個人がフリーマーケット感覚でネットショップを開設できると人気の『BASE(ベイス)』。多様な商品が取り扱われており、人気を集めています。

『BASE』には6種類の支払い方法があります。お買い物するなら、できるだけお得になる方が嬉しいですよね。今回はBASE購入者視点で、各支払い方法について解説。

おすすめの支払い方法、利用時に注意したいポイントをピックアップして紹介します。

BASEのホーム画面

『BASE』でおすすめの支払い方法2選

BASEには6つの支払い方法があり、これらを総称して「BASEかんたん決済」と呼ばれています。

その中でおすすめの支払い方法は2つ。「クレジットカード」「コンビニ・Pay-easy決済」です。その理由を解説します。

「クレジットカード」手数料無料。その場で決済ができ、ポイントも付く

クレジットカード払いならその場で決済ができ、手数料もかかりません。さらにクレジットカードごとのポイントも付いてお得。早さを求める人、安さを求める人ともにおすすめの支払い方法です。

BASEでは基本一括払いのみとなりますが、クレジットカードによっては購入後に分割払いやリボ払いに変更できるケースもあります。

これはカードブランドや契約内容によっても異なるため、もし高額な商品を購入する場合は事前にカード会社へ確認しておきましょう。

BASEで利用可能なクレジットカード

・VISA
・MasterCard
・アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)
・JCB

※海外で作成されたクレジットカードは非対応

「コンビニ・Pay-easy決済」現金派はこちら。24時間いつでも即時決済

何らかの事情によってクレジットカード払いができない場合は、コンビニ・Pay-easy決済での現金払いがおすすめです。

コンビニやATMまで足を運ぶ手間はありますが、コンビニなら24時間いつでも即時決済ができメリットとなるでしょう。

注意点として、コンビニ・Pay-easy支払いの場合は1回の決済につき300円(税込)の手数料がかかります。そのため、できるだけまとめて注文したほうが手数料の節約になります。

対応コンビニ一覧

・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・セイコーマート

その他の支払い方法4種

「BASEかんたん決済」ではほかにも4種類の支払い方法が用意されています。特長、手数料などを余さずチェックしていきましょう。

BASEアプリ 支払い方法選択画面

銀行振込

注文後にメールが届くので、そこに記載された銀行口座へ振り込む決済方法です。入金期限は購入日の翌日から5営業日以内で、期限が過ぎるとキャンセルになります。また各金融機関ごとの振込手数料がかかります。

PayPal

PayPalにクレジットカードや銀行口座を登録すれば、あとはPayPalのIDとパスワードだけで決済が完了します。

もちろんクレジットカードのポイントも付与されます。また通常は有料の銀行振込の手数料が、「PayPal」を利用すると無料に。

便利な決済方法ですが、スマホアプリ版『BASE』では利用できません。ブラウザからショップにアクセスして購入手続きをする必要があります。

キャリア決済

「ドコモ ケータイ支払い」、「auかんたん決済」、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」に対応しており、BASEの利用金額を月々のスマホ料金と合算して支払えます。

手数料として1回の決済あたり300円(税込)がかかる点は注意です。

後払い

注文後8日ほどで請求書が送付されるため、14日以内にコンビニで支払います。手数料として1回の決済あたり300円(税込)がかかります。

手持ちが少なくても注文ができるメリットがありますが、万が一14日以内に支払いができないと請求書の再発行手数料が加算されるため、計画的に利用しなければなりません。

支払い時の注意点4つ

BASEかんたん決済において注意しておきたいポイントを4つ紹介します。

ショップにより支払い方法は異なる

BASEではショップごとに支払い方法が異なります。クレジットカードや銀行振込はほとんど対応していますが、後払いやキャリア決済などはショップによって対応していないケースもあります。

代引き決済は利用不可

多くのネットショッピングサイトで対応している代引き決済はBASEで利用できません。

個人間での直接入金は不可

支払い時のトラブルを避けることを第一に考え、商品を出品しているショップと購入者個人が『BASE』を通さず直接取り引きをすることはできません。

もし直接取り引きを誘導する文言が見つかったら、そのショップが規約違反をしていないか『BASE』に問い合わせる必要があります。

現金手渡しは不可

直接入金が禁止されているのと同様の理由で、ショップと購入者が直接会って現金を手渡しすることも禁止されています。

BASEとは?

最後にBASEとはどのようなサービスなのか、簡単に紹介します。

専門知識は不要。お手軽ネットショップ作成サービス

『BASE』は自分オリジナルのネットショップを手軽に作成できるサービス。プログラミングやデザインなどのスキルがなくてもおしゃれなデザインテーマが利用でき、質の高いサイトを作成することができます。

ショップ数は90万以上。3年連続ネットショップ開設実績No.1

『BASE』は誰でも手軽にネットショップの運営ができるため、参入するユーザー数は年々増加しています。ネットショップ開設実績は3年連続No.1と言われており、2020年2月にはショップ開設数90万を突破。

ネットショップ作成サービスの大手として、着々とその知名度を上げています。

こちらの記事もおすすめ

Amazonポイント完全ガイド お得な貯め方と使い方、残高の確認方法
『バンドルカード』とは? 使い方解説 即発行・後払いOKのプリペイドカード 
BASE(ベイス)- 90万店舗から探せる通販・ショッピング

BASE, Inc.

3.79

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る