Amazonが運営する音楽ストリーミングサービス『Amazon Music』が、有料のプライム会員やAmazon Music Unlimitedに加入していなくても、数百のステーションや注目のプレイリストが広告付きで楽しめる無料ストリーミングを提供開始しました。

Amazonアカウントがあれば利用でき、クレジットカードなどの決済情報の登録は不要。iOS・Androidスマホ、パソコンのWebブラウザ、スマートスピーカーのAmazon Echoシリーズなど、さまざまなデバイスで音楽を再生できます。

Amazon Music Webブラウザ版

▲パソコンのWebブラウザ版。

Amazon Musicスマホ版

▲スマホアプリ版。

利用はこちらから

Amazon Music

視聴可能な広告付きプレイリスト・ステーション例

‐ Hot in Japan : 今、日本で支持されている人気曲のプレイリスト
‐ Pop Culture : 最新ポップスの決定版プレイリスト
‐ All Hits : 世界のAmazon Musicで支持されているトラック
‐ ベスト・オブ・キッズ : ご家族で楽しめるキッズ・ソング

Amazon Music FREEの機能。有料プランとの違い

プライム会員やAmazon Music Unlimitedと異なり、無料で利用する場合は一部機能に制限があります。

楽曲の間に広告が挟まれる

プレイリストやステーションの視聴中、楽曲と楽曲の間にラジオのCMのような広告が時々入ります。毎回入るわけではないので、さほどストレスには感じないでしょう。

1時間にスキップは6回まで

スキップ回数に制限があります。聴きたい曲までスキップして自由に聴くのは難しいです。ラジオや有線のように聴くものだと思えば、十分に楽しめます。

スキップ回数の制限

▲スキップ回数が上限に達すると、このような画面に。

基本はシャフル再生のみ

用意されているプレイリストやステーションをシャッフル再生できるだけです。アルバムを1曲目から順に楽しむといった使い方はできません。

アーティスト名検索

▲アーティスト名、楽曲名、アルバム名などで検索は可能。ただし、関連楽曲が流れる「ステーション」での再生しかできない。

プレイリストの作成はできない

気に入った曲を集めて、自分だけのプレイリストを作ることはできません。聴けるのは用意されているもののみです。

作業用BGMなどで聴き流す用におすすめ! ヒットソングのチェックにも

『Spotify』の無料プラン同様、特定のアーティスト・曲・アルバムなどを指定して聴くことはできません。自由に聴きたい場合は、従来どおりプライム会員に加入するか、「Amazon Music Unlimited」に登録しましょう。

しかし、作業用BGMなどで適当に流しておきたい、ヒット曲を一通りおさえられれば問題ないという方であれば、十分に楽しめます。

デバイスを選ばず気軽に利用できるので、Amazonアカウントを持っているなら覚えておいて損はないサービスです。

こちらの記事もおすすめ

Apple Music 「アニソン」プレイリストおすすめ10選 新曲も定番も懐メロも
厳選! オフラインで聴ける音楽アプリおすすめ5選 DL機能で通信量節約