約6000万曲が聴き放題となる定額ストリーミングサービス『Apple Music(アップルミュージック)』。メジャーなアーティストも次々参入し、世界中の音楽が聴き放題です。

しかし「ストリーミング」という形式上、「オフラインでは聴けないかも」「通信制限がかかってしまうかも」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで使えるのが、「ダウンロード機能」です。

ここでは『Apple Music』をオフラインでも楽しめるようにするダウンロードのやり方、またそれに伴う通信料節約の方法をご紹介します。

PR Apple Music 3ヶ月無料

『Apple Music』で曲をダウンロードする方法

『Apple Music』で曲をダウンロードする方法はとても簡単です。

その前に、iPhoneをお使いの方で『Apple Music』をさらに複数のデバイス(PC、タブレット、スマートスピーカーなど)で楽しみたいという場合、「ライブラリ同期」をONにしておきましょう。

同期しておくと、ライブラリに加えた変更がすべてのデバイス間で反映されます。

ライブラリ同期の手順

「設定」→「ミュージック」→「ライブラリを同期」をONにすれば完了です。

曲のダウンロード方法

さて、では実際に曲をダウンロードします。まずは『Apple Music』を起動し、好きなアーティストや曲を検索します。

ライブラリに追加

ダウンロードしたい楽曲またはアルバムの「+(追加)」をタップ。すると、雲マークとなります。

この時点でライブラリに追加はされていますが、まだダウンロードはされていません。

ダウンロード済みに変わった状態

その後、さらに「雲マーク」をタップするとダウンロード完了です。 手順はたったこれだけ。

楽曲単位でダウンロードしたい場合は曲の横にあるマークを、アルバムを一括でダウンロードしたい場合は一番上のマークをタップしてください。

オフラインで再生した状態

実際にオフラインの機内モードで聴いてみます。ライブラリに追加段階の雲マーク時点では、曲名がグレーになっておりオフラインで聴けません(画像左) 一方、ダウンロードした楽曲はちゃんと聴くことができます(画像右)。

このようにダウンロードまで完了させておくことで、いつでも好きな時に、また途切れることなく音楽を視聴可能です。

ライブラリ追加とダウンロードを一括で済ませる方法

ダウンロードまで完了させるためにわざわざ2段階を踏むのが面倒だと感じる場合は、スマホ側の設定でこれを一括で行えるようにできます。

自動ダウンロードの設定

設定方法は、「設定」→「ミュージック」→「自動的にダウンロード」をONにするだけ。これで+マークをタップすると、自動でダウンロードまでやってくれます。

モバイルデータ通信でダウンロードする方法

通常はWi-Fi環境下でしか楽曲をダウンロードできません。

しかし設定を変えれば、モバイルデータ通信時でもダウンロードできます。

モバイルデータ通信の設定

「設定」→「ミュージック」→「モバイルデータ通信」 → 「ダウンロード」をONにすることで可能になります。


ダウンロードする際の注意点

ダウンロードに関する注意点やライブラリ追加と、ダウンロードを一回で済ませる便利な設定をご紹介します。

+マークと雲マークの違い

先ほども簡単に解説しましたが、『Apple Music』には大きく3つの段階があります。

1.ライブラリにも追加していない状態(+マーク)
2.ライブラリには追加している状態(雲マーク)
3.ライブラリに追加し、ダウンロードも完了している状態


最初は全楽曲+マークがついています。ライブラリに追加しておけば、わざわざ検索せずにいつでも探し出せます。

何度も言いますが、オフラインで聴けるのは3.のダウンロードまで完了している状態の曲のみです。

ダウンロードした分だけスマホ容量を圧迫する

ダウンロードした曲を聴く際には通信料はかかりませんが、スマホの容量はそのぶん埋まります。

空き容量が気になる方はあらかじめ不要なアプリを削除しておく、聴かない曲はこまめに削除するなど、対応しておきましょう。

iPhoneの容量不足を解消! 不要なデータを減らし空き容量を増やす6つの方法

ダウンロードした曲を削除する方法

ダウンロードした曲を削除することもできます。やり方は以下の通り。

ダウンロードした曲の削除手順

削除したいアルバム、もしくは曲の横にある「…」をタップし、「削除」を選択。

ダウンロードだけを取り消すのか、ライブラリ自体から取り除くのかを選んでください。

自動削除機能をONにする方法

手動で削除するのが面倒な場合は、自動削除機能を使いましょう。ある程度の期間聴いていない楽曲を自動で削除し、スマホの容量を空けてくれる機能です。

ストレージの最適化

「設定」→「ミュージック」→「ストレージを最適化」と進み、最小限の容量を選べば完了です。設定した容量を超えた場合に自動削除がはじまります。

曲数のおおまかな目安も書いてあるので分かりやすいですね。どれだけ端末に音楽データを残しておきたいか、容量と相談して決めてください。

もっと通信量を節約したい人向け。音質の設定方法

楽曲をダウンロードして聴くことは通信料の節約になります。Wi-Fi環境下でダウンロードを済ませておけば、ほとんど通信料を使わずに聴き放題を楽しめます。

しかし、ストリーミングで再生したいときもあるはず。その時に少しでも通信量を抑えたいなら、音質の設定を確認しておきましょう。

ストリーミング音質の設定

まずは無料お試し! 通信量を気にせず音楽を楽しもう

日本でもメジャーなアーティストが次々と解禁している『Apple Music』。音楽をお得に、しかも手軽に聴くために、使い方をしっかりマスターしておきましょう。

『Apple Music』には無料お試し期間が3ヶ月あるので、もし登録を迷っている場合は、使用感や好きなアーティストが入っているかなどをチェックしてみてください。

PR Apple Music 3ヶ月無料

こちらの記事もおすすめ

『Apple Music』使い方 ファミリープランやダウンロード、歌詞表示など
聴き放題! サブスク音楽配信サービス11社比較【2020版】 タイプ別おすすめを紹介
Apple Music

Apple

3.56

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る