• TOP
  • 格安SIM
  • 『ahamo(アハモ)』にデメリットはある? 料金・サービス比較、対応機種など

今回は『ahamo(アハモ)』のメリット・デメリットを中心に、他サービスとの比較や申し込み方法などを解説します。

スマホ料金を安くしたい人、安くて高品質なプランを探している人は、この記事を参考に『ahamo』の魅力を再確認しましょう。

ahamoとは? 特徴・料金をおさらいしよう

まずは『ahamo』の料金・サービス内容を振り返ります。

■ahamoの料金・サービス内容

ahamo
月額料金(税込) 2,970円
データ容量(月) 20GB
通話料金(税込) 通話30秒あたり22円
サービス内容 ・国内通話5分間無料
・海外ローミング20GBまで無料

※機種代⾦は別途かかります
※「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります

『ahamo』の特徴は次の通りです。

■ahamoの特徴
・オンラインでのみ申し込みが可能
・月額2,970円で格安
・4G/5Gに対応した高速通信
・データ容量は月20GB
・国内通話が5分間無料
・海外ローミングが20GBまで無料

『ahamo』は格安SIM並の料金設定でありながら、大手キャリアレベルの通信クオリティでネットを利用できます。

毎月20GBまでデータ通信が使えるので、動画やSNSをたっぷり使えるのも魅力です。

その他にも、国内通話が5分間無料、海外ローミングが20GBまで無料など、無料サービスも多く備わっています。

ドコモとahamoは何が違う?

ドコモと『ahamo』の違いを下記の表にまとめました。

■ドコモとahamoの違い

ahamo ドコモ
料金プラン 月20GBのシンプルな料金プラン 多様な料金サービス
サービス デジタルネイティブ世代に合わせたオンライン特化のサービス 各世代に合わせた柔軟なサービス
店舗 ahamo専門の店舗はなし 全国に店舗を展開
サポート サポートはオンラインが基本 対面から電話などサポートが充実

※機種代⾦は別途かかります

通常料金で比べると、ドコモのギガホプランと『ahamo』では倍以上の差があります。ドコモは料金が高い分、家族割引やドコモ光セット割なども充実しているのが特徴です。

『ahamo』は割引サービスも実施していない代わりに、通常料金が安く設定されています。

さらに、国内通話5分間無料や海外ローミングが20GBまで無料といった、ドコモにも劣らないサービスを揃えています。

ギガホプレミアとahamoの料金・サービス比較

ギガホプレミアと『ahamo』を比較した結果は下記の通りです。

■ギガホプレミアとahamoの料金・サービス比較

ahamo ギガホプレミア
月額料金(税込) 2,970円 7,205円
2年間使った合計(税込) 71,280円 172,920円(7,205円×24ヶ月)
データ容量(月) 20GB 60GB
通話料金(税込) 通話30秒あたり22円
サービス内容 ・国内通話5分間無料
・海外ローミング20GBまで無料
・60GBまでテザリングが使える
・割引が充実
・3GB以下の場合は5,555円(税込)に

※機種代⾦は別途かかります
※「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります

ドコモの料金プランは1GBの小容量から大容量まで、さまざまなニーズに合わせて展開しています。全国に店舗を展開しているので、スマホ初心者でも安心して相談できるサポート体制も魅力です。

一方で、『ahamo』はドコモとは対象的にシンプルな料金プランを提供。申し込みもオンラインのみで、デジタルネイティブ世代に特化したサービスです。

ahamoと他社プランの料金・サービス比較

次は『ahamo』と他社プランの料金・サービス比較してみましょう。

■ahamoと他社プランの料金・サービス比較

ahamo LINEMO povo
月額料金(税込) 2,970円 2,728円
2年間使った合計(税込) 71,280円 65,472円
データ容量(月) 20GB
通話料金(税込) 通話30秒あたり22円
サービス内容 ・国内通話5分間無料
・海外ローミング20GBまで無料
・LINEがギガフリーで利用できる
・eSIM対応可
・充実したオプション
・eSIM対応可(※)

※auからpovoへ変更した方はeSIMを利用できません
※機種代⾦は別途かかります
※「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります

同時期に始まった他社プランと比較すると、『ahamo』は料金が高めに設定されています。さらに、『ahamo』ではSIMカード不要でネットが使えるeSIMが未対応です。

その代わりに、国内通話5分間無料など『ahamo』独自のサービスを展開しているので、頻繁に通話をする方にもおすすめとなっています。

eSIMとは 日本と海外で使える? 対応端末・キャリアや楽天・IIJmioのプランを比較

ahamoとMVNO3社の料金・サービスを比較

次は『ahamo』と主要MVNO3社の料金・サービスを比較しました。

■ahamoと主要MVNO3社の料金・サービスを比較

ahamo BIGLOBE mobile IIJmio mineo
月額料金(税込) 2,970円 5,720円 2,068円 2,178円
2年間使った合計(税込) 71,280円 137,280円 49,632円 52,272円
データ容量(月) 20GB
通話料金(税込) 通話30秒あたり22円
サービス内容 ・国内通話5分間無料
・海外ローミング20GBまで無料
・多様な通話オプション
・エンタメフリー・オプションを提供
・割引が充実
・eSIM(データ通信のみ)に対応
・幅広いプランを用意
・データ容量は繰り越し可能
・「マイネ王」というコミュニティーサービスを提供
・利用者同士でデータ容量を分け合える

※機種代⾦は別途かかります
※「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります

『ahamo』のメリットをまとめました。

■ahamoのメリット
・オンラインで手軽に契約できる
・高品質な4G/5G通信に対応
・データ容量超過後も1Mbpsで通信できる
・国内通話が5分間無料
・海外ローミングは20GBまで無料で利用可能
・契約期間の縛りなし
・dアカウント/dポイントが継承できる

各メリットの具体的な内容は下記の項目で解説します。

ahamoの7つのメリット

主要MVNOの中には、『ahamo』よりも低価格で毎月20GB使える会社も多くあります。さらに、独自のサービスも展開しているので、利用者に適したMVNOを選びやすいのが魅力です。その代わり、MVNOの通信クオリティは少し低く、時間帯で不安定になりやすいです。

一方で、『ahamo』は通信クオリティは大手キャリアと同等である上に、5G回線にも対応しています。安定した高速通信を利用できるので、格安で通信品質にもこだわりたい人には、『ahamo』がおすすめです。

オンラインで手軽に契約できる

『ahamo』はオンラインでのみ申し込みができます。店舗とは違い24時間受け付けなので、いつでもスマホから契約ができる手軽さが魅力です。さらに、必要なオプションを自分で選べるので、無駄なものをつける心配もありません。

高品質な4G/5G通信に対応

『ahamo』は大手キャリアのように、高品質な4G/5G通信にも対応しています。大手キャリアに近い使い心地で通信を楽しめるので、ドコモやソフトバンク、auを使っていた人も安心して乗り換えられるのもメリットです。

データ容量超過後も1Mbpsで通信できる

20GBのデータ容量超過後は1Mbpsで通信ができます。動画コンテンツを快適に視聴するのは難しいですが、SNSやWEB検索などは問題なくできる速度です。月末もストレスなく通信を楽しみたいニーズに応えたサービス内容となっています。

国内通話が5分間無料

『ahamo』なら5分間は通話料金を気にせずに電話をかけられます。その他にも『ahamo』では、月額1,100円でかけ放題オプションも用意しているので、通話が多い人にも嬉しいサービスとなっています。

契約期間の縛りなし

『ahamo』は契約期間の縛りがないので、いつでも解約・乗り換えができます。実際に使ってみて自分に合わなかったら自由に解約できるのもahamoのメリットです。

海外ローミングは20GBまで無料で利用可能

申し込み不要で海外ローミングが20GBまで無料で利用できます。海外82の国・地域でデータ通信が使えるので、海外によく行く人にもおすすめです。

dアカウント/dポイントが継承できる

ドコモで使っていたdアカウント/dポイントは、『ahamo』に乗り換えても手続きを経れば継承できます。なので、これまで貯まっていたポイントを全て使い切ったり、新しいdアカウントを作ったりする必要はありません。

ahamoの6つのデメリット

『ahamo』のデメリットを下記にまとめました。

■ahamoのデメリット
・割引が適用されない
・海外ローミングが制限される
・データ容量は繰り越しできない
・キャリアメールが使えない
・eSIM未対応
・ドコモから引き継げないサービスがある

各デメリットの具体的な内容は次の項目で解説します。

割引が適用されない

『ahamo』はドコモで使えた割引が適用されていませんが、その分低価格で提供されています。なので、大手キャリアからahamoに乗り換えるだけで、通信費を大きく削減できるでしょう。

海外ローミングが制限される

15日を超える長期滞在の場合、海外ローミングが制限されます。その場合の通信速度は最大128kbpsになるので、通信は困難になるでしょう。2週間以上の長期滞在を予定しているなら、ahamoの海外ローミングよりも現地のSIMカードを購入するのがおすすめです。

データ容量は繰り越しできない

『ahamo』はデータ容量の繰り越しができないので、無駄なく通信したい人はその月で20GBを使い切りましょう。また、データチャージ分も繰り越しできず、翌月にはリセットされるので要注意です。

キャリアメールが使えない

『ahamo』に乗り換えると、大手キャリアで使えていたキャリアメールが使えなくなります。キャリアメールを使っている人は乗り換え前にフリーメールへの移行を進めておきましょう。

eSIM未対応

同時期に始まったLINEMOやpovoはeSIM対応である一方、ahamoはまだ未対応です。申し込めるのはSIMカードのみなので、発送を含め、通信ができるまでに時間がかかります。eSIMを使ってすぐに通信をしたい人は要注意です。

ドコモから引き継げないサービスがある

ドコモから引き継げないサービスは下記の通りです。

■ドコモから引き継げないサービス
・spモード全般
・あんしん遠隔サポート
・音声入力メール
・ケータイお探しサービス
・留守番電話サービス
・転送でんわサービス
・国際着信転送サービス
など

この他にもドコモ独自のサービスで引き継げないものは数多くあります。サービス以外にも特典や割引なども使えなくなるものが多いです。

ドコモからahamoに乗り換える際は、現在何のサービスを使っているのか確認してから検討しましょう。

ahamoの対応機種は?

『ahamo』の対応機種をまとめました。

■iPhoneの対応機種一覧
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11
・iPhone XS Max
・iPhone XS
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8 Plus
・iPhone 8
・iPhone 7 Plus
・iPhone 7
・iPhone 6s Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone SE(第1世代)

■Androidの対応機種一覧
・arrows NX9 F-52A
・arrows 5G F-51A
・arrows Be4 F-41A
・arrows Be3 F-02L
・arrows Be F-04K
・arrows NX F-01K
・arrows NX F-01J
・LG VELVET L-52A
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
・LG style3 L-41A
・LG style2 L-01L
・LG style L-03K
・V30+ L-01K
・Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B
・Galaxy S21 5G SC-51B
・Galaxy A51 5G SC-54A
・Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・Galaxy S20 5G SC-51A
・Galaxy A21 SC-42A
・Galaxy A41 SC-41A
・Galaxy A20 SC-02M
・Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition  SC-01M
・Galaxy Note10+ SC-01M
・Galaxy S10+ Olympic Edition SC-05L
・Galaxy S10+ SC-04L
・Galaxy S10 SC-03L
・Galaxy Feel2 SC-02L
・Galaxy Note9 SC-01L
・Galaxy S9+ SC-03K
・Galaxy S9 SC-02K
・Galaxy Note8 SC-01K
・Galaxy S8+ SC-03J
・Galaxy S8 SC-02J
・AQUOS sense5G SH-53A
・AQUOS R5G SH-51A
・AQUOS sense4 SH-41A
・AQUOS sense3 SH-02M
・AQUOS zero2 SH-01M
・AQUOS R3 SH-04L
・AQUOS sense2 SH-01L
・AQUOS R2 SH-03K
・AQUOS sense SH-01K
・AQUOS R SH-03J
・Xperia 5 II SO-52A
・Xperia 1 II SO-51A
・Xperia 10 II SO-41A
・Xperia 5 SO-01M
・Xperia 1 SO-03L
・Xperia Ace SO-02L
・Xperia XZ3 SO-01L
・Xperia XZ2 Compact SO-05K
・Xperia XZ2 Premium SO-04K
・Xperia XZ2 SO-03K
・Xperia XZ1 Compact SO-02K
・Xperia XZ1 SO-01K
・Xperia XZ Premium SO-04J
・Xperia XZs SO-03J
・Xperia X Compact SO-02J
・Xperia XZ SO-01J
・Xperia X Performance SO-04H
・Xperia Z5 Premium SO-03H
・Xperia Z5 Compact SO-02H
・Xperia Z5 SO-01H
・Xperia A4 SO-04G
・Xperia Z4 SO-03G
・Xperia(TM) Z3 Compact SO-02G
・Xperia Z3 SO-01G
・Xperia Z2 SO-03F
・HUAWEI P30 Pro HW-02L
・HUAWEI P20 Pro HW-01K
・Google Pixel 3a
・Google Pixel 3XL
・Google Pixel 3
など

iPhoneは6シリーズ以降の端末は『ahamo』でも使えます。Androidも同様に現在手に入る端末のほとんどが対応済みです。

端末を引き継ぐ人や中古で購入予定の人は上記を参考に端末を選んでください。また、5G回線を利用したい人は5G対応のスマホを使いましょう。

ahamoはこんな人におすすめ

『ahamo』は下記のような人におすすめです。

■ahamoはこんな人におすすめ
・低価格で高品質なプランを探している人
・オンラインで手軽に契約したい人
・通話が多い人
・毎月たっぷりネットを使いたい人

MVNOのように料金プランが多かったり、通信が不安定だったりという懸念点が少ないので、安心して使えます。

さらに国内通話が5分間無料など通話サービスも充実しているので、通話が多い人にもおすすめです。デジタル・ネイティブ世代に合わせた、オンライン特化のサービスなので気になる人は『ahamo』を検討してみてください。

ahamoの申し込み方法

『ahamo』の申し込み方法を画像込みでまとめました。

■ahamoの申し込み方法(MNP)
①ahamo公式サイトの申し込み画面から契約形態などを選択
②dアカウントを作成
③MNP予約番号を入力
④本人確認や支払い方法、お客様情報を入力
⑤SIMカードの受取日を決めて申し込み完了

画像込みで手順を詳しく解説します。

①ahamo公式サイトの申し込み画面から契約形態などを選択

契約形態などを選択

まずは『ahamo』の公式サイトから申し込み画面に移りましょう。新規契約やMNPなど契約形態を選択して次の手続きに進みます。

②dアカウントを作成

dアカウントを作成

dアカウントがない場合は、このステップで作成することになります。dアカウントを持っている方は、ログインして次に進みましょう。

③MNP予約番号を入力

MNP予約番号を入力

MNP予約番号を入力します。乗り換えを考えている方は、事前に使っている会社のMNP予約番号を取得しておきましょう。

④本人確認や支払い方法、お客様情報を入力

本人確認や支払い方法、お客様情報を入力

次に本人確認や支払い方法を選択します。本人確認書類は顔写真入りが望ましいです。国民健康保険証などを使う場合は、「公共料金領収書」や「住民票」など補助書類が必要になります。

また、支払い方法は「クレジットカード」か「銀行口座振替」が選べます。

⑤SIMカードの受取日を決めて申し込み完了

SIMカードの受取日を決めて申し込み完了

最後にSIMカードの受取日を決めて申し込み完了です。終了後は登録したメールアドレスに完了メールが届きます。今後の手続きに必要な「受付番号」などが記載されているので、大切に保管しましょう。

ahamoのSIM設定手順

『ahamo』のSIM設定手順を下記にまとめました。

■SIMの設定手順 到着から開通まで(MNP)
①ahamoのマイページにログイン
②開通手続きを行う
③開通手続き後にスマホを再起動して終了

具体的な方法を画像込みで紹介します。

①ahamoのマイページにログイン

ahamoのマイページにログイン

まずは『ahamo』のマイページにログインしましょう。ログインの際は、「受付番号でログイン」を選んでください。

②開通手続きを行う

開通手続きを行う

「切り替え(開通)手続き」を選択すれば、数秒で開通処理が完了します。MNPの受け付けはおおむね午前9時から午後8時ごろです。受付時間外の場合はエラーになるので注意しましょう。

③開通手続き後にスマホを再起動して終了

開通手続き後にスマホを再起動をして終了

開通手続きが終了したのを確認したら、最後にスマホを再起動させます。再起動が完了したら、次はSIMカードの設定に移りましょう。

次はAPN設定までをまとめました。

■SIMの設定手順 APN設定まで(MNP)
①「設定」から「ネットワークとインターネット」を選択
②「モバイルネットワーク」の「アクセスポイント名」をタップ
③「sp-mode」というAPNプロファイルを選択して終了
※Google Pixel 4aの場合

具体的な手順を画像込みで解説します。

①「設定」から「ネットワークとインターネット」を選択

「設定」から「ネットワークとインターネット」を選択

まずは設定画面から「ネットワークとインターネット」を選択しましょう。

②「モバイルネットワーク」の「アクセスポイント名」をタップ

「モバイルネットワーク」の「アクセスポイント名」をタップ

次に「モバイルネットワーク」から「アクセスポイント名」をタップすれば、各社のAPNが表示されます。

③「sp-mode」というAPNプロファイルを選択して終了

「sp-mode」というAPNプロファイルを選択

『ahamo』で通信を行うなら、「sp-mode」を選んでください。ない場合は、「新しいAPNを追加」から、APNに「spmode.ne.jp」を打ち込んで保存すれば、ドコモ回線が利用できます。

モバイル通信の表示の横に「4G」などが出ていれば、問題なく通信ができています。

もしもうまく通信できない場合は、APNを初期設定にリセットする、もしくは「リセットオプション」から「ネットワーク設定のリセット」を実行してみましょう。

メリット・デメリットを理解してahamoを使おう!

今回解説した内容をまとめました。

■まとめ
・ahamoは低価格で大手キャリア並の通信クオリティ
・オンラインで手軽に申し込み可能
・国内通話が5分間無料などサービスが充実
・割引がなかったり、eSIMに未対応であったりなどのデメリットもある
・対応機種が多くさまざまな人におすすめ

『ahamo』は安さ、快適さ、手軽さを兼ね備えたドコモの新プランです。割引がなかったり、eSIMに未対応であったりなどデメリットはありますが、それを上回るメリットがあります。

特に国内通話5分間無料は同時期にスタートしたLINEMOやpovoにもないサービスです。安くて高品質な通信を利用したい、かつ頻繁に通話をする人は、ぜひ『ahamo』を使ってみてください。

こちらの記事もおすすめ

格安SIM「カウントフリー」プラン6社比較 使い放題のアプリ、料金、注意点
格安SIM(MVNO)25社で1番安いプランを徹底調査 料金比較&ランキング