• TOP
  • LINEの使い方
  • 【2024年版】LINEアプリのアップデート・自動更新の仕方 いつでも最新バーションに
本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「LINE(ライン)」のアプリのアップデートの仕方がよくわからなくて、古いバージョンのまま使っている方もいます。

しかし古いままにしておくと、友人とのやり取りができない、アプリそのものが起動しない、画像が送れないなんて事態も。

本記事ではスマホ(iPhone/Android)・パソコン(Windows/Mac)の「LINE」アプリアップデート方法を画像付きでわかりやすく解説。できるだけ安定したバージョンにアップデートして、不具合が起きにくいようにしましょう。

「Kindle Unlimited」が2ヶ月99円!

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」が、2ヶ月99円で利用できるキャンペーンが実施中。通常は1ヶ月980円なので、2ヶ月で1,861円もお得になる大チャンス!!(表示される特別プランの金額が異なる場合があります)
ビジネス書・実用書・小説・マンガなど読み放題のジャンルは多岐にわたるのできっとあなたの読みたい本が見つかります!
「あなたへの特別プラン 2ヶ月99円キャンペーン」は公式サイトにて本キャンペーンが表示されたユーザーのみ利用できるので、まずは下のボタンからチェックしてみましょう!

キャンペーンの確認はこちらから

【更新情報】
・2024年1月16日:2024年1月時点でのアプリ情報へ更新しました
・2023年11月10日:スマホ向け簡単アップデート方法を追加しました
・2023年11月10日:LINEのバージョンを確認する方法を追加しました
・2023年11月10日:アップデートできないときの対処法を追加しました

LINEの最新バージョンと簡単アップデート方法

【2024年1月時点の最新バージョン】

iPhone版:バージョン13.21.0
Android版:バージョン13.21.0
Windows版:バージョン8.5.1
Mac版:バージョン8.5.2

「LINE(ライン)」の最新バージョンのリリース情報は公式LINEで定期的に発信されています。

最新バージョンやそれに伴う不具合の情報が気になる方はチェックしてみましょう。

-

【スマホ向け】LINE簡単アップデート方法

スマホアプリの場合、公式のアップデート用のリンクからアプリストアの「LINE」の画面にすぐ遷移できます。

もし現在の「LINE」が最新バージョンでない場合、[更新]ボタンが表示されるので、そこからアップデートをしましょう

[開く]が表示された場合は、すでに最新バージョンの「LINE」が導入されています。アップデートの必要はありません

LINEを最新バージョンにアップデートする
LINE アップデート

▲アップデートが必要な場合、iOSなら[アップデート]、Androidなら[更新]と表示される

なお、PC版「LINE」やChorome版「LINE」ではこの方法は利用できません。

以下の手順からアップデートしてみましょう。

>>PC版「LINE」のアップデート方法はこちら
>>Chorome版「LINE」のアップデート方法はこちら

手持ちのLINEのバージョン確認方法

以下の手順で「LINE」のバージョンを確認することができます。なんらかの理由でバージョンを確認したい方は試してみましょう。

このアプリのおすすめポイント

  • 「LINE」アプリ左下の[ホーム]をタップ
  • 右上にある[歯車マーク]をタップ
  • 最下部にある[LINEについて]を選択
  • [現在のバージョン]を確認する
LINE バージョン確認方法

古いバージョンだとLINEとヤフーの連携同意ができないことも

「LINEが使えなくなるかも!(※)」と話題になっている「LINEとヤフーの連携への同意」ですが、「LINE」のバージョンが古いままだと、同意操作ができない場合があるようです。

バージョンアップ自体は5分もかからずできるものなので、済ませてしまいましょう。

LINE ヤフー連携同意画面

▲LINEのバージョンが古いと、上記の連携画面が出ない可能性がある

Q10 LINEやLINEグループ・ヤフーのサービスの継続利用にプライバシーポリシーへの同意は必須でしょうか

引き続き、当社サービスをご利用いただくに当たっては、LINEヤフープライバシーポリシーへの同意が必要となります。

なお、同意せず「あとで確認する」ボタンを押した場合も、一定の頻度でプライバシーポリシーの同意画面が掲出されますので、再度掲出の際に同意ください。11月以降も同意いただいていない場合、順次、サービス利用時にプライバシーポリシーの同意画面が掲出され続けるようになります。

またLINEアプリの「account center」([ホーム>設定>account center])からも同意が可能です(アプリを最新バージョンにアップデートしていただく必要がございます)。

別途、LINEアカウントとYahoo! JAPAN IDを連携する「アカウント連携」は任意となり、LINEアプリやYahoo!メールなどの継続利用は、プライバシーポリシーの同意のみで可能です。
出典元: LINE株式会社とヤフー株式会社のプライバシーポリシー統合の案内より

現状は「いずれは同意してほしいが、すぐに同意しなくても使い続けられる」という形です。プライバシーポリシーへの同意は2024年1月時点で必須ですが、Yahoo!IDがなくても「LINE」を使い続けられます。

アップデートは通信環境の安定している場所で!

アップデートのダウンロード中は通信が発生し続けます。時間がかかることもあり、通信量が大幅にかかるうえ通信制限でアップデートに失敗してしまうことも。

Wi-Fiに接続できる、通信量に余裕があるなど通信が途切れにくい環境でアップデートをおこないましょう。

スマホアプリ版のアップデート方法

iPhoneでは「App Store」、Androidでは「Google Play ストア」を使用したアップデート方法を解説していきます。

iPhoneでのやり方

  • STEP1

    ホーム画面の[App Store]をタップ

    AppStore アイコン

  • STEP2

    右上の人型アイコンをタップ

    AppStore内画面

  • STEP3

    「LINE」アプリの横にある[アップデート]をタップ

    AppStore アップデート

    アイコンがない場合は下にスクロールして探しましょう。アップデートの必要がなければそのままで問題ありません。

Androidでのやり方

今回は大抵のAndroid端末に入っている「Google Play ストア」を使用したやり方を解説します。

  • STEP1

    ホーム画面から[Play ストア](Google Play ストア)をタップ

    Playストア アプリアイコン

    アプリアイコンの場所は、各スマホや個人のカスタマイズによって異なります。

  • STEP2

    右上のアイコンをタップ後、[アプリとデバイスの管理]を開く

    Playストア 設定

  • STEP3

    [アップデート利用可能]の[詳細を表示]をタップ

    アプリ 更新

  • STEP4

    アップデートできていないアプリ一覧が表示されるので[更新]をタップ

    アプリ アップデート

    ここでLINEアプリが表示されていない場合は、すでにアップデート済みということです。自動アップデート設定をオンにしていない場合、この画面でLINEアプリをアップデートしてください。

PC版LINEでのアップデート方法

「LINE」にはPC版も存在します。アカウントは新規作成できずスマホアプリ版でのログインが必要ですが、スマホを使いながら「LINE」も使用したいときなどに便利です。

PC版LINEについて詳しくはこちら

PC(パソコン)版「LINE」の使い方・特長を徹底解説 スマホ版との違い

アップデート手順【Windows/Mac共通】

Windows/MacとOSが違っても手順は大きくは変わらないので、今回はWindowsで解説していきます。

1.画面左下の[・・・]を左クリックし、[LINE情報]を選択

[・・・]を左クリックすると小メニューが表示されるので、そこから[LINE情報]を選びましょう。

[…]をタップ

2.画面右上に[今すぐアップデート]が出ていれば、手順に従ってアップデート

アップデートをする必要がない場合、画面右上に「最新バージョンです。」が表示されます。

古いバージョンの場合、Windows版では[今すぐアップデート]のボタンが、Mac版では[App Storeへ移動]が画面右上に出現するので、そこを左クリックして手順にそってアップデートしましょう。

「今すぐアップデート」の表示

▲Windows版では「今すぐアップデート」、Mac版では「App Storeへ移動」と表示される(画像はWindows版)。

Chrome版LINEでのアップデート方法

Google Chromeのブラウザ上で利用できるChrom版「LINE」は、PC版とは機能などが少し異なります。こちらはPCへ直接のダウンロードが不要で新規アカウントも作成できるので、オフィスやネカフェなどのPCでも使いやすいのが特徴です。

Chrome版LINEについて詳しくはこちら

Chrome版「LINE」のダウンロード方法 Webブラウザの拡張機能の開き方

アップデート手順

1.画面右上の[︙]を左クリックし、[拡張機能を左クリック]

画面右上の[︙]を左クリックし、[拡張機能を左クリック]

2.「デベロッパーモード」をオンにし、[更新]を左クリックして完了

「デベロッパーモード」は白丸が右になっているとオフ、左になっているとオンです。左クリックでオンオフを切り替えられます。

[更新]を押すと「LINE」を含むすべての機能が更新されるので、更新したくないものがある場合には注意しましょう。

「デベロッパーモード」をオンにし、[更新]を左クリック

自動更新の設定方法【iPhone/Androidのみ】

自動更新の設定をしておけば確認などの手間がなくなり、アップデートのし忘れを防ぐことができます。

ただし滅多にありませんが、最新のバージョンで「LINE」アプリの動作が安定しない可能性も僅かながらあることも留意しておきましょう。

iPhone版のやり方

  • STEP1

    ホーム画面から[設定]をタップ

    ホーム画面

  • STEP2

    [iTunes StoreとApp Store]を開く

  • STEP3

    「Appのアップデート」をオンにする

    Appのアップデート

    ▲灰色だとオフ、緑色だとオン

「Appのアップデート」の横のアイコンが下画像のようになっていれば設定完了です。

自動更新ON

Android版のやり方

今回は大抵のAndroid端末に入っている「Google Play ストア」を使用したやり方を解説します。

  • STEP1

    ホーム画面から[Play ストア](Google Play ストア)をタップ

    ホーム画面

  • STEP2

    右上のアイコンをタップ後、[設定]を開く

    設定画面

  • STEP3

    [ネットワーク設定]を開き、[アプリのダウンロード設定]をタップ

    ダウンロード設定

  • STEP4

    ネットワーク環境に合わせた自動アップデート設定をおこなう

    アップデート設定

    「ネットワークの指定なし」は、スマホの通信・Wi-Fi環境のどちらかがあれば自動アップデートする設定です。通信料が気になる場合は「Wi-Fi接続時のみ」を選びましょう。

    必要なアプリのアップデートのみを毎回自分でおこないたい場合は「毎回確認する」を選択してください。自動アップデートはされません。

LINEがアップデートできないときの対処法

アップデートを試してもうまくいかない場合、以下の方法を試してみましょう。

多くはインターネットが不通だったり、端末側のストレージ不足だったりが理由で、アップデートに必要データをダウンロードできていません。

手軽なので、上から順に試してみるのがおすすめです。

LINEがアップデートできないときの対処法

  • 端末やアプリを再起動する
  • Wi-Fiを一度ON→OFFしてみる
  • 端末のストレージ容量を減らす
  • ストアアプリを再起動/ログインし直す

アップデートできない・失敗した時のためにバックアップを

アップデートをする際には、通信が途中で切れるなどのトラブル以外にアプリ側の不具合でデータが消えてしまったという報告も確認しています。

アップデートがうまくできなかったり、失敗して大事なデータが紛失したりしないようにアップデート前はこまめにバックアップを取るようにしましょう。

▲2019年の不具合報告。アップデートと同時に一部データが消失してしまった人がいたようだ。

iPhoneのバックアップはこちら

【iPhone】LINEトーク履歴のバックアップ・引き継ぎ・復元方法 機種変更も安心

Androidのバックアップはこちら

【Android】LINEトーク履歴のバックアップ・復元 機種変更時に引き継ぐ方法【最新】

新機能の追加もあるため、できるだけ最新バージョンを心がけよう

「LINE」はアップデートを重ねるごとに新機能が追加されることがあります。たとえばビデオ通話中に通話相手と「YouTube(ユーチューブ)」を見られる「みんなで見る」機能はバージョン10.6.5以上でないと利用できません。

そういった追加機能が使えないことによる不具合発生もありえるので、「LINE」はできるだけ最新のバージョンに更新しましょう。

ただし最新のバージョンは動作が不安定なケースがまれにあり、自動更新で最速アップデートをおこなうと、思いがけないバグを起こしてしまうことも。

そのため自動アップデートにはせず極力手動で更新するのがおすすめです。

こちらの記事もオススメ

「LINE」トーク履歴の削除方法 相手にバレるか? 間違って消したときの復元方法も網羅
LINE「リプライ」のやり方 引用返信ができてグループトークで便利
LINE

LINE Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG