ブラウザのキャッシュは動作を快適にしてくれる機能ですが、キャッシュデータが溜まると動作が重くなったり、サイト情報が更新されないことがあります。このような問題が起きた時は、キャッシュ削除をしてみましょう。

本記事では、iPhone・Android・PCの各ブラウザのキャッシュ削除の手順を紹介します。

キャッシュとは

キャッシュ(cache)とは、読込を早くするために画像やテキストなどのデータを一時保存する仕組み、または場所のこと。英語で「溜め込む場所」の意味からも、その仕組みが理解しやすいのではないでしょうか。(「お金」を意味する「cash」とはつづりが異なります)

例えば、ブラウザ(SafariやGoogle Chromeなど)のキャッシュは、はじめてアクセスしたサイトのデータを一時的に保存することで、2度目以降はより短時間でサイトが表示されるようになります。

ただし、キャッシュデータが溜まっていくとストレージ容量が増え、スマホやパソコンの動作が重くなってしまう原因になります。また、キャッシュに古いデータが残っていると、アクセス先のサイトが更新されても新しい情報が表示されないこともあります。

キャッシュ削除のメリット・デメリット

キャッシュ削除は、キャッシュデータが溜まり動作が重くなった場合や、サイトで新しい情報が表示されない場合などのトラブルを解決したい時に使用します。

キャッシュ削除すると、再びデータを読み込むためサイト表示に時間がかかりますが、不具合につながることはありません。ログイン状態は維持されますし、ブラウザに記憶されたID・パスワード、閲覧履歴が削除されることもありませんので安心してください。

スマホのキャッシュ削除方法

Iphoneの場合

Safari

iPhoneのsafariでは、キャッシュだけを削除することはできません。
ここでご紹介する方法は、Cookie消去(サイトからログアウト、検索エンジンの検索履歴の消去など)もおこなわれるので注意してください。

1. [設定]を開き、[Safari]を選択

iPhoneの設定画面

2.[詳細]>[Webサイトデータ]を選択

iPhoneの「Webサイトデータ」の表示の仕方

[履歴とWebサイトデータを消去]からもキャッシュ削除できますが、Cookie、閲覧履歴、タブも削除されます。
閲覧履歴とタブを維持したい場合は、[履歴とWebサイトデータを消去]からの削除は避けましょう。

Safariのキャッシュ削除画面

3.任意のWebサイトデータを左にスワイプし、[削除]をタップ

画面下[全Webサイトデータを削除]で削除すると、safariのタブがすべて消去されますので、個別でWebサイトデータを削除することをおすすめします。

Safariのキャッシュをサイトごとに消す操作

Chrome

1.『Chrome』アプリ内の画面右下[・・・]をタップし、[履歴]を選択

iPhoneのChromeで履歴を開く

2.画面左下[閲覧履歴データを削除]をタップ

iPhoneのChromeの閲覧データ削除画面

4.「キャッシュされた画像とファイル」にチェックし[閲覧履歴データの削除]をタップ

iPhoneのChromeのデータ削除期間の設定画面

▲[期間]をタップすると、任意の期間を設定も可能。

キャッシュ削除アプリは使わず各ブラウザ毎に削除をオススメ

これまでiPhoneのキャッシュを一括削除してくれるアプリがいくつかありましたが、現在その多くは配信停止になっています。

現在も配信されているアプリもありますが、更新が長期間止まっています。セキュリティ面を考えると、キャッシュ削除アプリは使用せずに各ブラウザ毎に削除するのをオススメします。

Androidの場合

Androidは、設定画面からアプリ毎にキャッシュ削除が可能。ここでは、Chromeを例に手順をご紹介します。(機種・バージョンにより手順が異なる場合があります。)

1.『設定』を開き、[アプリ]を選択

Androidの設定画面

2.[アプリ]>[Chrome]を選択

AndroidのChromeの詳細への行き方

3.[ストレージ]>[キャッシュを削除]をタップ

AndroidのChromeのキャッシュ削除画面

オススメのキャッシュ削除アプリ『CCleaner』

ブラウザアプリだけでなくTwitterやFacebookなど他のアプリも一括でキャッシュ削除ができたら便利ですよね。しかし、Android8.0バージョン以降ほとんどの機種では一括でキャッシュ削除できません。

そこでオススメのアプリが『CCleaner』です。Androidにはさまざなキャッシュ削除アプリがありますが、ブラウザのキャッシュが消せないものやキャッシュが残ってしまうものがあります。

その点『CCleaner』は、キャッシュをしっかり削除してくれますし、操作もわかりやすいのでオススメです。

1.トップ画面の[クイック クリーニング]を選択。

Androidアプリ「CCleaner」のトップ画面

2.「隠しキャッシュ」と「可視キャッシュ」にチェックを入れ、[クリーニングを完了]をタップ。

CCleanerの設定画面

以上でキャッシュ削除は完了です。Chromeのキャッシュもしっかり削除されています。

AndroidのChromeのキャッシュ削除前後の比較画像

▲キャッシュ削除前後での比較。64MB以上削除されているのがわかる。

CCleaner キャッシュクリーナー

Piriform

3.32

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

PCのキャッシュ削除方法

「スーパーリロード」で簡単キャッシュ削除

PCブラウザでまるっとキャッシュ削除する方法を説明する前に、今見ているページのキャッシュのみ削除するときにオススメの方法「スーパーリロード」をご紹介します。

キャッシュが残っていると最新の状態ではないものが表示される場合があるので、たとえば指定時間から開始されるセールページへの入り口が表示されなかったり、サイトのデザインが新しくなったのに古いものが表示されたりすることがあります。

こんなときはブラウザ全体のキャッシュを削除するのではなく、「スーパーリロード」を使うと、今見ているページ(開いているタブ)のキャッシュのみ削除しつつページが更新されるので、最新の状態を閲覧できるようになります。

「スーパーリロード」はショートカットキーで実行できますが、OS・ブラウザごとにコマンドが異なるので、以下に代表的なブラウザでのコマンドを一覧でご紹介します。

Windows Mac
Google Chrome Ctrl+F5
Shift+F5
Ctrl+Shift+R
command+R
Firefox Ctrl+F5 command+Shift+R
Microsoft Edge Ctrl+F5
Internet Explorer(IE) Ctrl+F5
Safari command+R
Shift+更新ボタン

▲ブラウザによっては複数コマンドがあるが、どれを使っても良い。

「スーパーリロード」はあくまで今見ているページのみに効果があるので、ブラウザの動作が重くなっていたり表示が更新されないページが複数あったりする場合は、ここからご紹介するブラウザ自体のキャッシュを削除する方法をお試しください。

Chrome

1.画面右上のメニューボタン[︙]をクリックし[設定]を選択

PC版Chromeの設定画面への入り方

2.項目「プライバシーとセキュリティ」の[閲覧履歴データの削除]をクリック

PC版Chromeの設定画面

3.「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、[データを削除]をクリック

[期間]をクリックすると、期間変更ができます。

PC版Chromeの閲覧履歴データの削除期間変更画面

「閲覧履歴データの削除」画面は、ショートカットキーでも表示ができます。
・Windows:Control + Shift + Delete
・Mac:Command + Shift + Delete

Safari

1.画面上にあるメニューの[safari]をクリックし、[環境設定]を選択

Safariの環境設定への入り方

2. [詳細]をクリックし、「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れる

Safariの設定画面

3.メニューバーに[開発]が表示されるのでクリックし、[キャッシュを空にする]を選択

Safariのキャッシュ削除画面

Firefox

1.画面右上のメニューボタン[≡]を開き、[オプション]を選択

Firefoxのオプションへの入り方

2.[プライバシーとセキュリティ]をクリックし、項目「Cookieとサイトデータ」の[データを消去...]を選択

Firefoxの設定画面

3.「ウェブコンテンツのキャッシュ」のみにチェックを入れ、[消去]をクリック

Firefoxのデータ消去画面

Edge

1.画面右上のメニューボタン[…]を開き、[設定]を選択

Edgeの設定画面への入り方

2.[プライバシーとセキュリティ]を選択し、項目「閲覧データのクリア」にある[クリアするデータの選択]をクリック

3.「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを入れ、[クリア]をクリック

Opera

1.画面左上にあるOperaのアイコンをクリック

2.[履歴]の[閲覧データの消去]をクリック

3.「キャッシュされた画像およびファイル」にチェックし、[データを消去]をクリック

▲任意の期間設定も可能になっている

Internet Explorer(IE)

1.画面右上のメニューボタン(歯車アイコン)を開き、[インターネットオプション]を選択

2.インターネットオプションページの全般にある項目「閲覧の履歴」の[削除]をクリック

3.「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」にチェックを入れ、[削除]をクリック

画面下に「選択された閲覧の履歴が削除されました。」と表示されれば、キャッシュ削除完了です。

こちらの記事もおすすめ

「スワイプ」と「フリック」の違い・活用術 今さら聞けないスマホの基本操作
Android(アンドロイド)スマホの使い方 基本から応用まで