• TOP
  • アプリまとめ
  • 『オーディオブック』アプリおすすめ5選。「聴く本」のメリットとは

スマホの普及と共に徐々にシェアが広がりつつある「オーディオブック」。”ながら作業”に適しているなど活字の本にはないメリットが盛りだくさんです。

本記事では「オーディオブックとは何か?」からオーディオブックのメリット、利用するシーン、おすすめアプリ(無料あり)まで幅広く解説。読書を始めようと思っている方はぜひご一読を。

目次

あわせて読みたい
Amazonプライムとは? 14のメリットや、年会費・無料体験方法など解説

オーディオブックとは?

「オーディオブック」とは本や小説などの書籍を朗読した音声コンテンツ、わかりやすく言えば「聴く本」です。

日本の場合、古くは1980年代ごろの「カセットブック」の流行に端を発し、現在では音声データをダウンロードする形式が主流に。これが現代のスマホ文化とフィット。現在では多くの人気書籍がオーディオブック化されています。

▲ビジネス本、小説、ライトノベルなど様々な書籍がオーディオブックに。

オーディオブック5つのメリット

今まで目で読み進めていた本を、耳で聴く。本がオーディオブック化するとどんな変化があるのでしょうか。5つのメリットを紹介していきます。

1.本に目を向ける必要がないため「ながら作業」にピッタリ

オーディオブックでは視線を本に集中させる必要がありません。従って家事や車の運転中、作業中でも気軽に本の内容を楽しめます。最もわかりやすいメリットですね。

2.書籍1冊分の料金で聴き放題。コスパが良い

オーディオブックを提供しているサービスの中には、Audible(後述)など定額の聴き放題サービスを実施している所もあります。料金は大体月1,500円。ハードカバーの書籍1冊分の料金で、たくさんの本が読めるコストパフォーマンスの良さは見逃せません。

他にも無料で読める本もあり。手軽にお試しできるのも嬉しいですね。

3.音声データを持ち歩くため、本棚やカバンの中がかさばらない

これは電子書籍と共通のメリットですが、オーディオブックでは実物の本を持たないため、本棚やカバンの中が圧迫されません。読みたい本を好きなだけスマホの中に。紙の劣化がないため管理も簡単です。

4.文字より音声の方が手軽。分厚い本が苦手な人におすすめ

若干個人差はあるかもしれませんが、文字を読むより音声で聴いた方がお手軽に感じる人もいるでしょう。特に分厚い本が苦手な人には、一度オーディオブックを試してみるのがおすすめです。

5.リスニング能力が鍛えられる

語学本に言える事ですが、オーディオブックではリスニング能力が鍛えられます。これは目で読む読書では決してできない、オーディオブックならではのメリット。

たくさんの語学本がオーディオブック化されているため、勉強内容も充実。再生速度を遅くしてゆっくり聴けるなど、機能面も抜かりありません。

オーディオブックの利用シーン

お手軽でメリットたくさんのオーディオブックはどんな場面で役立つのか。具体的なシーンを紹介していきます。

家事や作業をしながら

オーディオブックでは本と違って両手が空くため、本を聴きながらの「ながら作業」にピッタリ。作業用BGM代わりとしてもおすすめです。音楽の代わりにオーディオブックを流してみるのもいいですね。

電車や車などの移動中に

もうひとつ両手が空くメリットが活きる場面に、電車に乗っている時や車の運転中があります。

両手が空いていれば電車でもつり革にしっかり掴まれるし、車の運転中の聴取も可能。空いた時間を使ってどんどん聴いていきましょう。

リスニング強化。語学学習に

外国語のリスニング能力が鍛えられるのもオーディオブックならでは。語学系の本もたくさんオーディオブック化されています。

繰り返し聴いたり再生速度を遅くしてゆっくり聴いたり、自分のペースで勉強できるのも嬉しい点ですね。

入眠用に

入眠用ミュージックとして枕元でオーディオブックを流すのもいいでしょう。本と違って目を閉じたままでいいので、一層眠りにつきやすいはず。スリープタイマーが付いたオーディオブックアプリもあるので、寝落ちしてもバッテリーの心配はありません。

おすすめオーディオブックアプリ5選

ここからはオーディオブックを聴けるサービス(アプリ)の紹介になります。聴き放題サービスあり、小説特化などアプリによって特色はさまざま。サービス選びの参考になれば幸いです。

『Audible (オーディブル)』Amazon提供。月額1500円で1万冊が聴き放題

Audible (オーディブル)はAmazonが提供するオーディオブックサービスです。何と言っても最大の特長は月額1,500円(初回1か月無料)でコンテンツ内のオーディオブックが全部聴き放題な事。

ビジネス書、小説、ラノベまで……約1万冊、20以上の豊富なラインナップ。まるで書店を持ち歩いているような感覚を味わえるでしょう。

Web版はこちらから
自由に本を聴こう。Audible(オーディブル) | Amazon.co.jp

▲自己啓発本にラノベまで。Amazonらしい豊富なラインナップ。

▲30秒戻し(送り)、再生速度変更、スリープタイマーなどプレーヤーの機能も不足なし。サンプルを聴けるので気軽にお試しを。

  • iOS
  • Android

無料

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible, Inc.

3.10
アプリストアを見る

無料

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible, Inc

3.21
アプリストアを見る

『audiobook.jp』オーディオブックの老舗。聴き放題サービスあり

audiobook.jpは以前「FeBe」という名前で運営していたオーディオブックサービス。オーディオブックの老舗とも言えるサービスで、本の収録数はなんと2万3千冊以上。

Audibleと違い単品購入が基本となっていますが、1万冊以上が対象の聴き放題プラン(月額750円、初回30日間無料)もあり。Audible と併用すればより効果的です。

オーディオブックの購入はWeb版から
忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる - audiobook.jp

▲Web版の画像。オーディオブックの購入はWeb版から行う必要あり。ビジネス、自己啓発など真面目な本が中心。

▲アプリでは購入したオーディオブックのダウンロード&再生が可能。再生速度など必要な機能はしっかり完備されている。

  • iOS
  • Android

無料

オーディオブック

OTOBANK Inc.

-
アプリストアを見る

無料

audiobook.jp

株式会社オトバンク

-
アプリストアを見る

『Kikubon (キクボン) 』小説特化。映像化された人気作品も多数

『Kikubon』は小説に特化したオーディオブックサービス。プロの声優・ナレーターが臨場感たっぷりに物語を盛り上げます。

聴き放題サービスはありませんが、その代わり無料で聴けるオーディオブックが多数。限定セール等の特典を受けられるプレミアム会員サービスも見逃せません。

書籍の購入はWeb版から
耳で聴く本(キクホン) _ kikubon(キクボン)

▲Web版の画像。「アルスラーン戦記」など映像化された人気作品も盛りだくさん。小説特化のオーディオブックサービス。

▲作者や声優への独占インタビューなど、オーディオブック以外のコンテンツにも注目。

  • iOS
  • Android

無料

Kikubon (キクボン) Player

RRJ Inc.

-
アプリストアを見る

無料

KikubonPlayer -朗読・オーディオブック-

RRJ Inc.

-
アプリストアを見る

『Himalaya FM(ヒマラヤ)』完全無料。ビジネス向け音声プラットフォーム

『Himalaya FM』は全コンテンツが無料で利用できる音声プラットフォーム。ビジネス向けのオーディオブックやポッドキャストがメインで、オーディオドラマなどエンターテイメント系コンテンツも用意されています。

他にもビジネスで役立つ音声コラムや、おすすめの本を紹介する放送などバラエティー豊か。これだけ揃っていて全部無料なのだから驚きです。

▲ビジネスで教養を深めたら、気晴らしにエンターテイメントコンテンツを聴く。これ一本で流れが完結しているのが嬉しい。

▲カテゴリ分けされているので、自分好みのコンテンツを探しやすい。

  • iOS
  • Android

無料

Himalaya FM(ヒマラヤ)音声プラットフォームアプリ

XIMALAYA JAPAN,INC.

3.20
アプリストアを見る

無料

Himalaya(ヒマラヤ)- 音声プラットフォームアプリ

Himalaya Podcasts: No.1 Podcast App

-
アプリストアを見る

『HQ オーディオブック』夏目漱石、太宰治。名作文学をオーディオブックで

最後は海外製のオーディオブックサービスをご紹介。『HQ オーディオブック』ではなんと、総数約30万冊のオーディオブックが収録されています。海外製なので他言語のオーディオブックがメインですが、日本語のオーディオブックもあり。

夏目漱石や太宰治など、長く語り継がれる古き良き名作文学を楽しめます。

▲「こころ」や「坊っちゃん」など名作古典文学が無料で聴ける。まだ読んだ事のない人はぜひ。

▲トップ画面から[LibriVox Live]→[言語]→[日本語]と遷移する事で、日本語のオーディオブックを探せる。

『Audible』と『audiobook.jp』が二大サービス。他のサービスも光るものあり

今回紹介したサービスの中では、オーディオブックの収録数が多く聴き放題サービスもある『Audible』と『audiobook.jp』が抜きん出ている印象です。迷った時はラインナップを見て、どちらかを選ぶのがおすすめ。

他にも『Kikubon』は小説特化、『Himalaya FM』は完全無料でビジネス向け、『HQ オーディオブック』は名作文学とそれぞれ強みがあります。

自分の好みに合ったオーディオブックを選びましょう。

こちらの記事もおすすめ

Twitter(ツイッター)使い方&便利ツールまとめ。基本から応用まで - Appliv TOPICS

InstagramやFacbookに並ぶ大人気SNS『Twitter』。1投稿140文字の中に内容がギュッと凝縮され、世界各国から様々なツイートが発信されています。今や人々の大事な情報源のひとつと言っても過言ではありません。 本記事ではAppliv TOPICSで取り扱った『Twitter』の使い方や活用術、もっと便利に使うためのツールなどの記事をまとめています。初心者からヘビーユーザーまで、押さえておきたい情報が満載です。

mag.app-liv.jp
スマホ用ワイヤレス充電器おすすめ8個&選び方【iPhone/Android対応】 - Appliv TOPICS

iPhone8、iPhone X、Galaxy S8 edge、など、最近はワイヤレス充電器に対応したスマートフォンが増えてきました。せっかく最新機種に変えたのなら、スタイリッシュにワイヤレスで充電したいものです。 今回は国内最大級のスマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」の協力のもと、ワイヤレス充電器の仕組みから選び方、おすすめのアイテムまでまとめてご紹介していきます。

mag.app-liv.jp

この記事を書いたライター

ひでりゃん

ゲームと野球と美少女をこよなく愛するライター。
主にアプリの記事を書いているが、別の顔もあるとかないとか。
現在プレイ中のゲームアプリは『ビーナスイレブンびびっど!』や『八月のシンデレラナイン』、『ぱすてるメモリーズ』など。