定額制音楽ストリーミングサービス『AWA』は、2020年12月21日よりライブエンタテインメント業界に向けたチャリティキャンペーンを実施しました。

コロナ禍の辛い状況下において私達を支えてくれた「音楽」へ改めて想いを馳せることで、ライブエンタメ業界が受けた甚大なダメージの風化防止、継続的な支援の促進を目的としています。

「2020年のわたしを支えてくれた曲」をTwitter上で投稿すると、1人当たり100円がAWAからライブエンタメ業界に寄付されます。

キャンペーン期間:2020年12月21日〜2020年12月31日

音楽アプリ AWA

AWA Co. Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

キャンペーン詳細

今回実施されるチャリティキャンペーンは、毎年開催されるその年によく聴いた楽曲を振り返る企画「GET YOUR TRENDS」の一環として行われます。

「#2020のわたしを支えてくれた曲」のハッシュタグと一緒に、キャンペーンページにて表示されるよく聴いた楽曲の結果をTwitterに投稿。

1人につき100円がAWAより、日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会の音楽業界3団体が運営する基金「Music Cross Aid」へ寄付されます。

キャンペーン期間:2020年12月21日〜2020年12月31日

GET YOUR TRENDS 2020

キャンペーン詳細はこちら

「GET YOUR TRENDS 2020」キャンペーンページ

応援方法

1.「GET YOUR TRENDS 2020」で1年を振り返る。
※あなたが聴いた音楽を解析してトレンドを見る為、2019/11/1〜2020/10/31の期間にAWAに登録している必要があります。

2.ハッシュタグ「#2020のわたしを支えてくれた曲」をつけて結果をツイート。
※指定ハッシュタグ「#2020のわたしを支えてくれた曲」を削除すると、寄付キャンペーンとみなされないので注意。

上記の手順が完了すると、Twitterに投稿したユーザー数✕100円が、音楽業界3団体 (日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会)が運営する「Music Cross Aid」基金へ寄付されます。

Music Cross Aid ホームページ画像

Music Cross Aid HP画像。

寄付先のMusic Cross Aidの詳細はこちら

「Music Cross Aid」詳細

今年聴いた曲を投稿してアーティストをサポート!

今年は新型コロナウイルスによりライブができなかったり、小さなライブハウスが閉店したりとライブエンタメ業界は大きな打撃を受けました。

皆さんの生活を豊かにしてくれるアーティストやスタッフたちが、今後も活動していけるよう、ぜひ今回のキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ

【2021年】動画配信サービスおすすめ15社比較・ランキング 人気アニメ・映画・ドラマ見放題
「米津玄師」を配信中の音楽サブスクおすすめ6社 無料で聴く方法は?
音楽アプリ AWA

AWA Co. Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る