• TOP
  • LINEの使い方
  • LINEアカウントのQRコードを作成・表示する方法 手早く簡単にシェア&保存

コミュニケーションツール『LINE(ライン)』で、友だち追加する方法の1つに「QRコード」があります。アカウントのQRコードを相手に読み取ってもらうことで、検索の手間なく確実に相手を友だち追加可能です。

この記事ではそのQRコードを手早く表示する方法を、画像つきでわかりやすく解説します。iPhone・Android、どちらも手順は同じ。以下では主にiPhoneを使って紹介していきます。

QRコードを作成・表示する方法

1.LINEアプリの [ホーム] 画面右上の四角いアイコンをタップ

検索フォーム横のアイコンをタップ

2. [マイQRコード] をタップ

QRコード読み取り画面になったら、画面下にある [マイQRコード] をタップ。

QRコード読み取り画面

3.QRコードが表示される

LINEアカウントのQRコード

この画面を相手に読み取ってもらえば友だち追加ができます。

シェア・保存ボタン

画面下の真ん中にあるシェアボタン [↑] をタップで、LINE上で友だちやグループ、タイムラインに共有できます。Twitter、Instagram、Gmail、Slackなどにシェアすることも可能。

右の保存ボタン [↓] をタップすれば、QRコードを画像データとしてスマホに保存されます。保存したデータは、名刺やチラシに掲載するなどして活用できます。

注意! 更新ボタンを押すと、古いQRコードが使えなくなる

画面下の左にある更新ボタン(丸い矢印)をタップすると、QRコードが新しいものに刷新されます。すると以前使っていたQRコードは無効となり、使えなくなるので注意してください。

逆に言えば、知られたくない人にQRコードが渡ってしまったときは、更新ボタンを押すことでアカウントがバレるのを防ぐことができます。

QRコードを読み取れなかったときの画面

▲更新後に更新前の古いQRコードを読み取ると、「該当するユーザーが見つかりませんでした。」と表示され、友だち追加ができない。

LINEアプリのアイコン長押しでもっと素早く表示

LINEアプリのQRコードリーダーは、ホーム画面でLINEのアイコンを長押しすると出てくるクイックアクションメニューからも起動できます。

「新規トーク」「コード支払い」などが並んでいる中から、「QRコードリーダー」を選択してください。

手順が少なく済むので、覚えておけばより素早くQRコードを表示できます。

LINEアイコンを長押し

▲左:iPhone、右:Android。

なお、OSが古いバージョンでは利用できない場合があります。長押ししても 「QRコードリーダー」のボタンが見つからない場合は、OSのアップデートを行ってください。

こちらの記事もおすすめ

LINEで電話をかける方法 無料通話の発信・応答のやり方、LINE Outの違いは?
LINEコインの使い方 購入・チャージ方法、使いみち【プレゼントはできない】
LINEの使い方 まとめ

TAG