• TOP
  • ツール・サービス
  • WeChat(微信)って? LINEとの違いや使い勝手を、実際に利用している筆者が解説

世界で億単位のユーザーがいる主要なメッセージアプリといえば『Facebook Messenger』『LINE』『Skype』『WatsApp』などが有名ですが、実は『WeChat(微信)』もその一つ。10億人以上のユーザー数を持つ巨大メッセージアプリです。

「特徴やLINEとの違い」「なぜ10億人ものユーザーに使われているのか」「日本では使えない機能」など『WeChat』の気になるポイントを、国際的な接点が多く世界の主要メッセージアプリをすべて均等に使い続けている筆者が、画像付きでわかりやすくご紹介いたします。

WeChatとは

『WeChat』は10億以上のユーザー数を持ち、主に中国・マレーシア・インド・インドネシア・オーストラリアなど中国を中心とした海外ではポピュラーなメッセージアプリです。

日本では『LINE』が主流で『WeChat』の知名度は高くありませんが、最近街角で「WeChat Pay」を見て知ったという方も少しずつ増えているようです。

Wechat(ウィーチャット/微信)立ち上げ画面「Hello World」

▲『Wechat』立ち上げ画面「Hello World」

『WeChat』自体は騰訊公司(Tencent、※以下Tencent)が開発したメッセージアプリ『微信』(ウェイシン)の世界向けパッケージ。Tencentは世界時価総額が4750億ドルにものぼる、Microsoftなどのトップアメリカ企業に続くランキング8位の中国大手IT企業です。

安全面は? 国際認証を取得

WeChat(微信)の安全面ですが、国際的に力を持つ認証をいくつか取得しています。

「TRUSTe(アメリカ発の個人情報保護第三者認証プログラム)」や最も厳しい国際規格である「ISO/IEC 27001(情報セキュリティ管理システム)」及び「ISO/IEC 27018(パブリッククラウドにおける個人情報保護)」の認証も取得しており、認証機関であるBSI(英国規格協会)の公式HPからも確認ができます。

WeChatの特徴・LINEとの違い

機能はLINEと同じようにチャット・モーメンツ(タイムライン)・ウォレット/WeChat Pay(中国版微信のみ使用可)と大きく分けて3つあります。

LINEにない機能は「ミニプログラム」・「近くの人を探す」・「Red Packt(中国版微信のみ)」など。ほかに既読がつかなかない・タイムラインの表示・チャット内翻訳といった細かな違いもあるので、見ていきましょう。

既読がつかない

一喜一憂したり、疑心暗鬼にもさせられるのがLINEの「既読」。WeChat(微信)は既読機能自体ありません。お互い気にせず気軽にメッセージできるので、既読スルーから悩まされることがなくなります。

LINEの場合は既読スルーを気にする(image)

モーメンツ(タイムライン)の表示

LINEは設定によりタイムラインに友達以外の「いいね」も表示される場合があります。WeChat(微信)では「いいね」も「コメント」も共通の友達からのものしか表示されません

また、友達に表示する自身の投稿件数や期間を「設定」で変更することもできます。大量にモーメンツを投稿をする人は、ここで配慮ができます。

近くにいる人が探せる

「近くにいる人」はLINEにはない機能。位置情報を許可すると、近くにいるユーザーが一覧で表示。選んだユーザーに挨拶を送ったり、メッセージのやりとりも開始できます。

チャット内で好きな言語に翻訳

LINEで翻訳する場合は翻訳アカウントを含めたグループトークを作る必要がありますが、WeChat(微信)ではメッセージを選択して右クリックで「翻訳」をパパッとしてくれます。

選べる言語数も多くどの言語に翻訳するかは全般の設定から変更することもできるので、語学学習にもつながります。

Wechat(ウィーチャット/微信)のチャット内翻訳画面

ステッカーはこんな感じ

WeChatのステッカーはLINEでいうスタンプにあたります。

Wechat(ウィーチャット/微信)のステッカー・スタンプ

LINEでは無料スタンプを色々使おうと思うと、商用アカウントの友だち追加でたくさん宣伝メッセージが来るように。WeChat(微信)は商用アカウントの友達追加なしで利用できる無料ステッカーが多いです。

また好きなときに任意で作者に報酬を送金できるところも変わっていて面白いですね。

注目のミニプログラム(小程序)

今日本のインバウンド関係者が注目する「ミニプログラム(小程序)」。ミニプログラムは、WeChat(微信)内の小さなアプリと考えてよいでしょう。多くは企業が出すミニプログラムで、内容としてはニュース・買い物・音楽・ゲームなどがあります。

『WeChat』を使っている最中に、例えば「ユニクロ」を別ブラウザで立ち上げたりアプリを別途DLすることなく購入までできるのが特徴です。

ユニクロ(中国版)のミニプログラム

Wechat(ウィーチャット/微信)のミニプログラム画面

▲WeChat(微信)内のミニプログラムは立ち上がりが軽い。

ウォレット/WeChat Pay・Red Packet(紅包)

残念ながら世界向けパッケージ『WeChat』にはウォレット(お財布)機能自体がありません。

ウォレット「微信钱包(WeChat Wallet)」を使用するには中国版『微信』に中国の銀行口座・身分証明書・電話番号の3点を紐付ける必要があります。

Wechat Wallet(微信钱包)

▲ウォレットとWeChat Payの画面。QRコード決済時は左上の「マネー」をタップ。

近年ニュースで取り上げられるほど、中国は『微信』(WeChat)のおかげでキャッシュレスが進んでいます。旅行者は「クレジットカードや現金を持参したが何も買えず困った」と言うぐらい、現地では微信支付(WeChat Pay)がすでに財布代わりとなっています。

上海の決済用QRコードがある風景

▲上海の決済用QRコードがレジにある風景。

Wallet(ウォレット)を開通すると具体的に以下2機能が使えるようになります。ここでは中国国内の事情を少し紹介いたします。

1.WeChat Pay(送金機能)

いわゆるQRコード決済。コンビニなどお店での支払いだけでなく、友だち追加の要領でQRコードを作って読むことで送金及び金銭の受け取りが可能に。幹事が大勢から集金する際や、ちょっとしたお金の貸し借りでも非常便利。

日本でも中国人観光客向けに、Wechat Pay支払いを導入するお店が増加しています。

神社でWechat Payお賽銭対応

▲日本の日光東照宮でもWeChat Payでお賽銭を払うことが可能。

2.Red Packet(紅包)

Red Packet(紅包)はお年玉やお祝儀をイメージ

世界中のメッセージアプリでも『微信(WeChat)』にしかないのが「Red Packet(紅包)」。お年玉やご祝儀のようなイメージですが、堅苦しいものではなく「春節(旧正月)」や普段の「おめでとう」「ありがとう」といった場面で送り合うもの。

上記以外にも、様々なシーンでRed Packet(紅包)は面白い使われ方をされています。

【来店のお礼としてQRを設置するお店】
QRコードを読み取ったお客さん全員にRed Packet(紅包)をあげることができます。日本との一番の相違点は、店ごとに違う「○○ポイント」ではなく銀行に紐付いた「現金」であること。

【グループチャット内で送る】
グループ内のメンバーに対し、配布数量と金額を指定して「同じ金額」か「ランダムな金額」を送ることができます。

Wechat(ウィーチャット/微信)のRed Packet(紅包)でグループ内にランダムな金額を送信

「ランダムな金額」のときは、送る側にも誰がいくら受け取れるかわかりません。開封後に誰がいくら手に入れたかお互いに見えるので、ここで一笑い起きます。

【音沙汰のない恋人(?)に送る】
音信不通になりかけている人にRed Packet(紅包)を出すと、十中八九飛びつきます。WeChat(微信)には既読機能がないため、連絡を取りたい人をおびき出すのに使う人もいるとか。お金でヨリが戻せるといいですね。

Wechat(ウィーチャット/微信)のRed Packet(紅包)

WeChatをいつ使うか

日本人の多くは「中国を相手にビジネス」「中国人の友人・親族との連絡」「出張や旅行」といったシチュエーションで、『微信(WeChat)』を使うことになります。

また使う際に中国政府が持つ「グレート・ファイアーウォール」(検閲機関)がどの程度『微信(WeChat)』に影響するのかも正しく理解しておきましょう。

ビジネス上中国とのやり取りで

中国を相手にビジネスをするなら必須のアプリ。中国ではよほど重要な契約または企業秘密の情報でない限りは、ビジネスにおいても連絡手段は『微信(WeChat)』です。

中国人の友達・親族連絡に

日本文部科学省が2008年に策定した「留学生30万人計画」が今年達成されました。グローバル化を目指す今の政策の影響もあり、外国人が目に見えて増えています。

中国人との交流を持ったことをきっかけに、微信(WeChat)を使い始めたという方も増えています。

出張や旅行の時に

まず中国人との連絡は微信ですし、支払いも微信です。特に長期滞在となると、『微信(WeChat)』なしには何もできないと言っても過言ではありません。また、日本人でも現地の銀行口座を開設できれば「微信钱包(WeChat Wallet)」は開通が可能です。

出張や旅行時に

中国政府「グレート・ファイアーウォール」の影響

中国にいる人は反対勢力・違法情報・ポルノ・海外の一部サイトやサービス(LINE・Twitter・Facebook・You Tubeなど)にアクセスすることができません。中国に行くと、いくらか情報が遮断されてしまいます。この中国政府「グレート・ファイアーウォール」(検閲機関)の目的はあくまで自国民の囲い込み。具体的には政治的問題につながる自国民にとって有害な「コンテンツ」が検閲の対象となっており、どの中国IT企業もいかに政府側の要求を最低限満たして運営するかが問題に。

『微信(WeChat)』では、1日に450億回のメッセージと4億回のビデオ電話が利用されています。
検閲機関では「敏感ワード」というフィルターなるものを設けており、「香港デモ」といった中国政府が問題視するワードを複数回入力したメッセージのアカウントは一時的にロックまたは削除されることがあります。発信時は注意が必要になります。

なぜ中国で主要アプリに?

『微信(WeChat)』のユーザー数は主に中国を中心に伸び、現在10億人以上。驚くことに55歳以上のアクティブユーザーは6300万人にものぼります(Tencent 2018年次レポートより)。ここまでユーザー数が伸びた要因はいくつかあります。

「Facebook Messenger」「LINE」が選べない

上述のとおり中国共産党は自国民を囲い込むため、「グレート・ファイアウォール」(検閲機関)によって有害(ポルノ・反政治的勢力など)及び国外の一部サイトへのアクセスをブロックしています。つまり中国国内にいる中国人は共産党が認めるサイトやサービス以外にアクセスができないのです。

グレート・ファイアウォールの壁イメージ

ただし、「グレート・ファイアウォールがある=微信(WeChat)を選ぶ」ということでもありません。

Tencent6億のQQユーザーが支持

中国国内でも無数にあるサービスの中で、『微信(WeChat)』が選ばれる理由は他にもあります。

『微信(WeChat)』を開発したTencentは1999年に総合プラットフォームの「QQ」をリリースしており(※注釈)、ユーザー数は6億人以上。ここから発展し、今では「QQをSNS等活動空間」+「Wechat(微信)を連絡&決済手段」として利用する現状につながっています。


※「QQ」とはメッセージチャット・SNS・映画・音楽・ゲームまでもが包括的に楽しめる総合プラットフォームのようなもので、中国ではほとんどの人が使っている有名な大型サービス。スマホの登場前まではパソコンでの利用が中心。

Tencent 2019レポート表紙:QQとWechatアイコン

▲左のペンギンが「QQ」で右が『Wechat』のアイコン。

20以上の言語版を持つ

WeChat(微信)では日本語を含む20以上の言語版があり、受信したメッセージも右クリックで「翻訳」をすることができます。世界中にいる友人親族と簡単につながれるのも支持される要因の一つでしょう。

わたしがWeChatを使う理由

中国人と連絡を取る必要がある以外の理由で、私自身なぜ『WeChat(微信)』を使い続けているのか考察してみました。

中国の生活が見えるから

現在ライター以外に日本語教師も生業にしています。中国人の教え子も多いため、現地の生活が見えるのは良い刺激になります。

中国の生活、上海の今

既読がつかずストレスフリー

LINEだと「メッセージ読んだよね?!」「なんで読んでないの?」などといったいざこざは少なからずあります。既読機能がないのは本当に良い点だと思います。

無料ステッカーの使いやすさ

WeChat(微信)は商用アカウントの友だち追加なしに使えるステッカー(スタンプ)がたくさんあります。宣伝メッセージが増えてごちゃごちゃすることがなく、チャット一覧画面はかなりスッキリしています。

Wechat(ウィーチャット/微信)ステッカー追加画面

▲何人の友達がそのステッカーを使っているかも一目瞭然。

新機能・動向に目が離せない

筆者は世界の主要メッセージアプリはすべて均一に使用しています。当初はボイスメッセージ・ビデオ通話などの機能リリースがLINEより早く、日本国内でも家族とのビデオ通話やボイスメッセージが便利でした。

最近では24時間で消えるストーリーのような動画投稿「タイムカプセル」機能もリリース

Wechat(ウィーチャット/微信)タイムカプセル

また先述の「ミニプログラム(小程序)」はiOSアプリやAndroidアプリに代わる可能性も指摘されており、今後の動きに目が離せません。

【最後に】情報を守るのは自分

世間ではFacebookの個人情報漏洩(朝日新聞)や米個人情報収集(日経新聞)など多種多様な問題があります。どんな国もサービスも結局は「人」が運営しています。Apple StoreやGoogle Play内にあるアプリでも、危険なアプリは潜んでいます。

筆者は「自分の情報を守れるのは自分だけ」だと肝に命じた上で、各社サービスを利用しています。情報化社会で情報の受発信が手軽になった一方、各社「情報漏洩」のリスクと常に隣り合わせであることを、ユーザーは理解した上で各種サービスを利用することが大切です。

WeChat

WeChat

3.15

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

LINEでブロックされたらどうなる? 確認方法、非表示との違いなど【2019年版】 - Appliv TOPICS
Twitter(ツイッター)使い方&便利ツールまとめ 基本から応用まで - Appliv TOPICS