• TOP
  • LINEの使い方
  • 「LINE(ライン)」ブロック解除の仕方 メッセージの既読の変化や相手にバレる状況はコレ
本サイトはアフィリエイト広告を含みます。

「LINE(ライン)」のブロックを解除する方法は、ブロックリストからの解除方法と個別での設定方法の2つ。それぞれを画像付きでわかりやすく解説します。

ブロックを解除しても相手には伝わりません。しかしタイムラインの一部が見えるようになったり、ブロック中見られなかったメッセージに不自然な既読がついたりするので注意しましょう。

LINEのブロックを解除する男女別の心理や、強制解除の方法があるかどうかも解説していきます。

「Kindle Unlimited」1ヶ月980円が今なら3ヶ月99円!

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」でブラックフライデー期間だけの超お得なキャンペーンを実施中。
通常1ヶ月980円が今なら3ヶ月99円になって、なんと2,841円もお得!
ビジネス書・実用書・小説・マンガなど読み放題のジャンルは多岐にわたるのできっとあなたの読みたい本が見つかります!

キャンペーンの確認はこちらから

ブロック解除のやり方(iPhone/Android)

ブロック解除には「個別で解除するやり方」と「ブロックリストで複数まとめて解除するやり方」、「プロフィール画面から解除するやり方」の3つの方法があるのでそれぞれ紹介します。

方法1:トークから個別で解除

一番シンプルでわかりやすい方法です。人数が多くないならこの方法を使いましょう。

iPhone版のやり方

友だちのトークルームから右上の[≡]をタップし、[ブロック解除]をタップして完了です。

[≡]をタップし、[ブロック解除]を選択して完了

Android版のやり方

Android版の場合、ブロック中の友だちのトークルームを開くと自動でウィンドウが表示されます。そのウィンドウから[ブロック解除]をタップするだけです。

[ブロック解除]をタップ

方法2:ブロックリストを使って解除(iPhone/Android共通)

特定の相手を解除するだけなら個別に解除するやり方の方が便利ですが、一度に複数の相手のブロックを解除するならこの方法がおすすめです。

ブロックリストからのやり方はiPhoneとAndroidで変わらないため、今回はiPhoneで解説していきます。

1.ホーム画面から、歯車アイコンをタップ

iPhoneでは左上にありますが、Androidでは右上にあります。

歯車アイコンをタップ

2.[友だち]を選択

見つからない場合は項目を下へスクロールしていきましょう。

[友だち]を選択

3.[ブロックリスト]を選択

[ブロックリスト]を選択

4.解除したい相手を選んで[ブロック解除]を選択

ブロックリストには、今までブロックした友だちが登録されています。

ブロック解除をしたい相手の名前の左にある空欄をタップして、チェックマークをつけましょう。一度に複数人タップすることも可能です。その後[ブロック解除]を選択しましょう。

このとき誤って[削除]をタップしないように気をつけてください。削除してしまった友だちはトークリストから消え、友だちの再登録をしない限りメッセージが来ることは二度とありません。

チェックマークを入れて[ブロック解除]をタップ

削除した友だちの復活方法について詳しくはこちら

「LINE(ライン)」友だちを削除した時の復活方法 トークリストが残っていれば簡単

5.もう一度確認画面が出るため、[ブロック解除]をタップして完了

[ブロック解除]を選択

方法3:プロフィール画面から解除(iPhone/Android共通)

1対1やグループトークのメッセージからプロフィールを確認してブロック解除を行う方法です。

個別で解除する方法と違う点は、ブロックしたまま相手のトークを削除してしまった時などにグループトークや複数人トークの履歴から解除できるところです。

設定方法

トーク履歴にある、ブロックした友だちのアイコンをタップしてプロフィール画面を開きます。

プロフィール画面の中央に「ブロック解除」の表記がある[+]のボタンがあるので、それをタップすれば完了です。

アイコンをタップしてプロフィールへ行き、[+]をタップ

ブロック解除後の友だちからの見え方。相手に通知はされないのでバレない

ブロックした時も解除した後も、相手には一切通知されないのでバレません。しかしブロック解除後に気をつけなければバレてしまう注意点がいくつかあるので、紹介していきます。

友だちより先にメッセージを送ると既読がつかない

ブロック解除前に友だちから送られてきた自分へのメッセージは確認できません。

もしブロック解除後に相手より先にメッセージを送ってしまうと、下画像のように確認できなかったメッセージに既読がつかなくなります。

相手から見た画面

▲ブロック解除された相手から見た画面。先にメッセージを送ってしまうとブロック期間中のメッセージに既読がつかない。

相手が先にメッセージを送ると、見られないメッセージに既読がつく

相手が先にメッセージを送ってくると、見られなかったメッセージにも既読がつくようになります。

ただしその場合、見ることのできないメッセージに既読が強制でつくことになるので、話が噛み合わなくなる場合があります。

ブロック中に重要なメッセージが来ていたかどうかは、トークしながらさり気なく確認できるとよいでしょう。

ブロック解除後の自分と相手の見え方

▲左がブロック解除した人の画面、右がブロック解除された相手からの画面。ブロック中で非表示だったメッセージにも既読がつく。

タイムラインの「友だち限定公開」の投稿が相手に見えるようになる

ブロック中でも相手は全体公開のタイムライン投稿を見られますが、友だち限定公開の投稿は消えてしまって見られません。

ブロックを解除すると、急に友だち限定公開の投稿(下画像の右の、人型アイコンがついている投稿)が見られるようになるので、怪しまれないように注意しましょう。

どうしてもトラブルを避けたいときには、ブロック中の投稿は削除しておくのをおすすめします。

ブロック解除後は「友だち限定公開」のタイムラインが確認できる

▲画像左がブロック中で、右はブロック解除後のタイムライン一覧。友だちに公開しているタイムラインが見られるようになっている。

突然スタンプが贈れるようになる

ブロックされている友だちは、ブロック中の相手にスタンプをプレゼントできません。しかしブロックを解除すると突然スタンプを贈れるようになります。

ただしスタンプのプレゼント確認は普段友だちが行っている可能性は低いので、あまり気にすることはないでしょう。またブロックの有無に関わらず相手が既に持っているスタンプを贈ることはできません。

ブロック解除後はスタンプが贈れるようになる

▲ブロック中はスタンプを贈れなかったのに対して、ブロック解除後は購入ボタンを押せるようになる。

ブロックと解除の心理と理由

簡単に人をブロックする人、唐突に解除する人もいて、する方は気軽な気持ちでもブロックされる側には大きなダメージになることも少なくありません。

男性と女性ではブロックと解除の理由が違うケースがあるので、よくあるパターンを解説していきます。

LINEでブロックとブロック解除を繰り返す男性の心理

感情の波が激しい人:怒ったり悲しくなったりした時、その感情を出すためにブロックをすることがあります。その後、落ち着いたらブロックを解除することもあります。

自分のペースを乱されたくない人:好きすぎて他のことが手につかなくなってしまうなど、自分と相手との距離を自分でコントロールしたい時、ブロックと解除を使ってそのバランスをとることがあります。

注目を集めたい、好きになってほしい人:相手に自分のことをしっかり見てほしい時、ブロックと解除を繰り返すことでその目的を達成しようとするかもしれません。

どうするか迷っている:相手とどういう関係になりたいか、どう終わらせたいか迷っている時、その迷いを表すためにブロックと解除を繰り返すことがあります。

優位を感じるため:ブロックと解除を繰り返すことで、相手に対する一種の優位性を感じるかもしれません。

LINEでブロックとブロック解除を繰り返す女性の心理

感情表現のひとつ:女性は感情を表現するためにブロックや解除を行うことが多いかもしれません。一方で、男性は感情を制御するためにこれらを行うことが多いです。これは女性が感情を外向的に表現する傾向があるのに対し、男性は内向的に感情を処理する傾向があるためです。

関係性の調整:相手のことが嫌になってブロックしても、何かしらの手段でアプローチされると揺らいでブロックを解除することがあります。

気にしてほしいとき:女性は自分の存在を強く認識してもらいたいとき、ブロックと解除を繰り返すことがあります。一方、男性はパートナーに対する優位性を感じるためにこれらを行うことがあります。

迷いがあるとき:男性と女性の迷いや不確実性に対する対応は大きく異なるわけではありません。どちらも関係性の進め方や終わらせ方について迷う時、ブロックと解除を繰り返すことがあります。

力関係の確認:男性はブロックと解除を繰り返すことで、相手に対する一種の優位性を感じることがあります。一方、女性は自分の影響力を確認するためにこれらを行うことがあります。ブロックされたことに気付いた男性が追いかけてきてくれるかどうかで相手の本気度を試そうとするのです。

LINEの強制解除の方法はないが、アプローチ方法はある

LINEでブロックされているとき、それを強制解除できるようなアプリや手段はありません。

ただ、あなたとブロックした人が共通のグループチャットに参加している場合、その中でメッセージを送ることは可能です。ただし、グループチャットは多くの人が参加している場所なので、プライベートな話題を持ち込むべきではありません。

また、相手が不快に思うような行動を取らないように注意しましょう。共通の友人経由でとりなしてもらうなどの方法で相手の気持ちに訴えかけたうえでブロック解除してもらう手段をとることは可能です。

ただし、ブロックされたことは相手からの明確なサインであり、無理に連絡を取ろうとするのではなく、一度距離を置いて相手の意向を尊重することが大切です。また、ハラスメントにならないように注意しなければなりません。

LINEのブロックの強制解除

いずれも、相手のことを考えているというよりは自分中心に考えている人です。付き合ってもずっと振り回される可能性が高いことは覚えておきましょう。

そのほかブロックされた時の詳細はこちら

【最新】LINEでブロックしたら/されたらどうなる? 確認方法や非表示との違いなど

こちらの記事もおすすめ

LINE(ライン)でバレないように着信拒否する方法  特定の人だけ拒否にブロックは必要?
LINE友達を「削除」する方法 相手からのメッセージ・通話を完全拒否
LINE

LINE Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG