• TOP
  • LINEの使い方
  • 【2020最新】LINE 既読をつけずにトーク内容を読む3つの方法【iPhone/Android/PC】

『LINE』では既読をつけずにトーク内容を見る方法が存在します。この方法を利用すればトーク内容を確認しつつ、返事を先延ばしにしたとしても相手から「既読無視」や「既読スルー」と言われることもありません。

本記事では既読をつけずにLINEのトーク内容を確認する方法を紹介。既読スルーはしたくないけどトーク内容を確認したい人は、ぜひ活用してみてください。

【方法①】確認したいトークを一覧画面で長押し(iPhone限定)

iPhoneでは「触覚タッチ(長押し)」を利用して既読をつけずにLINEトークを確認することできます。操作方法はとても簡単で、既読をつけずにメッセージの内容を確認したいトークを一覧画面上で長押しするだけ。そうすることでプレビューが表示され、LINEトークを閲覧できます。

プレビューを開いただけでは既読にはならないため、既読をつけることなくトーク内容を確認できるというわけです。ただしプレビューはスクロールすることができないため、既読をつけずに確認できるトーク内容は最新の2~3件ほど。すべてのトークを既読せずに確認できるわけではありません。

LINEプレビュー表示

3D Touchだけでなく触覚タッチにも対応

以前は「3D Touch」にしか対応していませんでしたが、iOS版LINEアプリがバージョン9.16.5にアップデートされてから、iOS 13の「触覚タッチ(Haptic Touch)」に対応。「3D Touch」機能が搭載されていなかったiPhone(XRや11シリーズなど)でも既読をつけずにLINEのトーク内容が見られるようになりました。

触覚タッチはiOS 12から実装されていますが、iOS版LINEアプリのバージョン9.16.5が対応しているのはiOS 13以上の触覚タッチです。LINEはアップデート済みなのにプレビューが表示されない場合は、iOS 13以上にアップデートされていない可能性が高いので確認してみてください。

iPhoneのiOSバージョンを確認する方法・最新版にアップデートする方法

【方法②】メッセージ通知の内容を表示させる(iPhone/Android共通)

LINEアプリ内の通知設定にある「メッセージ通知の内容表示」をオンにしておけば、通知欄にメッセージ内容が表示されるため、既読をつけずにメッセージ内容の確認ができます。

ただ、通知欄上で確認できる内容には文字数制限があります。もし相手が長文でメッセージを送ってきた場合は、途中でメッセージ内容が途切れるため、前半部分しか確認できません。

LINE通知メッセージの内容表示

▲右側のように長文が送られてきた場合、「…」と文章が途切れる。

また、間違えて通知欄をタップしたりスワイプしたりするとLINEアプリが開き、既読がついてしまうので注意してください。

「メッセージ通知の内容表示」設定をオンにする方法

LINEアプリのホーム画面にある[歯車アイコン] → [通知] → [メッセージ通知の内容表示]の順にタップし、設定をオンにすれば完了。

下記画像と多少画面は異なりますが、Androidスマホでも手順は同じです。

LINE通知設定画面への手順
LINE通知設定画面

【方法③】「あんりーど」などの既読回避アプリを利用する(Android限定)

Android端末を利用している方は、サードパーティ製のアプリ「あんりーど」「のぞきみ」などを利用することで、既読をつけずにLINEトークの内容を確認できます。

※「あんりーど」のような機能を持ったサードパーティ製アプリはAndroid向けのみ配信されており、iPhoneでは利用できません。

あんりーどのトーク画面

▲「あんりーど」から見た画面。LINEのトークと同じような作りになっている。

「あんりーど」などのサードパーティ製アプリから確認できるメッセージの内容は、本アプリをインストールした後に届いたトークに限ります。インストール前のメッセージ内容は確認できません。

ただ、上述の【方法①】【方法②】と違ってトーク内容をスクロールして遡れるので、アプリインストール後であれば何週間も前のトーク内容を確認することも可能です。

きどくつけずに読むアプリ あんりーど 写真やスタンプも見れる既読回避アプリ

Curande Apps

3.36

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

その他、実用性は低いが既読をつけずにトーク内容を見る方法

実用性はかなり低いですが、方法①~③以外にも既読をつけずにトーク内容を確認する方法があるので紹介します。

機内モードにしてからトーク内容を確認する

機内モードにしている間は、トーク内容を確認しても既読がつきません。しかし、機内モードを解除した時点で既読がついてしまうので、実用性はかなり低いと言えます。

※機内モード解除時にトーク画面やLINEアプリを起動させていなくても既読はつきます。

PC版LINEで別ウィンドウを開いておく

PC版LINEはトーク画面を開いたままでも一切操作をしなければ、新着メッセージが届いても既読はつきません。この仕様を応用し、別ウィンドウで開いたトーク画面を非アクティブウィンドウ(放置状態)にしておけば、既読をつけずにトーク内容を確認し続けることができます。

別ウィンドウで開いたトーク画面をスクロールしたりクリックしたり、何かしらのアクションを起こすと、既読がつくので注意してください。

PC版LINE別ウィンドウ画面

▲左:PC版LINEの別ウィンドウ画面(受信側)、右:スマホ版LINEの画面(送信側)。非アクティブウィンドウのままでいると、送信側に既読がついていなことがわかる。

別ウィンドウの開き方

トーク画面上の名前横にあるアイコン(四角が重なっているもの)をタップすれば、別ウィンドウでトーク画面が開きます。

PC版LINEトーク画面
PC(パソコン)版『LINE』の使い方・特長を徹底解説 スマホ版との違い

既読をつけずにLINEのトーク内容が閲覧できない場合

LINEまたはiOSがアップデートされていない

LINEアプリが9.16.5以降に、iPhoneがiOS 13以降にアップデートされているか確認してください。どちらか片方のバージョンを更新していない可能性が高いです。

LINEアプリのアップデート・自動更新の設定方法【2020年版】
iPhoneのiOSバージョンを確認する方法・最新版にアップデートする方法

触覚タッチおよび3D Touchに対応していない

古いiPhoneだと触覚タッチ、3D Touch両方に対応していないので、このやり方で既読をつけずにLINEのトーク内容を閲覧することはできません。対応しているiPhoneは以下のとおり。

触覚タッチ、3D Touchに対応しているiPhone

・iPhone SE
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone X
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone SE(第2世代)

触覚タッチ、3D Touch設定がオフになっている

「触覚タッチ」「3D Touch」の設定がオフになっているため、長押ししてもプレビューが表示されない可能性も。iPhone本体の設定画面を確認してください。操作手順は以下のとおり。

1. 設定画面の「アクセシビリティ」をタップし、「タッチ」を選択。
2. 「3D Touchおよび触覚タッチ」がオフになっていないか確認。

iPhone 設定画面
iPhone タッチ設定画面

▲iPhone SE(第2世代)など、3D Touchに対応していない機種は「触覚タッチ」と表記されている。

こちらの記事もおすすめ

『LINE STORE(ラインストア)』の賢い使い方 スタンプやゲーム内通貨がお得に買える!
LINE 送信メッセージの取り消し方 通知でバレる? 復元方法や削除との違いは?
LINE

LINE Corporation

4.38

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG