朗読を聴いて、本を”耳”で読む。Amazonのオーディオブックサービス『Audible(オーディブル)』は月額1,500円で、30日間の無料トライアル付き

2022年1月27日より聴き放題制になった『Audible』の料金や支払い方法などを紹介します。競合の『audiobook.jp』との悩んでいる方はぜひご覧ください。

なお価格はすべて税込表示です。

CHECK!!

「あなたへの特別プラン」が表示される方が対象!

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」が、2ヶ月99円で利用できるキャンペーンが実施中です。
通常は1ヶ月980円なので、2ヶ月で1,861円もお得になる大チャンス!!

12ヶ月9,800円(通常11,760円)のプランが表示されることもあるので、まずは下のボタンからチェックしてみましょう。

『Audible(オーディブル)』は初回30日間完全無料!

Audible

出典:Audible

Audible』は初回登録時、30日間無料体験が可能です。特別なキャンペーン期間中には、2ヶ月間無料になることも。

データ利用に発生する通信料や作品購入での追課金など除いて、無料体験中は料金が発生しません。機能制限もないので思う存分にサービスを利用し、自分に必要かどうか、欲しい機能があるかどうかを見極められます。

また交換・購入したタイトルは解約後でも利用可能。お気に入りのタイトルはいつまでも手元に残しておけます。

Audibleをもっとお得に使う方法

Audibleでは無料体験期間が2ヶ月~3ヶ月に延びたり、利用料金が1年間で980円になったりするお得なキャンペーンが存在します。主に以下のタイミングで安くなりやすいです。

●プライムデー開催の前後(6月)
●ブラックフライデー開催の前後(11月下旬~12月上旬)
●年末年始のセール周辺(12月下旬~1月初旬)

※その他、不定期で特別なキャンペーンあり

もし『Audible』をもっと安く使いたいと考えているなら、ぜひこれらのキャンペーンを狙ってみましょう。

下記の記事では、キャンペーンの確認が可能です。過去に無料体験を利用したことがある方向けのキャンペーンも実施されていることがあるので、一度チェックしてみては?

キャンペーンについて詳しくはこちら

Audibleキャンペーン・セールまとめ 30日間無料など【8月12日更新】

解約は忘れずに。登録後即解約でも30日間利用可能

『Audible』は自動更新なので、無料体験が終了すると自動的に有料会員になり、料金が発生します。

無料期間中に解約しても会員期限まではそのまま全機能が利用可能。解約を忘れてしまいそうな方は早めに解約手続きを済ませておきましょう。

『Amazon版 Audible』と『公式版 Audible』の違い

『Audible』にはAmazonのページから利用するAudibleと、Audible公式サイトがあります。

2つは基本的に同じサービスで、違いは申し込みページのみ。Audible公式サイトから申し込みをしても、「Amazonアカウント」を利用するので、どちらから登録しても問題はありません。

『Audible』の会員プランが聴き放題に【2022/1/27〜】

Audibleの画像

『Audible』は2022年1月27日より、有料の会員プランでオーディオブックやポッドキャストなど12万以上のタイトルが聴き放題になりました。

そのほか変更点や注意点についてまとめましたので、以下ご覧ください。

会員プランの内容比較

これまで 聴き放題制(1/27〜)
価格 1,500円 1,500円
聴き放題の対象 ポッドキャストのみ 12万以上のオーディオブック、ポッドキャスト
コイン 毎月1枚もらえる 支給終了
再生方法 オフラインのみ オフライン/ストリーミング

月額料金は1,500円のまま、聴き放題の対象作品が大幅に増えました。オーディオブック、ポッドキャストなど12万以上のタイトルが聴き放題の対象になったため、これまで毎月もらえていたコインの支給は無くなりました。

またオフライン再生に加えて、ストリーミング再生にも対応。移動中や作業中など気軽に本を聴けるのはメリットですね。

聴き放題会員へのプランには自動的に移行

これまでも『Audible』を利用されてきた方は、自動的に聴き放題会員へ移行します。

ただし、Audibleアプリを最新版に更新する必要があります。またスマホのOSはiOS 14.0またはAndroid 7.0以上が対象。これらのバージョン未満だと利用できないため、事前にアップデートしましょう。

よくある質問

すべてのオーディオブックが聴き放題になる?

すべてのオーディオブックが聴き放題の対象になるわけではありません。ただし『Audible』では2022年1月27日以降、12万以上のタイトルが聴き放題になっているので、これまでよりも多くの作品に手を出しやすいです。

移行後もオーディオブックを購入することは可能?

すべてのオーディオブックが聴き放題の対象になるわけではありません。ただし『Audible』では2022年1月27日以降、12万以上のタイトルが聴き放題になっているので、これまでよりも多くの作品に手を出しやすいです。

現在聴いているタイトルはどうなる?

すべてのオーディオブックが聴き放題の対象になるわけではありません。ただし『Audible』では2022年1月27日以降、12万以上のタイトルが聴き放題になっているので、これまでよりも多くの作品に手を出しやすいです。

『Audible』聴き放題制の注意点

こちらでは『Audible』の聴き放題制への移行時の注意点を紹介します。

コインは発行日より6ヶ月以内なら使用可能

会員プランの変更に伴って、2022年1月26日をもって『Audible』のコインの支給が終了します。

しかし現在持っているコインは発行日より6ヶ月以内なら引き続き使用可能です。いつもらったコインなのかを確認して、利用期限内までに使っておきましょう。

オーディオブックの返品・交換はなくなる

2022年1月27日以降は、購入したタイトルの返品・交換はできません。

月替わりのおすすめタイトルはもらえなくなる

これまで毎月1冊もらえていたおすすめタイトル(ボーナスタイトル)は、聴き放題制への移行にともなって廃止されました。

ポッドキャストは自分で更新

現在聴いているポッドキャストは自動更新されなくなります。聴き放題制に変更後、同じタイトルであっても新しいポッドキャストタイトルを再度ライブラリーに追加する必要があります。

Windows 10向けアプリは非対応

聴き放題制への移行後はWindows 10向けのアプリは非対応になります。iOSまたはAndroid向けのアプリ、PCのブラウザ上では聴けます。

『Audible』と『audiobook.jp』の料金・配信数を徹底比較!

定額制のオーディオブック(ボイスブック)サービスは『Audible』と『audiobook.jp』の2強。他社と大きく差を付けている2社の料金・配信数を比較してみましょう。

Audible audiobook.jp
聴き放題 月額会員
月額料金(税込) 1,500円 880円 550~3.3万円
配信数 40万冊以上 1万冊 2.6万冊
無料期間 30日間 14日間 なし

『Audible』と『audiobook.jp』 それぞれの特徴を紹介!

2つのサービスの料金や配信数を紹介したうえで、さらにそれぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

『Audible』は収録数約40万冊以上!

Audible

Audible』は配信月額1,500円で、12万以上のオーディオブックやポッドキャストが聴き放題のサービス。購入できるタイトルも含めると40万以上のタイトルを配信しています。

オーディオブックの相場は1冊あたり2,000~4,000円と、電子書籍や紙の本と比べても高く、高額なものでは1万円を超える本も。値段を問わず月額1,500円で聴き放題なので、かなりお得です

またクレジットカード、デビットカードでの個別購入では、聴き放題対象外のオーディオブックを定価の30%OFFで購入できるのも魅力的

『Audible』作品の一例

『audiobook.jp』は月額880円で聴き放題

audiobook.jp

audiobook.jp』では月額880円の聴き放題プランがあり、『Audible』のおよそ半分の金額で好きなだけ聴けます。

値段だけ見るとお得なように感じるかもしれませんが、『audiobook.jp』の弱点は配信数。聴き放題の対象は1万冊ほどなので、ラインナップに物足りなさを感じます。本の種類は問わず安さ重視でたくさん聴きたい方向けです。

また、聴き放題プラン解約後は作品を聴くことができません。

audiobook.jp 聴き放題プラン

▲月額だけで考えるとaudiobook.jpの方が安いものの、ラインナップ数には心もとなさが残る。

『audiobook.jp』には聴き放題プランのほかに、オーディオブックの購入に使えるポイントが毎月お得に付与される月額会員プランも用意されています。

月額料金ともらえるポイント数は以下の通りです。

『audiobook.jp』月額会員プラン

金額 ボーナス 合計ポイント ボーナス
付与率
550円 60 610 10.9%
1,100円 120 1,220 10.9%
2,200円 250 2,450 11.4%
5,500円 1,000 6,500 18.2%
11,000円 2,450 13,450 22.3%
22,000円 6,000 28,000 27.3%
33,000円 9,000 42,000 27.3%

上記の表のとおり、2,200円のプランでも1冊購入できるほどのポイントしかもらえません。最大でも27%のボーナス付与率なので『Audible』の常時30%オフに比べると若干お得ではないように感じます。

また購入できる作品数も『Audible』の40万冊に対して約26,000冊と少なめ。

ユーザーの利用頻度・スタイルにもよりますが、還元率や作品のラインナップで見比べてみると『Audible』の方がおすすめと言えます。

作品のラインナップ

文芸はもちろんビジネス書や語学学習・エンタメ・ライトノベルなど基本的なジャンルはどちらのサービスでもそろっています。

ただし『audiobook.jp』のライトノベルの配信数が少なく、『Audible』では特集カテゴリーが弱いなど、の違いがあります。

あとから後悔しないよう、無料体験を通じてしっかり確認しておくことが大切です。

『Audible』で購入可能なタイトルの例

『Audible』は40万タイトルを配信していますが、聴き放題の対象は12万タイトル。残りの28万タイトルは購入でしか聴けません。しかしオーディブルの会員は定価の30%OFFで購入可能です。また洋書の収録数が豊富なので、海外の本も読みたいのなら『Audible』がおすすめ。

さらに今後は三浦しをんさんや村上春樹さんの作品のオーディオブック化を予定です。特に村上春樹さんの作品ではナレーションに高橋一生さん、木村佳乃さん、イッセー尾形さんなどの豪華キャストが制作に携わります。

エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する【限定特典付】

➜ Amazonで購入

起きてから寝るまで英語表現1000オフィス編

➜ Amazonで購入

ザリガニの鳴くところ

➜ Amazonで購入

『audiobook.jp』で購入可能なタイトルの例

『audiobook.jp』聴き放題の対象は1万冊ほど。本の種類は問わず安さ重視でたくさん聴きたい方向けです。

『こうすれば必ず人は動く』

こうすれば必ず人は動くの画面

出典元:audiobook.jp

『英語サンドイッチメソッド中学英語編』

英語サンドイッチメソッド中学英語編

出典元:audiobook.jp

『屍人荘の殺人』

屍人荘の殺人

出典元:audiobook.jp

料金比較まとめ

これまでの比較内容を鑑みると、以下のようにポイントをまとめられます。

料金の比較ポイント

  • 『Audible』は毎月1,500円で、12万以上のタイトルが聴き放題。
  • 『Audible』はオーディオブックの購入が30%オフ。1万円を超える高額作品でもOK
  • 『audiobook.jp』の聴き放題プランは低額でお得に見えるが、作品数が少なくおすすめできない

『Audible』ならではの会員特典

『Audible』に登録すると、お得な会員特典を利用できます。おもな会員特典は以下の通り。

『Audible』の会員特典

  • 40万冊以上ものラインナップ!
  • 『Audible』アプリならストリーミング、オフライン再生もOK!
  • 会員なら30%OFFでオーディオブックが買える
  • 会員専用のポッドキャストが聴き放題

40万冊以上ものラインナップ!

オーディオブックを取り扱うサービスのなかでも、『Audible』で特筆すべき点は作品数の多さ業界トップクラスのタイトル数を取り扱っており、種類も豊富です。

ビジネス書や自己啓発本はもちろん、ライトノベルから洋書までさまざまなカテゴリーから自由に作品を選べます。

圧倒的なタイトル数を誇る『Audible』なら、あなたの気になる作品が見つかるはず。オーディオブックを聴きたいならまず『Audible』の無料体験を試してみてはいかがでしょう。

Audibleのトップページ

『Audible』はストリーミング、オフライン再生もOK!

『Audible』のアプリではオーディオブックのストリーミング再生が可能。Wi-Fiがなくてもオーディオブックを再生できるので、通勤中や外での作業中でも聴けます。

またオフライン再生も可能。データ通信量が気になる方は事前にダウンロードしましょう。

『Audible』アプリ再生画面

▲ダウンロード済みのタイトルは「ライブラリー」から再生可能。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

会員なら30%OFFでオーディオブックが買える

『Audible』会員になればすべての作品が定価の30%OFFで購入できます。

『audiobook.jp』の還元率(27.3%)と比べると『Audible』の方が約3%お得。買い切りのオーディオブックを取り扱うサービスのなかではトップクラスのお得さを誇っています。

『Audible』会員価格の例

▲通常価格4,500円のところ、会員なら30%オフの3,150円で購入できる。

会員専用のポッドキャストが聴き放題

オーディオブックの他に用意されているのが、『Audible』会員限定のポッドキャスト(インターネットラジオ)。ビジネス、エンタメ、ライフスタイルなどのさまざまなジャンルが用意されています。

過去にはポッドキャストで「ハリーポッター」作品を無料で公開していたこともあります。魅力的なコンテンツが多いので、息抜きやちょっとした学習にピッタリです。

『Audible』ポッドキャスト一覧

▲ポッドキャストでは、バラエティに富んださまざまなタイトルがそろっている。

『Audible』のメリット・デメリット

ここでは『Audible』のメリット・デメリットについてそれぞれ紹介していきます。

メリット

オーディオブックは聴く読書なので、通勤中、家事などの作業中、睡眠前などのシチュエーションでも楽しめたり、目が疲れなかったりとメリットがあります。

中でも『Audible』には以下のメリットがあります。

Audibleのメリット

  • 月額1,500円で12万タイトルが聴き放題
  • Audibleオリジナルタイトルが楽しめる
  • 会員はオーディオブックの全タイトルが30%OFFで購入可
  • 会員専用のポッドキャストが利用可能
  • 購入した本は退会後も残る

『Audible』の最大のメリットは作品数。月額1,500円で12万タイトルが聴き放題。『audiobook.jp』の聴き放題の対象が1万タイトルなので、かなり多くの作品を聴けます。

どのオーディオブックを試したらいいか迷っている方は、好みの作品が見つかりやすい『Audible』から始めてみてはいかがでしょうか。

デメリット

Audibleのデメリット

  • 月額料金やオーディオブックの金額が高い

オーディオブックはプロのナレーターが読んでくれているため、紙の本や電子書籍より値段が高めに設定されています。中でも『Audible』のオーディオブックの価格は高いです。

『Audible』のオーディオブックの価格は2,000円以上のタイトルが多いですが、『audiobook.jp』では1,000円台のタイトルが豊富。さらに『Audible』の月額料金1,500円に対して『audiobook.jp』は月額880円。安く済ませたい方にとっては少し負担がかかります。

Audibleはどんな人に向いている?

Audibleが向いている人

『Audible』はオーディオブック初心者におすすめです。12万以上のタイトルが収録されているので、さまざまなジャンルの本を手軽に聴くことができます。

ビジネス書や語学などスキルアップ系のタイトルも豊富。スキマ時間に新しい知識を得るなんて使い方もアリです。

Audibleが向いていない人

月額料金が気になる人は『Audible』に向いていません。オーディオブック以外にも、いくつかサブスクリプションサービスを利用している方にとっては、月額金額がネックになることがあるでしょう。

『Audible』の月額料金は1,500円。対して『audiobook.jp』だと月額880円です。またオーディオブックの価格も『Audible』は2,000円以上のタイトルが多いですが、『audiobook.jp』では月額1,000円台のタイトルが豊富です。

安く済ませたいという方は『audiobook.jp』の方が良いでしょう。

『Audible』の登録・退会方法

こちらでは『Audible』の登録・退会方法を紹介します。

『Audible』の登録方法

1.「30日間無料体験を試す」をクリック

Amazonのオーディブル会員登録ページにアクセスし、「30日間無料体験を試す」をクリック。

AmazonのAudibleの画像

2.Amazonへログイン

お持ちのAmazonアカウントにログインします。メールアドレス、パスワードを入力します。

Amazonへのログイン画面

3.「無料体験を試す」をクリックして登録完了

申し込み画面で「無料体験を試す」をクリックすると登録が完了します。Amazonアカウントにクレジットカード、デビットカードの登録が済んでいない方は事前に登録しておきましょう。

申し込み画面

無料体験利用時の注意点

無料体験の期間は登録日を含め30日間。30日後の夜中の0時を過ぎると、月額料金1,500円の請求が発生します。

30日以内に解約すれば料金はかかりません。無料体験中に継続利用しないと判断された方は事前に退会手続きをしましょう。

『Audible』の退会方法

1.Audibleトップページからアカウントサービスにアクセス

Audibleのトップページ上段からアカウントサービスにアクセスします。

アカウントサービスへのアクセス

2.「退会手続きへ」をクリック

退会手続きへ

3.「このまま退会手続きを行う」を選択

このまま退会手続きを行うを選択

5.「退会手続きを完了する」をクリックで退会完了

アンケート回答

4.アンケートに回答して「次へ」

退会手続きを完了する

解約の詳しい手順はこちら

Audibleの解約・退会方法 休会との違い、コインや購入した本について徹底解説

『Audible』の支払い方法

『Audible』で利用できる支払い方法は、請求書先住所が日本国内に設定されたクレジットカード、デビットカードのみ。これらを持っていない場合は『Audible』を利用できず、無料登録もできません。

Amazonが母体のサービスですが、Amazonギフトカードのチャージ・コンビニ支払い・銀行引き落としなどは利用できません。

『Audible』の料金発生日はいつ?

月額料金は、登録後31日目に発生します。たとえば1月1日に加入したら1月31日の夜中0時を過ぎると支払いが発生。

「月初に入った方がお得」「月末は損をする」といったことはありませんが、日付が変わると1日分カウントされるので、なるべく日中に登録するのがおすすめです。

次回の請求日を確認する方法

『Audible』の請求日はユーザーの登録日によって異なるため、自身で確認する必要があります。

【おすすめ】『Audible』アプリから確認する

『Audible』アプリの「プロフィール」をタップして確認

『Audible』請求日を確認する方法

プロフィールから次回の請求日を確認可能です。無料体験だけ利用したい方は請求日前に解約手続きを済ませておきましょう。

上記画像の場合、2022年1月13日までに解約すれば料金は発生しません。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Webからの確認方法

ログインした状態でアカウント情報ページへアクセスし、「次回ご請求日」をチェック

「次回ご請求日」を確認

Webからの場合は『Audible』にログインし、アカウント情報から次回の請求日が確認できます。

『Audible』の使い方・機能

『Audible』アプリでは早送り・巻き戻し、再生速度の変更、目次別に聴く、スリープタイマー、ブックマークなど移動中などに便利な機能が使えます。

再生画面

Audibleアプリに搭載されている便利な機能は以下です。

再生速度の変更:0.5倍速〜3.5倍速まで0.1倍ずつ速度を調整できる
目次:書籍の各目次ごとに再生開始する機能
スリープタイマー:5分後〜120分後、章の終わり、好みの時間にカスタマイズして自動的に再生を終了する機能
ブックマーク:気になった箇所に目印やメモを残せる
早送り・巻き戻し:30秒ごとに早送り・巻き戻しできる
ドライブモード:画面のボタン表示が大きくなり、運転中でもタップしやすくなる
オフライン再生:端末に作品のデータをダウンロードして再生する
ボタンなしでの操作:ボタンを使わず、スワイプで直感的に操作できるようになる
ダークモード:アプリ全体が黒を基調とした配色になり、目の負担や電池消費を軽減
シェア:TwitterやInstagramなどSNSに作品をシェアできる
付属資料・PDF:書籍内に掲載されている図や画像を表示する

例えばドライブモードでは以下のように、画面が必要最低限の機能のみになることで運転中でも操作しやすくなります。

『Audible』を使う方は移動中や作業中の方が多いと思うので、この機能は重宝するのではないでしょうか。

ドライブモード

▲ドライブモードの画面。

『Amazon』プライム会員に特典はあるの?

2022年2月1日現在、『Amazon』プライム会員が『Audible』に加入したときにもらえる特典はありません。しかしプライム会員、非プライム会員でも適用されるキャンペーンがたびたび開催されています。

過去には『Audible』の無料期間が3ヶ月になったり、月額会員になった最初の月に3冊無料でもらえたりといったキャンペーンが不定期でありました。

『Amazon』や『Audible』の公式サイトからキャンペーン情報は随時確認できるので、お得に特典をもらいたい方は定期的にチェックしましょう。

プライム会員限定キャンペーン

▲過去に行われた、3ヶ月間70%OFFキャンペーンの画像。

キャンペーンの最新情報はこちら

Audibleキャンペーン・セールまとめ 30日間無料など【8月12日更新】

最大50%割引? 特定の条件で割引価格が提案されることも

『Audible』から「3ヶ月間の50%オフなどのさまざまな割引が提示された」という報告があったので紹介します。

前提条件として、この割引は必ず適用されるとは限りません。筆者も試してみましたが、特に割引されませんでした。

しかし、この割引方法は公式で推奨されている手段ではありません。いきなりペナルティを受けることは無いと思いますが、この手段が流行した場合は何らかの措置を取られる可能性があります。

手順を解説しますが、あくまで自己責任でお願いします。まずAudibleをまだ利用したことのない方は下記ボタンリンクから無料体験を開始してください。

1.アカウント情報から[退会手続きへ]を押す

アカウント情報

2.[このまま退会手続きを行う]を押す

退会手続き画面

3.[月会費が高すぎる]にチェックを入れて[次へ]を押す

退会手続き画面

退会理由で「月会費が高すぎる」を必ず押すようにしましょう。それ以外の選択肢では割引が表示されない可能性が高いです。

4.結果を確認

退会手続き画面

この段階で、割引価格の提案がされていれば成功です。なお、画像の通り筆者のアカウントでは特に割引の提示はされませんでした。

このとき[退会手続きを完了する]を押してしまうとAudibleを退会してしまうので、退会の意志がない場合は押さずにこの画面から戻りましょう。

『Audible』の口コミ・評判

Applivに寄せられた『Audible』のアプリレビューから一部抜粋しました。加入を悩んでいる人は参考にしてみてください。

様々な作品をプロのナレーターの音声で読み上げてくれるって凄いですよね。

すでに亡くなられている作家の講演の音声等はオーディオブックならではだと思います。

本を読むのではなく聴くアプリ。自分で読んだ後に聴いてみるのも良いかもしれない。

『Audible』はお得さも作品数も圧倒的!

オーディオブックの30%割引や40万冊以上のラインナップを備えたAudible』は、オーディオブックサービスのなかでもトップクラスと言えます。

”聴く読書”を始めてみたいと考えている方は、『Audible』を選んでおけば間違いありません。

30日以内に退会すれば料金は発生しないので、まずは気軽に試してみましょう。

こちらの記事もおすすめ

「オーディオブック」とは? メリットやおすすめアプリ6選の特徴、選び方などを解説!
「Audible(オーディブル)」とは? 解約・退会方法や使い方、おすすめ作品など紹介