• TOP
  • LINEの使い方
  • LINEでの告白はアリ! 成功率を最大限に高めるマル秘テクニックを大公開

好きな人に告白したいけど直接は怖い……そんなとき、頭をよぎるのが「LINEでの告白」ではないでしょうか。

しかし、LINEで告白するのはアリなのか、悩む人も少なくないはず。

やり方を間違えると、マイナスな印象を与えかねないので、LINEで告白をするときはポイントを押さえる必要があります。

今回の記事では、LINEで告白する際の成功率を最大限に高めるマル秘テクニックを大公開! 好きな人に想いを伝えるときの参考にしてください。

LINEでの告白はアリ!1番ダメなのは告白しないこと

好きな人に告白する際は、直接会って想いを伝えるのがベスト。何よりも真剣度が伝わりますし、特別なイベントとして捉えている人が多いからです。

その一方、LINEでの告白は軽いイメージを持たれがちで、真剣な想いを伝えるには不利と思われるかもしれません。

しかし、だからといって告白しないのは、1番してはいけないことです。想いを伝えることを諦めてしまえば、付き合える可能性はゼロ。反対に告白をすれば、交際できる可能性は多少なりともアップします。

直接想いを伝える勇気がないのであれば、LINEで告白するのもアリです。誠実に相手と向き合えば、恋愛成就も夢ではありません。

LINEで告白するメリット

「直接告白されたい」という男女が多いのは事実ですが、LINEで告白するメリットも存在します。

それは、緊張することなく想いを伝えられることです。セリフをじっくり考えて送信できるため、直接会ってしどろもどろになることもありません。

自分の思いの丈を綴ったメッセージを送った後はただ待つだけ。直接想いを伝える勇気が出ない人にとってLINEは、告白することの背中を押してくれるツールになります。

LINEで告白するデメリット

LINEで告白する最大のデメリットは、既読無視される可能性があることです。文字だけで想いを送信しても、「冗談かな?」「これってウソ告?」と疑われてしまい、返事をもらえない場合があります。

催促しづらいので、そのままスルーされて終了……なんてこともあり得ます。

また、最悪の場合、告白メッセージをスクショされて、友人やネット上に晒されることも考えられます。面白半分で共有されてしまえば、とてつもなく恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

LINEで告白するタイミングは「夜」がおすすめ

LINEで告白すると決めたなら、メッセージを送るタイミングは「夜」がおすすめ。

一般的に朝は、学校や会社へ行く準備をしたり、一日の予定を確認したりして、面倒なことで頭がいっぱいです。そんな慌ただしい時間に告白されても、多くの人は返事を考えている余裕なんてありません。

お昼の時間帯も、まだまだ忙しく過ごしている人がほとんどです。

しかし、夜になれば学校や仕事も終わり、自宅で一息ついている人が多くなります。リラックスしてスマホをいじっている人も少なくないでしょう。

そのため、LINEで告白するのは時間と心に余裕がある「夜」がベストです。ただし、23時以降になると、寝てしまう人が増えるので要注意。

相手のライフスタイルにもよりますが、できれば20時~23時ぐらいに送るのがベターです。

【LINE告白の流れ】成功率を最大限に高めるマル秘テクニック

LINEで告白するときの成功率を高めるには、いくつかのテクニックが存在します。ポイントをしっかり押さえて、恋愛成就の可能性を最大限に広げてください。

STEP①|定期的にLINEでやり取りを行う

まず、好きな人に告白をする準備段階として、定期的にLINEでやり取りを行うことが大切です。

送る内容は相手への質問や趣味の話など、相手の気を引けそうな話題をチョイスするのがポイント。

一方、「今日のお昼に〇〇を食べたよ」「さっき洗濯物したよ!」などの俺通信や私通信は、相手が「なんて返そう……」と困惑してしまうのでNGです。

2人の距離を順調に縮めるには、相手が返信しやすいようなメッセージを、定期的に送ることを心がけてください。

STEP②|デートを2回~3回しておく

LINEのやり取りで2人の仲を深めつつ、デートを重ねることも、告白を成功に導く秘訣です。直接告白するにしても、LINEで告白するにしても、恋愛を成就させるには、先にデートを2回~3回しておくことがポイント。

1回目のデートを経て、2回目・3回目のデートに進めるということは、脈ありである何よりの証拠となります。

一般的に脈がない相手とは何度もデートをしたいと思うことはないので、恋愛感情に確証は持てなくても、少なからず好意はあるはずです。

LINEでの告白を決めたら、デートに2回・3回と誘い、告白までのステップを着実に踏んできましょう。

STEP③|好意を匂わせる

LINEで告白をする前に、デートやLINEのやり取りで、相手に好意を匂わせておくことも大事です。

人間には、人に好意を向けられると自分も好意を返したくなるという「好意の返報性」と呼ばれる法則があります。

たとえば、人から何かをもらったとき、「お返しをしなくては!」という気持ちになりますよね。これがまさに「好意の返報性」による働きです。

この心理テクニックは恋愛でも活用することができます。相手が好意を返したくなる機会を、少しだけ増やしてみてください。

「〇〇さんと一緒にいると楽しい」「〇〇さんの恋人になれる人は幸せだよね!」などと、好意をさりげなく匂わせていくことがポイントです。

STEP④|相手が脈ありかどうかを見極める

デートを2回・3回と重ねていれば、すでに好意があることは明白。しかし、告白の成功率を最大限に高めるには、相手の好意をより確証に近づける脈ありサインを見極めることが大事です。

相手の脈ありサインを察知するには、下記のような言動からチェックしてみてください。

・会話するときの距離が近い
・最近の恋愛事情について聞いてくる
・些細な変化に気付いて褒めてくれる
・体調を心配してくれる
・相手のLINEに質問系の文章がよく入っている
・相手からデートに誘ってくる
・過去に話した内容を覚えている
・ボディタッチしてくる
・常に笑顔で接してくる

これらに当てはまる項目が多ければ多いほど、相手の脈あり度がグッと高くなります。

LINEで告白するときは、好きな人の脈ありサインを見極めて、気持ちを伝えるタイミングを計ることが成功の秘訣です。

STEP⑤|告白の文章をよく考える

告白の最終ステップに進む前に、LINEで好きな気持ちを伝える文章をよく考えることも大事なポイントです。

たとえば、ただ気持ちが伝えればいいと「好きです!」だけのフレーズを送った場合、「何がだろう……」「本当に自分のこと好きなのかな?」と伝わらなかったり、真剣に受け取ってもらえなかったりする可能性が高くなります。

直接言葉で伝えられない分、相手に気持ちがしっかり届くような文章を送らなければ、告白の成功率は下がってしまうこと間違いありません。

LINEで告白するときは、好きな人のことを考えて、自分の気持ちが伝わるような内容にするのがコツです。

STEP⑥|相手の状況を加味して告白文を送信する

好きな人に送る文章を作成して、誤字もなく内容もバッチリであれば、あとは送信するだけ。しかし、LINEで告白する場合は、送るタイミングも成功率に大きく影響します。

おすすめの時間帯は「夜」と説明しましたが、夜であればいつでもOKというわけではありません。告白でOKをもらうには、相手の状況を加味することが1番のポイント。

相手の体調が悪いときや、仕事で忙しいときに告白をしても、「今それどころじゃない」「この人、空気読めない」と思われてしまい、振られるどころか、嫌われてしまいます。

告白文を送信する前には、好きな人とのデートやLINEなどから、相手の状況を確認しておくことが大事です。

LINEの告白で好きな人に想いが伝わる言葉

LINEで告白する場合は、文字だけで相手に気持ちを伝える必要があるので、慎重に文章を作成しなければなりません。

ここからは、好きな人に想いが伝わるメッセージを、男女別に例文を用いて紹介していきます。

男性が女性に告白するときの例文

〇〇ちゃん。
突然ですが、〇〇ちゃんのことが好きです。
デートで気遣ってくれたり、ときどきお茶目なこと言ってきたりするところに、いつも癒されています。
〇〇ちゃんの笑顔をずっと隣で見ていたいです。
良かったら僕とお付き合いしてください。

男性が女性に告白するときは、具体的なエピソードを添えるとともに、将来を予感させるようなフレーズを入れることがポイント。

「ずっと」「これからも」などの未来を感じさせる言葉は、恋活女子だけでなく、婚活女性にもきっと刺さるはずです。

女性が男性に告白するときの例文

〇〇君。
突然ですが、〇〇君のことが好きです。
仕事に責任感を持って頑張っているところとか、デートをリードしてくれる姿を見て、いつも頼もしいなぁと思っています。
これからも〇〇君のそばにいたいです。
私とお付き合いしてください。

女性が男性に告白するときは、男のプライドをくすぐるようなフレーズを入れるのがポイント。男性誰しも、多かれ少なかれプライドを持っているものです。

「仕事への尊敬」や「頼れる存在」ということを伝えて、彼らの自尊心を満たすことができれば、告白の成功率が上がること間違いありません。

LINEの告白で失敗率を爆上がりさせるNG行動

短すぎる&長すぎる文章

LINEで告白するときは、短すぎる文章も長すぎる文章もNGです。

一言だけの短い文章であれば、「本気なのかな?」と疑われ、長すぎる文章であれば、「結局何が言いたいんだ?」と返って気持ちが伝わりにくくなります

とくにLINEを開いた瞬間、一画面に収まりきらないほどの長い文章を目にすれば、ドン引きされる可能性大。くれぐれも気をつけてください。

絵文字やスタンプをたくさん入れる

告白という真面目なシチュエーションのときに、絵文字やスタンプをたくさん入れてしまうと、真剣な思いが伝わりづらくなります。

少しでも冗談ぽいニュアンスが含まれてしまうと、相手側が返信に困ってしまうかもしれません。

告白は2人が恋人同士になり、思い出に残る可能性が高い重大イベントです。絵文字やスタンプの乱用は控えて、不真面目な印象を与えないように注意してください。

返事を催促する

LINEで告白をした場合、返事を待っている時間はドキドキものです。しかし、なかなか既読にならなかったり、返事がこなかったりしてモヤモヤする場合もあるかもしれません。

そんなときに「読んでくれた?」「返事はどうですか?」などと、返事を催促したくなりますが、相手に答えを急かすことはNG。

自己中な人と思われてしまい、そのまま既読スルーをされてしまう恐れがあります。

相手が忙しくて返信できないこともありますので、数日間はじっと返信を待つことが大事です。

LINEでの告白で保留にされたときのベストな対応

勇気を出して告白しても、すぐに返事をもらえない場合もあります。そのときの対応によっては、せっかくのチャンスを逃してしまいかねません。

ここでは、告白を保留にされたときにOKの返事をもらいやすくする、ベストな対応方法を紹介していきます。

顔を合わせる場合は今まで通りに接する

告白の保留期間中も学校や職場などで相手と顔を合わせる場合は、今まで通りに接することが大事です。

相手側は、自分が保留にしたことに多少なりとも罪悪感を持っていて、どう接していいかわかなくなっている場合が多いです。

そのため、今までと変わらない態度で接することは、相手にとっての優しさでもあります。

気まずい雰囲気にならないように対応してくれるあなたに、感謝の念を抱き、好意を寄せてくれるかもしれません。

LINEはなるべく控える

告白を保留にされている期間中も、好きな人に連絡を入れたくなりますが、これはNG行動です。

返事待ちの状態はあなたも辛いですが、告白を受けた側も心に余裕がなく悩んでいるかもしれません。

そのような状態の中、普段通りに告白相手からLINEがきた場合は、返信に困ってしまいます。

相手の負担を増やさないためにも、保留期間中はできるだけ連絡を控えることをおすすめします。

ただし、地震が起きたり風邪などが流行ったりしているときは、心配するような連絡を入れると、好感度アップを狙えます。

積極的なLINEは控えつつも、タイミングを見極めて連絡をするのはアリです。

1ヵ月以上保留にされた場合は食事に誘う

保留の状態が1ヵ月以上も続く場合は、一度食事に誘ってみるのがおすすめです。

返事待ちの期間が長いということは、あなたの情報が足りておらず、相手の心の整理が追いついていない可能性大。

相手に決断してもらうためには、このままの状態を放置せずに、行動に移すことが大事です。

食事に誘うときは、返事を催促するような誘い方はせずに、「まだ返事は大丈夫なんだけど、今度気軽にランチでもいかない?」と聞いてみるのがポイント。

相手の心の整理をお手伝いするような気持ちで、気軽に誘ってみてください。

LINEで告白して振られた後のベストな対応

勇気を出して告白したものの、振られてしまう場合もあります。ここで逆恨みをするような対応は絶対NGです。

逆転のチャンスを手に入れるためにも、振られた後は、相手に好印象を残せるような対応を心がけてください。

お礼を伝える

相手から断りのメッセージが送られてきたときは、文句を言うことなく感謝の気持ちを伝えてください。

「返事をくれてありがとう」「考えてくれてありがとう」と、相手が返答してくれたことに対して、お礼を伝えるのがポイントです。

ここで誠実な対応がとれれば、相手側も「傷ついているのに自分を配慮してくれた」という気持ちになり、好印象を残せるはずです。

その後自分からは連絡しない

振られた後も、すぐに気持ちを吹っ切ることは難しいため、好きな人に連絡をしたくなるものです。

しかし、自分から連絡することは控えてください。振られたにも関わらず、こちらから何度も連絡してしまえば、「この人しつこい...」と迷惑がられてしまいます。

最悪の場合、ストーカー認定される可能性もあるので、必要な要件がない限り連絡をするのは控えてください。

LINE告白を成功に導く最大の秘訣は脈ありサイン!

LINEでの告白を成功に導くには、相手の脈ありサインを受け取ることが最大のポイントです。

好きな人と会話しているときや、デート中の言動を注意深く観察してみてください。

相手からの脈ありサインがいくつも出ている場合は、告白の成功率はかなり高め。

気持ちを伝えるタイミングをしっかり見極めて、恋のチャンスをつかみ取りましょう。

こちらの記事もおすすめ

運命の出会いを偶然でなく必然にするためのプロフィール作り。
出会いがないと嘆くあなたが、最適なパートナーを見つけるためにするべきたったひとつのこと。
LINEの使い方 まとめ

TAG