• TOP
  • ツール・サービス
  • 『Yahoo!基金』HIKAKINと連携し新型コロナの最前線で働く医療従事者支援の募金開始

ヤフー株式会社が社会貢献活動の一環として運営する非営利団体『Yahoo!基金』にて、2020年5月21日よりYoutuberのHIKAKIN氏とともに「命を守る人を支えたい コロナ医療支援募金」を開始しました。

新型コロナウイルスの最前線で働く医療従事者のための募金で、スマホを使って1円から簡単に寄付ができます。

記事イメージ

募金について

募金の背景

新型コロナウイルスの国内感染者数の増加により、医療機関および医療従事者の負担は大きくなりました。

現在医療従事者には金銭面や心身両面のケアなど、あらゆる支援が必要とされています。

そんな状況の中、“長期間にわたり最前線で尽力されている医療従事者を支援したい”というHIKAKIN氏の想いから、1億円の寄付をもって本取り組みがスタートしました。

下記動画では、HIKAKIN氏からのメッセージを聞くことができます。

実施期間

2020年5月21日(木)~6月30日(火)

使用目的

募金は医療従事者が安心して医療に取り組めるよう、以下の用途で使用されます。

1:東京都などの自治体を通じ、医療現場にマスクや消毒液、防護服などの医療用品を提供

2:医療従事者のニーズに応じた活動を行うNPOへの支援

3:感染防止の活動を行うNPOへの支援

募金方法

こちらのWebページから募金できます。

募金方法は以下の3つ。
①クレジットカード
②Tポイント
③SoftBankスマホ

クレジットカードとSoftBankスマホによる寄付は100円から、Tポイントは1円から募金可能です。

寄付画面イメージ

クレジットカード・Tポイントで寄付を行う場合には、Yahoo! JAPAN IDが必要なので注意しましょう。

Yahoo! JAPAN ID入力画面

▲持っていない人でも[IDを新しく取得する]から作成可能。

Yahoo!IDを持っている方は、入力するとパスワード入力画面が出るので入力して[ログイン]をタップします。

ログイン画面

ログインが完了したら、クレジットカード・Tポイントでの寄付画面が開けるようになります。

対応するカード情報を入力して募金しましょう。

クレジットカード寄付画面

SoftBankスマホなら、IDの認証不要で募金が可能です。

SoftBankスマホ用寄付画面

募金のことを伝えたい方へ

"募金をする余裕はないけど、この企画は支援したい"という方のために、簡単に拡散できる機能もついています。

右にある[SNSシェア]のボタンをタップ。

SNSシェアイメージ①

『LINE』、『Twitter』、『Facebook』の3つのアイコンが表示されるので、タップすることで該当アプリへ移動します。

SNSシェアイメージ②

たった1円の寄付が、力になる

募金は期間が2020年6月30日までと決まっているので注意しましょう。

ネット上で気軽に寄付ができるサービス『Yahoo!ネット基金』では、他にも2020年5月21日現在で38件の新型コロナウイルスに関連する募集窓口を用意しています。

詳しい情報を知りたい方はこちらを調べてみてください。

何気なく寄付した1円が、誰かの命を救うかもしれません。

こちらの記事もオススメ

『Yahoo!検索』コロナ関連の検索結果画面がわかりやすく 知りたい情報がすぐ見つかる
あの人気YouTuberも実は出していた!公式LINEスタンプ10選
Yahoo! JAPAN

Yahoo Japan Corp.

3.55

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る