• TOP
  • ドラマ
  • ネタバレ・考察あり!「インビジブル」のあらすじを1話から最終話まで紹介

2022年春の新ドラマ「インビジブル」は、4月15日より毎週金曜日・22時00分から、TBS系列で放送中。

刑事と犯罪コーディネーターが手を組んで事件に挑む、犯罪エンターテインメントです。高橋一生と柴咲コウが演じる異色のバディが本作の見どころといえます。

今回は、ドラマ「インビジブル」のあらすじ・ネタバレを1話から最終話までまとめています。各話の伏線や謎についても考察しているので、作品を隅々まで楽しみたい人は参考にどうぞ!

作品名や俳優名などから検索!
無料ドラマ動画まとめ

ドラマを無料で読む方法を知りたい方はこちら

全話無料!ドラマ『先生のおとりよせ』見逃し動画を観られる配信サイトまとめ アマプラ・ネトフリで視聴できる?

「インビジブル」のあらすじ・ネタバレ

「インビジブル」全話のあらすじ・ネタバレをまとめています。
※タップしたらネタバレが表示されるので注意してください!

第1話「無骨刑事×女犯罪者 異色バディ誕生!史上最悪の凶悪犯に迫る!渋谷大爆破」

第1話あらすじ・ネタバレ

渋谷の駅前広場で、多数の負傷者が出る爆発事件が発生した。警視庁刑事部特命捜査対策班の警部補・志村貴文(高橋一生)が応援を待つ中、街頭ビジョンには謎の男からの新たな爆破予告映像が流れると、「私が欲しいのは、志村貴文」と告げ、次の爆破の情報と引き換えに志村の身柄を要求してきた。

志村が指定された場所に行くと、待っていたのは謎の女・キリコ(柴咲コウ)。キリコは、街頭ビジョンをジャックしたのは自分だと告げ、再び爆発事件が起こると予告する。さらに、実行犯は“花火師”と名乗る爆破の専門家で過去に事故として処理されたいくつかの爆発事件も花火師の仕業だと言う。キリコの言葉を信じられない志村だが、さらなる爆破を阻止するために、警察庁監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)や捜査一課課長・犬飼彰吾(原田泰造)の制止を振り切り、キリコと共に行方をくらませる。

いっぽう、キリコの証言を受け捜査一課では、猿渡や犬飼らを中心に、不審者の捜索とキリコが挙げたいくつかの事故の洗い直しを行うことに。するとその事故の一つに、凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”の関与が疑われていたことが判明する。

引用:TBS公式サイト

第1話放送後の考察・感想

ビルから渋谷の街並みを見下ろす、キリコ。スクランブル交差点には大勢の人が行きかう中、とある男がラジカセをかつぎながら颯爽と歩いています。駅前にラジカセを置き、その場を去る男。ポケットから取り出したスイッチを押すと、ラジカセが爆発します。パニックを起こす人たちを、偶然その場に居合わせた志村貴史が避難誘導を始めるが……。

犯罪コーディネーターと刑事の異色バディが魅力の本作。第1話では、クリミナルズの一員である花火師の事件を主軸に話が進みます。事件を発端に、インビジブル(キリコ)と呼ばれる誰も姿を見たことがない人物が接触してきます。

その際、なぜ志村を指名したのか? そして志村が追っている3年前の事件とは? 第1話にして謎要素がたくさんでてきます。まだ考察する情報が少ないため、これから少しずつ明らかになっていくのが楽しみです。

キリコの素性、クリミナルズの黒幕、3年前の事件。この3つの謎が複雑に絡み合い、上質な刑事ドラマの予感がします。ネットでも「続きが気になる!」「引き込まれるストーリー」などと評判も上々。

また、本作では爆発シーンや犯人とのもみ合いなど、アクションシーンもふんだんに盛り込まれています。高橋一生と柴咲コウの迫真の演技にも注目しながら、第2話も見ていきましょう。

第2話「調教師の連続殺人!少年犯罪者を利用したトリックの謎を暴く」

第2話あらすじ・ネタバレ

未解決事件に関する情報を提供する代わりに手を組もう――。取引を持ち掛けてきたキリコ(柴咲コウ)の真意を、志村(高橋一生)は測りかねていた。するとキリコは次に起こる事件を示唆し、ある動画チャンネルのライブ配信をチェックするよう伝える。その映像を見た捜査一課課長の犬飼(原田泰造)らは驚く。観光PRを頼まれたという大学生キャンパーたちが掘っていた地中から、大量の人骨が出てきたのだ。

遺体は6人の若い男女。キリコによると、殺したのは少年少女を食い物にする“調教師”と呼ばれるクリミナルズだという。ライブ配信をした大学生たちを署に呼んで事情を聞いていると、人権派の弁護士・智寿子(久本雅美)が駆け付け、彼らの弁護を担当すると申し出る。

一方、志村は犬飼の指示でキリコを留置場からVIP待遇の特別施設“民宿”に移送。2人の関係を怪しむ監察官の猿渡(桐谷健太)は志村に呼び出しをかけるが、志村は“調教師”に関わる重要な情報をキリコから聞き出していて・・・。

引用:TBS公式サイト

第2話放送後の考察・感想

事件の情報を渡す代わりに釈放を望むキリコ。志村から取引を断られたキリコは、ある生配信動画をチェックするように言います。翌日、指定された動画を観ると、6人の白骨遺体が発掘された様子が映っていました。古い遺体も新しい遺体もあり、どれも身体に釘が打たれています。動画の内容をキリコに尋ねると、犯人は”調教師”だと告げます。遺体の身元は過去の未解決事件の被害者であり、犯人の思うまま使われ最終的に殺されたと言うキリコ。

第2話は、調教師の犯行をメインに話が進みます。第1話と同様に、犯行・謎解き・解決と1話完結型のストーリーをなっています。テンポよく進み、くわえてアクションシーンも随所にあるため、1時間弱があっという間です。「インビジブル」は、今のところ見どころたっぷりのドラマといえます。

無事に犯人を逮捕して第2話が終了すると思いきや、まさかのラストシーンにびっくり! 志村が謎の人物によって、殺人犯に仕立て上げられてしまいます。おそらくクリミナルズの犯行だと筆者は予測しましたが、もしかしたら志村を良く思わない警察側の仕業も無きにしも非ずです。また、キリコの正体もまだ明かされていないため、何か関わっているのではと勘ぐってしまいます。

まだまだストーリー序盤なので全貌が見えませんが、どんどん謎が深まってきて第3話が待ちきれませんね!

第3話「刑事が殺人犯で逮捕 ナイフに隠された真実 冤罪を晴らす秘策!?」

第3話あらすじ・ネタバレ

志村貴文(高橋一生)が女性殺害の容疑で逮捕された。間もなく容疑は晴れたが、キリコ(柴咲コウ)によると、女性を殺してショーウィンドウに展示したのは「演出家」と呼ばれるクリミナルズで、遺体をアート作品に仕上げて展示するのが趣味だという。さらに、キリコは「演出家」がすでに次の殺害を請け負っていることを予告し、「演出家」を捕らえる為に志村にある作戦を持ち掛ける。キリコが持ち掛けた危険な作戦に捜査一課課長の犬飼彰吾(原田泰造)は猛反対するが、志村はキリコの作戦に乗ることを決める。

一方、志村とキリコの動向に対して、全てが気になる監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)は、磯ヶ谷潔(有岡大貴)と五十嵐夏樹(堀田茜)の捜査に同行することに。

そんななか、キリコは、知り合いでハッカーのラビアンローズ(DAIGO)に「演出家」の動向を探るように依頼。ラビアンローズからの情報を元に、磯ヶ谷らが現場に向かうが・・・。

引用:TBS公式サイト

第3話放送後の考察・感想

志村は殺人の容疑をかけられるが、自宅の防犯カメラに別の犯人の姿が映っていることから無罪放免に。キリコに犯人の心当たりを訪ねると、今回の犯行は”演出家”によるものだと言われます。キリコは、志村をエサに演出家をおびき出す作戦を考えます。志村を犯人役にし、マスコミに嘘の情報を流すよう指示。プライドが高い演出家なら次の犯行を急ぎ、より注目を集める場所に遺体をかざるとキリコは推理します。上司の犬飼からは反対されるも、キリコの計画を進める志村。

衝撃的な終わり方をした第2話。第3話では、志村が逮捕されたシーンから始まります。事情聴取を受ける志村に、猿渡は「3年前の事件のせいでお前は変わってしまった。いつか事件を起こすと危惧していた」と話します。一体、何が志村をそこまで変えてしまったのか? 事件前はどんな刑事なのか? そして猿渡と志村の関係性も気になるポイントですね。

そして第3話では、キリコの正体に迫る情報もありました。まず、アルバイトのマー君から手渡されたメモには電子マネーのアカウント情報が。アカウント名には「聶小倩(シッシュウシン)」と書かれており、キリコの国籍は中国ではと予測できます。

ただ、調べたところ聶小倩は、どうやら中国古典「聊斎志異」に登場する幽霊の名前。インビジブルは直訳すると”目に見えない”です。つまり文字遊びのような類で、本名ではなく偽名だと考えられます。

まだまだ謎は多いものの、少しずつ考察要素が増えてきましたね。今後、これらの伏線が回収されるのが楽しみですね!

第4話「3年前の犯人現る!カギは窃盗団…命懸け潜入捜査の先には!?」

第4話あらすじ・ネタバレ

捜査三課長の大貫(松下由樹)から捜査一課に捜査協力を求める連絡が入る。

話を聞くと、同一犯と見られる絵画盗難事件が相次ぎ、真相を探るため志村(高橋一生)を通じて、インビジブルのキリコ(柴咲コウ)の力を借りたいという。

志村から事件の概要を聞いたキリコは、窃盗団モンキーズが関与していると告げ、彼らが次のターゲットに50億円の高額絵画「ナンバーX」を狙っていると予告。キリコは志村に彼らが盗品を出品している闇オークションへの潜入捜査を持ち掛ける。

そんな折、若い女性が被害者となった通り魔事件で使われた凶器のナイフが発見される。捜査一課長の犬飼(原田泰造)に呼び出されてナイフを見た志村は、3年前に同僚・安野(平埜生成)の命を奪ったものと同じだと確信する。そんな志村にキリコは、絵画盗難事件と3年前の事件には繋がりがあると告げる。

引用:TBS公式サイト

第4話放送後の考察・感想

第4話では、やっとクリミナルズの犯行と志村の抱えている3年前の事件がリンクします。モンキーズの家にあるナイフは、3年前に安野が殺害された凶器と同じものだと発言するキリコ。そしてモンキーズの犯行と同時期に起こったOL殺人事件で使われた凶器は、なんと安野を殺害した凶器と一致します。

また、志村の回想シーンで安野の事件も語られました。3年前、殺人事件が起きた公園に志村が着くと、そこには犯人の姿が。そして目の前で安野が殺され、志村は犯人は捕まえられませんでした。このことを悔やんで、今なお犯人捜しを続けているのだと合点がいきます。

そして、またもやラストシーンで衝撃な事実が判明します。通り魔として捕まった武入は、3年前の事件の犯人は自分だと告発。くわえて、今回の犯行はキリコから殺人を依頼されたとも話します。やっと核心に迫ったと思いきや、予想もつかない展開に!

筆者としては、キリコを語る別人からの依頼だった、もしくは武入が捜査を混乱させるために嘘をついているのではと考察します。そろそろドラマも折り返し地点なので、次回あたりで伏線回収があるのではないでしょうか!

第5話「インビジブル逃走!3年越しの真相判明…命懸けの取引の結末」

第5話あらすじ・ネタバレ

3年前の事件にキリコ(柴咲コウ)は本当に関与しているのか・・・。

腑に落ちない志村(高橋一生)は、「インビジブルに頼まれた」と証言した武入(鈴之助)に再び会い、ある確信を得る。

しかし、その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。

一方、犬飼(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。
やはりキリコと武入はつながっているのか。二人の緊急配備が敷かれる。

志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った「逃がし屋」に接近。

そして、また新たに闇に隠れたインビジブルの影がみえてきて・・・。

引用:TBS公式サイト

第6話「新章開幕!真のインビジブルから悪魔の取引」

第6話あらすじ・ネタバレ

本当のインビジブルは、キリコ(柴咲コウ)の弟・キリヒト(永山絢斗)だった・・・。

姉を取り戻すために突然姿を現したキリヒトは、安野(平埜生成)が殺害された3年前の事件も自分がコーディネートしたと志村(高橋一生)に告げる。さらに、現在進行中の事件をほのめかし、今回依頼されたターゲットのうちの一人でも救うことができたらキリコを諦めると言い残し、去っていく。キリヒトを捕まえれば、いくつかの未解決事件の真相が解明され、新たな犯罪を食い止めることもできると緊急配備による捜索を強化する警察。

やがて、キリヒトの予告通り新たな犠牲者1人が発見される。その残忍な手口を聞いたキリコは、医師免許を持つ「ドクター」の仕業だと志村に告げる。磯ヶ谷(有岡大貴)と夏樹(堀田茜)が被害者の身辺を調べると、同様に命を狙われそうな人物2人が浮上する。

引用:TBS 公式サイト

第6話放送後の考察・感想

キリコとキリヒトの姉弟の対面で終わった第5話。第6話では、2人の過去の回想シーンや3年前の安野殺害事件の進展、新たなクリミナルズの一員”ドクター”が登場するなど、怒涛の展開となりました。

まず、キリコがなぜ犯罪コーディネーターをしていたかの理由が判明。それは、キリヒトの犯罪を止めるためでした。過去の回想では、幼いキリコとキリヒトが父親から犯罪学を教えられるシーンが。その後、意見の食い違いからキリコはキリヒトの元を去ります。そして、数年たった今キリコを取り戻しにきたキリヒト。これから起こる事件を無事に解決できたらキリコを諦める、とキリヒコは告げます。

そして”ドクター”と呼ばれるクリミナルズの一員による事件が発生。キリコの助言を元に、犯人を突き止める志村だったが……。犯人である人物を逮捕した志村は、背後から何者かに殴打され拘束されてしまいます。目を覚ましたときに、驚きの真犯人により拷問をうける志村。犯罪ものの本作ですが、このシーンはかなりホラー要素強めです。

その後、無事に救出される志村。キリコの活躍のおかげで一命をとりとめます。一時は、どうなることかと思われた2人ですが、ここにきてグッと絆が強くなりましたね。

第6話では、第5話に続いてキリコの過去が明らかになりました。なぜ犯罪に関する知識が豊富なのかや、どこで習得したスキルなのかが分かりましたね。また、キリヒトを助けたいというキリコ。姉弟の関係は修復できるのか? そして黒幕は一体誰なのか? 新しい局面を迎えてますます盛り上がりを見せる本作に、次回第7話も見逃せません!

第7話「裏切り者発覚!全て嘘…最凶の刺客が引き起こす最悪な結末!」

第7話あらすじ・ネタバレ

捜査一課内にインビジブルと繋がっている人間がいる――。

志村(高橋一生)はキリコ(柴咲コウ)の言葉を心に留め、キリヒト(永山絢斗)の捜索にあたる。

一方、キリヒトはクリミナルズの「シノビ」を使い、暗殺計画を立てていた。次なるターゲットがIT企業のCEO・早坂(横山めぐみ)と睨んだキリコは、志村に早坂のSPになるよう持ち掛ける。彼女を守りながら、内通者に邪魔されずにクリミナルズを調べるためだ。

監察官の猿渡(桐谷健太)が上層部に掛け合い、志村はSPのチームリーダー・神岡(山田純大)指揮のもと早坂の警護にあたることに。そんな中、犬飼(原田泰造)は「シノビ」の犯行と類似した過去の毒物事件や関連機関を調べるよう指示を出す。すると、捜査線上に浮かんだ関係者が次々と事故や不審な死を遂げていて・・・。

引用:TBS 公式サイト

第7話放送後の考察・感想

第6話のラストで、キリコは警察関係者の中にキリヒトと内通している者がいると志村に告げました。そして第7話では、一体誰が情報を漏らしているか突き止める回となっています。キリコは、捜査一課の犬飼が怪しいと推測します。今までの行動を見返すと、犬飼なら辻褄が合うことを指摘。しかし、志村はまだ半信半疑の様子です。

その頃、新たな犯罪を計画するキリヒト。クリミナルズの一員”シノビ”に、IT企業のCEO・早坂を殺すよう命じます。早坂は、過去にインビジブルの上客でした。クリミナルズと連絡をとるアクセスコードを持っている踏んだキリコは、志村に早坂のボディガードをするよう指示。早坂のPCからアクセスコードを抜き出し、キリヒトの居場所を突き止めようとします。

勝手な行動をとり襲われる早坂を、ギリギリで助けた犬飼。合流した志村に、自分も内通者がいるのではと思い、警察内部を探っていたと犬飼が告げます。犬飼が内通者ではないことにホッとする志村だったが……。

ずっと怪しいと考察していた犬飼が、実は内通者ではないと判明した第7話。犬飼の調べによると、捜査一課に怪しい人物がいなかったという話でした。では、一体誰が情報をもらしているのか、新たな謎が出てきましたね。TBS系のドラマは全10話完結が多い傾向なので、そろそろ最終回も間近です!

第8話「ターゲットは大切な彼女と志村!救えるのはひとり…命の選択」

第8話あらすじ・ネタバレ

捜査一課長・犬飼(原田泰造)の死亡が、副総監の牧野(羽場裕一)から発表された。当面の間、捜査の指揮は猿渡(桐谷健太)が執ることに。志村(高橋一生)は、犬飼が内通者を極秘で調べていたためインビジブルに殺されたと猿渡に訴える。キリコ(柴咲コウ)も、犬飼の死に弟のキリヒト(永山絢斗)が関わっていると知り、心を痛めていた。

そのキリヒトは正体を偽って東子(大野いと)をライブハウスに連れ込み、「興行師」を使った新たな犯罪を画策。「興行師」とは、ターゲットを殺す瞬間をショーにして依頼人に配信するクリミナルズだ。ターゲットは東子を含む3人。そのショーのライブ配信の招待が、キリコと捜査一課にも届き・・・。

引用:TBS 公式サイト

第8話放送後の考察・感想

第7話は、犬飼が何者かに襲われ犬飼が倒れたシーンで幕を閉じました。続く第8話の冒頭で、副総監の牧野から犬飼が亡くなったことを聞かされる志村。裏で内通者を調べていた犬飼は、インビジブルの手にかかって殺されたと志村は主張します。犬飼の代わりに指揮をとることになった猿渡は、自分も志村と同じく犬飼の死には不審点があると言います。

内通者が誰なのか? なぜ内部情報を漏らしていたのか? これらの謎が犬飼の調べによって解き明かされると思いきや、犬飼が亡くなったことでまた振り出しに戻ってしまいました。今後は、志村と猿渡が協力しながら内通者をあぶりだす展開になりそうですね。ただ、内通者の件を志村が伝えたときに、すでにその内容について猿渡が知っていたのが気になります。犬飼は独自で調査をしていたはずなのに、なぜ猿渡が……。実は、猿渡が内通者だという可能性もあるのでは、と筆者は考察しました。

一方、今回も”興行師”と呼ばれる新たなインビジブルが登場します。殺人ショーをネット配信する犯人を止めるべく、志村とキリコが動きます。事件を追う際に、さらわれてしまった志村と安野の妹・東子。キリヒトは「どちらか殺す相手を1人選べ」と、キリコに告げます。

キリヒトに協力する代わりに、2人を助けるよう伝えるキリコ。無事に志村と東子は解放されるものの……。大きく動いた第8話でした。キリヒトの元に行ったキリコは、一体どうなるのでしょうか? そして未だ不明の内通者は? 今までのキリコの裏情報を頼りに行ってきたインビジブルの事件も、おそらく難航するのではないでしょうか。次回、第9話も見逃せませんね!

第9話「志村&猿渡がバディ結成…そしてキリヒトがテロ予告!?」

第9話あらすじ・ネタバレ

キリヒト(永山絢斗)から捜査一課に、2日後にブラックフライデーを行うと連絡が入る。ブラックフライデーは、海外のクリミナルズたちが次々に凶悪犯罪を巻き起こすというもので、中止してほしければ、現在収監中のクリミナルズ全員の免責と釈放が条件という。

阻止するにはキリヒトを見つけ出す以外ない。志村(高橋一生)は猿渡(桐谷健太)とともに彼の行方を追う。

そんな中、キリヒトはキリコ(柴咲コウ)を連れ、二人が昔暮らしていた家に向かっていた。初代インビジブルが遺した、あるモノを手に入れるためだ。

一方、キリコは初代インビジブルが残した資料から犬飼(原田泰造)の命を奪ったクリミナルズ「リーパー」の正体に気付き、志村に注意を促す。

引用:TBS 公式サイト

第9話放送後の考察・感想

キリコがキリヒトの元に去り、犬飼が亡くなった第8話。志村の周りから頼れる仲間が消えてしまいます。そして第9話からは、猿渡とタッグを組んで捜査にあたることになりました。ブラックフライデーの宣言をしたキリヒトを止めるべく、志村と猿渡の新バディが始動します。

一方でキリヒトは、父親が残した政治家や警察上層部からの依頼のデータを入手します。どうやら、このデータを入手するためにキリコの生体認証が必要だったのだと判明しました。切り札を増やしたキリヒトでしたが、キリコによってガスで眠らされます。

自由に動けるようになったキリコは志村とコンタクトを取り、犬飼を殺害したクリミナルズ”リーパー”への注意を促しました。”リーパー”に連絡をするキリコ。しかし、”リーパー”からの応答はありません。

場面は変わり、猿渡のスマホの画面が移ります。そこには”K”という人物からの着信が。キリコが連絡をとった相手は猿渡だったのです。つまり、猿渡が”リーパー”だと判明。犬飼を殺害したのは、データベースから削除した過去の犯罪歴がバレる恐れがあったからでした。

猿渡は小さい頃に、家政婦やウサギを殺害するなどの事件を繰り返していたことが明らかになります。志村とタッグを組んだのも、苦しむ姿を見たいからという猟奇的な理由からでした。次回最終回で、どのような結末をむかえるのかハラハラドキドキですね。本作の見どころの1つであるアクションシーンにも期待が高まります!

第10話「 最終決戦!志村とキリコが出した答えは…」

第10話あらすじ・ネタバレ

史上最悪のクリミナルズ「リーパー」の正体がついに明らかとなった。
そんな中、初めて心を通わせたキリコ(柴咲コウ)とキリヒト(永山絢斗)。

そして、そんな2人の元にたどり着いた志村(高橋一生)だったが、キリコを危険視する猿渡(桐谷健太)が彼女に銃口を向ける。

一方、捜査一課では仕掛けられていたEMP爆弾が作動し、ブラックフライデーが動きだした。猿渡は、すべて志村とキリコの仕業だと捜査一課の面々に説明し、志村を捕獲するように指示を出す。

さらに、インビジブルのサイトでは志村の身柄に懸賞金が付けられる。
警察からもクリミナルズからも追われる志村。
絶体絶命のピンチのなか、ある最後の賭けに出る・・・。

引用:TBS 公式サイト

第10話放送後の考察・感想

第9話では、内通者こと”リーパー”は猿渡だと判明したところで終了しました。そして最終回をむかえた第10話。キリヒトの犯罪を止めようとインビジブルとして動いていたキリコでしたが、キリヒトが心変わりしないことを受け止め銃を向けます。キリヒトを撃って終わりにしようとするものの、志村に止められることに。キリヒトは逮捕されるかと思いきや、突然あらわれた猿渡に殺害されてしまいます。

警察には自分が”リーパー”だとバレていないことから、猿渡はキリコと志村を黒幕に仕立てようと画策。逃げるしかないキリコと志村に、警察内部も猿渡の嘘を信じます。そして、予告通りブラックフライデーが始まることに……。

脱走したクリミナルズと警察の両方に追われるキリコと志村。猿渡が犯人だという証拠を集めるべく、猿渡の隠れ家に向かいます。たくさんの凶器と安野の手錠がコレクションされていました。そこに猿渡が現れ、志村は拘束されます。

キリコを志村の目の前で殺害すると言う猿渡。キリコの元に向かうと、そこには警察が集まっていました。猿渡は自分がはめられていたことに気付き動揺します。罪を償うように説得するものの、猿渡はキリコに拳銃を向け……。

最後は、無事に逮捕され一件落着! キリコがインビジブルになった理由や、安野殺害の犯人など全ての謎がすっきりと解決しました。誰が犯人なのか? キリコの正体は? などの考察も大いに盛り上がった「インビジブル」。終始ハラハラする展開で、10話で完結するのはもったいないくらい面白い刑事ドラマでした!

「インビジブル」を観るなら「Paravi」

「インビジブル」1話~最終話までをイッキに観られるのは「Paravi」

初回限定の14日間無料のお試し期間中であれば、見放題作品がすべて0円! 登録・解約の手続きも2~3分ほどで終わるため、今すぐに「インビジブル」全話を視聴したい人は、ぜひ検討してみてください。