバイルPASMO』の使い方 登録、入金(チャージ)、定期券の購入方法
POSAカードとは? お得で便利なプリペイドカード メリット、用途、使い方は?