『Kindle Unlimited』は更新日に定額料金が支払われるサブスクリプションサービスとなっており、解約は自動更新を止めるだけなので簡単にできます。

本記事では『Kindle Unlimited』を解約(退会)する方法を解説しながら、解約すべきタイミングや注意点について触れていきます。解約後、ダウンロード済みの本は利用期間終了後読めなくなってしまうので注意しましょう。

CHECK!!
Amazonギフトカード訴求

Amazonでのお買い物は、Amazonチャージを使うのがおすすめ!

ワンクッション挟むだけで最大2.5%のAmazonポイントが還元されるので、ぜひ活用してみてください!

『Kindle Unlimited』解約時の注意点

まさに今『Kindle Unlimited』を解約しようとしている人は、まず以下の注意点を確認してから行うようにしましょう。

解約後ダウンロードした本は自動返却される

『Kindle Unlimited』の読み放題サービスでダウンロードした本は、解約して利用期限が切れると自動返却されて読めなくなります。

もしまだ読み切れていない本があれば、なるべく読み切るようにしましょう。

利用期限が切れて自動減却された書籍

▲解約後利用期限が切れた書籍は「Personal letter」という表記に変わり、読めなくなってしまう。

閲覧履歴は残り、削除できない

『Kindle Unlimited』で読んだ本の履歴は解約後も残り続け、以前読了したことのある作品のページでは利用終了済みと記載されます。

解約後に[カテゴリー]→[Kindle本]→[Kindle Unlimited]→[Kindle Unlimitedマイブック]と順番にアクセスすると、履歴の確認が可能です。

この閲覧履歴は消すことができないので、見られたくない書籍がある場合には解約後もアカウント管理を徹底しましょう。利用できる期間中に適当な書籍をダウンロードして、見せたくない作品を下の方に追いやってしまうのも手です。

会員登録情報の画面

▲『Kindle Unlimited』のマイページの閲覧履歴の画像。[削除]はできず、解約後も「Kindle Unlimited マイブック」で残り続ける。

解約すべきタイミング

サービスによっては決められた期間で解約をしなければいけなかったり、解約する手続きに時間が取られてしまうこともあります。

その点で言えば『Kindle Unlimited』は定額制で追加料金などはないため、すぐに辞めたり再開したりできるのは非常にありがたいです。

とはいえ解約のタイミングはなかな決めにくいと思うので、以下に個人的な意見も交えながらいつ解約すればいいのかを解説していきます。

いつ解約しても次の更新日までは利用できる

大前提として、『Kindle Unlimited』はいつ解約しても次のステータス更新日までは利用できます。

そのため来月以降は解約すると決めているなら、忘れないうちに早い段階で解約しましょう。システム的に解約のキャンセル(利用継続)も簡単なので、筆者としては解約を決めたその日から解約してしまってもいいと思います。

無料体験は期間終了の翌日から料金発生

現在『Kindle Unlimited』を無料体験で利用している人は、期間終了後翌日から自動で有料になってしまうので注意が必要です。

もし「無料体験だけにしよう」と考えているなら、無料体験の登録と同時に解約してしまうというのも手です。解約しても、無料体験中は問題なくサービスを楽しめます。

更新日は人によって違う

『Kindle Unlimited』はいつでも登録でき、すぐにサービスを始められるシステムとなっています。無料体験から始めた場合の更新日は「無料体験期間終了後翌日」の日付です。

過去に無料体験をしてから改めて始めた人などはまた変わってきますし、入会したタイミングで更新日は異なってくるので更新日は必ず確認して把握するようにしましょう。

次の見出しでは更新日の確認方法について解説しているので、わからない人は参考にしてみてください。

入会日と更新日の情報

▲会員登録情報から、更新日の日程を確認できる。

更新日の確認方法

スマホ版

Amazonのホームページからも開けますが、URLを使用したほうが早いので下記リンクにアクセスしてから進んでください。

Kindle Unlimited

1.[マイページ]をタップし、出てくるページから更新日を確認

画像左側赤枠内の、青文字で表示されているのが更新日です。

無料体験をしてから利用を継続している場合、入会日と更新日が異なっていることがあるので注意しましょう。

[マイページ]をタップし、更新日を確認。

PC(ブラウザ)版

Amazonのホームページからも開けますが、URLを使用したほうが早いので下記リンクにアクセスしてから進んでください。

Kindle Unlimited

1.[マイページ]を左クリック

[マイページ]を左クリック

2.赤枠で囲った部分を確認

画像左側赤枠内の、青文字で表示されているのが更新日です。

無料体験をしてから利用を継続している場合、入会日と更新日が異なっていることがあるので注意しましょう。

「入会日」の項目を確認

『Kindle Unlimited』の解約方法

スマホ版

Amazonのホームページからも開けますが、URLを使用したほうが早いので下記リンクにアクセスしてから進んでください。

Kindle Unlimited

1.[マイページ]をタップ

[マイページ]をタップ

2.[Kindle Unlimited会員登録をキャンセル]をタップ

[Kindle Unlimited会員登録をキャンセル]をタップ

3.[メンバーシップを終了する]をタップして解約完了

[メンバーシップを終了する]をタップして解約完了

解約後、更新日を確認すると更新日が赤文字で表示され、「現在利用中の本は、期限が切れた後自動的に利用終了となります」の文言に変化します。

解約後の会員登録画面

PC(ブラウザ)版

Amazonのホームページからも開けますが、URLを使用したほうが早いので下記リンクにアクセスしてから進んでください。

Kindle Unlimited

1.[マイページ]を左クリック

[マイページ]を左クリック

2.[Kindle Unlimited会員登録をキャンセル]を左クリック

[Kindle Unlimited会員登録をキャンセル]を左クリック

3.[メンバーシップを終了する]を左クリックして完了

[メンバーシップを終了する]を左クリック

4.解約完了画面が表示されたら解約完了

解約完了画面

解約後、更新日を確認すると更新日が赤文字で表示され、「現在利用中の本は、期限が切れた後自動的に利用終了となります」の文言に変化します。

解約後の更新日確認

解約をキャンセルする方法

解約したけど、やっぱり利用を継続したい。うっかり解約をしてしまったので元に戻したい。そういった時のために解約キャンセル(再登録)の方法を解説します。

スマホ版

[マイページ]をタップし、[Kindle Unlimited 会員登録を継続]をタップして完了

Kindle Unlimited
[マイページ]をタップし、[Kindle Unlimited 会員登録を継続]をタップして完了

PC(ブラウザ)版

1.Kindle Unlimitedの画面を開き、[マイページ]を左クリック

Kindle Unlimited
[マイページ]を左クリック

2.[Kindle Unlimited 会員登録を継続]を左クリックして完了

[Kindle Unlimited 会員登録を継続]を左クリックして完了

解約後のおすすめサービスは?

実はオールジャンルの書籍が読み放題のサービスは、あまり多くありません。『Kindle Unlimited』と比較ができる読み放題サービスは『ebookjapan』、『ブックパス』くらいです。

読み放題ではなくポイントなどの面で別の電子書籍サービスを利用したい、漫画に絞った読み放題サービスを探したいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

電子書籍サービスについて詳しくはこちら

電子書籍サービスおすすめ12社比較・タイプ分類 自分にあったストアの選び方

漫画読み放題サービスに付いて詳しくはこちら

完全無料・読み放題マンガサービス6選。1話から最新話まで全作品イッキ読み

サブスクリプションサービスの解約は見極めが大事

定額でサービスを受けられるサブスクリプションは便利です。しかし実はあまり使っておらず無駄な出費をしていたり、逆に料金分以上の利用はしていたのに解約して損をしたりと、サービスを続けるか辞めるかの判断は難しかったりします。

『Kindle Unlimited』は月額980円となっており、小説一冊の単価はだいたい700~800円くらいです。読了後手元に残らない、期限が切れると読めなくなるというデメリットを考慮しても月に3冊以上サックリと読めてしまうなら元は取れると言えるでしょう。

解約する前に、本当にそのサービスは要らないのかを一度考えてみましょう。

こちらの記事もおすすめ

無料あり! Kindleの電子書籍セールまとめ マンガなどがお得に(12/4更新)
Kindle「まとめ買い」のやり方・メリット マンガ・コミックは安くなる?