• TOP
  • Android
  • AndroidスマホでSuicaを使う方法 登録からチャージの仕方まで徹底解説

外出するときにできるだけ荷物を減らしたい方は、スマホでの『Suica』利用がおすすめ。スマホからチャージや特急券の購入なども可能で、ICカードに比べて利便性が高いです。また再発行に手間がかからないのもポイント。万が一紛失しても駅に訪れる必要はありません。

本記事ではAndroidスマホで『Suica』を登録する方法を紹介。「モバイルSuica」アプリもしくは「Goole Pay」から利用できるので、自分の使いやすい方を選んで登録してください。

2月26日より年会費無料に

2020年2月26日より、Androidアプリ『モバイルSuica』は年会費が無料になりました。これまでビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)以外で『モバイルSuica』を利用する場合、年会費1,050円(税込)が発生していたため、仕方なく『Goole Pay』で利用していた方も多いのでは?

年会費が無料になったので、『Goole Pay』より機能面で優れている『モバイルSuica』に移行することをオススメします。

AndroidスマホでSuicaを利用する方法は2パターン

Android端末から『Suica』を利用する方法は、「モバイルSuica」または「Google Pay」からの2パターンです。それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。

※Androidで『Suica』を利用するには、おサイフケータイ対応かつAndroid4.4よりもバージョンが新しい端末である必要があります。

「モバイルSuica」と「Google Pay」を比較

機能・サービス モバイルSuica Google Pay
クレジットカード入金
現金チャージ
電車利用
買い物利用
残額表示
利用履歴表示
定期券の購入
グリーン券の購入
特急券の購入
タッチでGo!新幹線
エクスプレス予約サービス
JRE POINT
Suicaポケット
ネット決済
再発行
チャージ払い戻し

日頃から『Goole Pay』を利用しており、「操作に慣れている方で登録したい」というこだわりがなければ、基本的に『モバイルSuica』アプリでの利用をおすすめします。

以前は『モバイルSuica』の利用には年会費1,050円(税込)が発生していましたが、2月26日より年会費が無料になったため、再発行やネット購入できる『モバイルSuica』の方が使い勝手がいいからです。

・「モバイルSuica」または「EASYモバイルSuica」の登録手順はこちら
・『Google Pay』から『Suica』の登録手順はこちら

モバイルSuicaを利用する

「モバイルSuica」から「EASYモバイルSuica」に切り替えることはできないので気をつけてください(※EASYモバイルSuicaからモバイルSuicaへの切り替えは可能)。

それでは「モバイルSuica」の登録手順を紹介していきます。

「モバイルSuica」アプリの特徴

モバイルSuica

「モバイルSuica」というアプリを登録することでスマホから『Suica』を利用でき、ICカード同様に買い物や運賃の支払いが行えます。また特急券やグリーン券、定期券の購入も可能なので、わざわざ駅の券売機で発行するといった「めんどくさい」を解消できます。

クレジットカードを持っていない方はEASYモバイルSuica

「モバイルSuica」を利用するにはクレジットカードの登録が必要ですが、現金チャージのみ対応している「EASYモバイルSuica」なら不要です。ただしオートチャージはもちろん、特急券やグリーン券などの購入もできません。

モバイルSuicaの登録方法

1. 「新規入会登録」をタップし、「会員情報入力へ」を選択

モバイルSuica 新規入会登録

▲「会員規約・利用特約に同意する」にチェックをつけないと、「会員情報入力へ」は選択できない。

2. 氏名・生年月日など会員情報を入力し、「各種設定へ」をタップ

モバイルSuica 会員情報入力

3. パスワードなどを設定し、「クレジットカード情報入力へ」をタップ

カードタイプのSuicaからモバイルSuicaに切り替えられるのは、初回登録時のみ。登録完了後は切り替えられません。

モバイルSuica 各種設定

4. クレジットカード情報を入力し、「次へ」をタップ

モバイルSuica クレカ情報

5. セキュリティコードを入力し、「確認画面へ」をタップ

モバイルSuica クレジットカード情報

6. 入力内容を確認し、「登録する」をタップ

これにて「モバイルSuica」の登録完了です。

モバイルSuica 確認画面

モバイルSuicaのチャージ方法

チャージ時の注意点

・1回の入金額は500円~10,000円
・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円
・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可
・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可

オートチャージ

ビューカードで「モバイルSuica」を登録している方は、自動的に入金されるオートチャージが使えます。「◯円以下になったら、◯円チャージ」とあらかじめ設定しておくことで、改札入出場時に設定した金額以下になったときは自動でチャージされます。

ただし、『Suica』での買い物やバスの利用時にはオートチャージ機能は使えないので気を付けてください。また、利用明細書や領収書は出力できません。

クレジットカードでチャージ

「モバイルSuica」に登録したクレジットカードからチャージ可能。利用できるクレジットカードは以下のとおりです。
・ビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)
・JCB
・VISA
・Mastercard
・American Express
・Diners Club
・JR東海エクスプレス・カード


※海外で発行されたクレジットカードやデビットカード、プリペイドカード等は登録できません

現金チャージ

カードタイプのSuica同様にコンビニでの現金チャージも可能。セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。また、一部の駅に設置してある「モバイルSuica」対応のチャージ機からも入金可能です。

JRE POINTからのチャージ

ビューカードのクレジット払いで貯まるJRE POINTをチャージすることも可能。1ポイント1円として利用できます。ただ、利用できるポイントは通常ポイントのみ。期間限定ポイントは利用できません。

モバイルSuica 〜Suica電子マネー、定期券、Suicaグリーン券、新幹線をスマホで〜

東日本旅客鉄道株式会社

3.67

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

Google PayからSuicaを利用する

「Google Pay」アプリの特徴

Google Pay Suica

『Google Pay』から『Suica』を利用することも可能。「モバイルSuica」のように特急券やグリーン券などの購入はできませんが、年会費無料で手軽に始めやすいです。

すでに「iD」や「QUICPay」などで『Google Pay』を登録している方は、すぐに『Suica』を利用できます(利用規約に同意するだけ)。試しにスマホから『Suica』を使ってみたい方にピッタリです。

Suicaの登録方法

1. 「使ってみる」をタップし、Suicaをチェック。「同意する」を選択

Google Pay Suica利用開始

2. 入力項目を埋めて、「アカウントを作成」をタップ

Google Pay Suicaアカウント

3. 「OK」をタップすれば登録完了

Google Pay Suica

Google Payからのチャージ方法

「モバイルSuica」と比べてチャージ方法は少ないですが、1円単位でチャージできます。また、リマインダー機能が付いているので、残高が◯円以下になったときに通知が来るように設定することも可能です。

チャージするときの注意点

・1円単位でチャージ可能
・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円
・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可
・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可

クレジットカードでチャージ

「Google Pay」に登録したクレジットカードからチャージ可能。利用できるクレジットカードは以下のとおりです。
・ビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)
・JCB
・VISA
・Mastercard
・American Express
・Diners Club
・JR東海エクスプレス・カード


※海外で発行されたクレジットカードやデビットカード、プリペイドカード等は登録できません

現金チャージ

カードタイプのSuica同様にコンビニでの現金チャージも可能。セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。

Google Pay - これからのお財布

Google LLC

3.28

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

支払方法はカードタイプのSuicaと変わらない

スマホから『Suica』を利用する際の支払方法は、カードタイプと同様に「Suicaで支払います」と言ってICカードの代わりにスマホをかざせばOK。

こちらの記事もおすすめ

「キャッシュレス・消費者還元事業」ガイド お店の探し方・支払い方法など - Appliv TOPICS
スマホQRコード決済(Pay・ペイ)キャンペーンまとめ【2月27日更新】 - Appliv TOPICS