• TOP
  • LINE
  • LINE「友だち削除される」とどうなる? ブロックされても接触手段あり

相手にメッセージを送っても反応がない、そんな時は相手に「友だち削除」をされた可能性があります。実は友だち削除には「ブロック→削除」「非表示→削除」の2種類の方法があり、どちらで削除されたかによって相手の反応も変わります。

「ブロック→削除」と「非表示→削除」でどのように反応が変わるのか、それぞれのシチュエーションごとに見ていきましょう。

『LINE』には2種類の友だち削除方法がある

先述の通り、『LINE』には2種類の友だち削除方法があります。

①友だちを「ブロック」後に「削除」する方法
②友だちを「非表示」後に「削除」する方法(友だち一覧から削除する方法)

この2つです。②の方法は、友だち一覧から「削除」でも同じ状態になります。

「ブロック→削除」と「非表示→削除」の比較

「ブロック→削除」、「非表示→削除」された際の主な変化をまとめると以下の通りです。

ブロック→削除 非表示→削除
1対1トークでの
メッセージのやりとり
× 相手の設定次第で◯
1対1トークでの通話 × 相手の設定次第で◯
グループトークへの招待 ×
グループトークでの
メッセージのやりとり
グループトークでの通話
LINEスタンプのプレゼント ×
タイムライン投稿の閲覧

△:「全体公開」の投稿であれば、相手の個別ページから閲覧可能

ブロック後に削除された場合、相手とのコンタクトが困難に

ブロック→削除されると多くの制限がかかり、相手にメッセージが届かなくなるなど、相手との接触手段が限られます。

例外として、同じグループトークに所属していれば、通常通りやり取りが可能。ただしグループトークへの招待はできないため、ブロック→削除以前に同じグループに所属している必要があります。

ブロックの詳細はこちら

【2021最新】LINEでブロックしたら/されたらどうなる? 確認方法や非表示との違いなど

非表示後に削除された場合は、ブロックに比べ制限が緩い

非表示の後に削除された場合は、ブロック→削除に比べれば相手とコンタクトは取りやすいです。

相手の設定次第ですが、1対1トークルームでメッセージのやり取りが可能。通話をした際も相手が出てくれる可能性があります。

ブロック→削除された場合の影響

メッセージを送っても相手に届かず、既読が付かない

ブロック→削除された前後の『LINE』のトーク画面

ブロック→された状態でも、自分のスマホではメッセージが送れたように見えます。ですが相手のトーク画面には表示されないため、いつまで経っても既読がつくことはありません。

通話をしても相手が出る可能性はゼロ

ブロック→削除された相手に通話をは発信した画面

▲ブロック→削除された相手に通話をすると、呼び出し画面は表示されるが相手が出ることはない。

ブロック→削除された相手に通話をした場合、自分のスマホ画面では発信の画面が表示されコール音もなりますが、相手には着信も通知も届きません。つまり通話の意思が相手に伝わらないため、絶対に出ることはありません。

相手をグループトークに招待しても「招待中」のまま

ブロック→削除した相手をグループトークに招待した状態

▲ブロック→削除された相手をグループトークに招待しても、ずっと「招待中」のまま。

メッセージや通話と同様に、グループトークの招待メッセージも相手に届きません。そのためブロック→削除した相手に招待を送っても、いつまで経っても「招待中」のままになります。

ブロック→削除される前に同じグループにいれば引き続きコンタクト可能

ブロック→削除後のグループトーク画面

▲グループトークでのやり取り。

ブロック→削除される前に同じグループトークに参加している時は例外。その場合はメッセージのやりとりのほか、通話(グループ通話)も可能です。

LINEスタンプをプレゼントできない

ブロック→削除した相手にLINEスタンプをプレゼントした画面

ブロック→削除された相手にLINEスタンプをプレゼントしようとすると、相手の購入状態に関わらず決済画面に移る前に「このスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示されます。

実はこの仕様を利用して、10個ほど適当にスタンプのプレゼントを試してみて、全部「プレゼントできません。」となればブロックされている可能性が高い、と推測できる裏ワザがあります。

非表示→削除された場合の影響

相手の設定次第でメッセージが届き、やりとりもできる

非表示→削除した相手とメッセージのやり取りをした画面

相手が「メッセージ受信拒否」の設定をオフにしていればですが、非表示→削除されてもメッセージは届きます。相手からのメッセージ送信も可能で、友だち同士の時と同じ様にやりとりができます。

『LINE』設定画面 メッセージ受信拒否の場所

▲「メッセージ受信拒否」のオン/オフは、設定画面の「プライバシー管理」内にある。

通話をすると出る可能性がある

ブロック→削除した

▲非表示→削除した相手から見たトーク画面。友だち以外からの着信があると、メッセージ通知が届く。

非表示→削除した相手に通話すると、相手から見た場合、通話が来た旨を伝えるメッセージ通知が届きます。この時相手が改めて友だち登録をしてくれれば、通話ができます。

グループトークに招待すると、参加してくれる可能性あり

非表示→削除した相手をグループトークに招待した画面

非表示→削除された場合でも相手にグループトークの招待メッセージが届くので、参加してくれる可能性はあります。なお招待メッセージは、相手が「メッセージ受信拒否」の設定をオフにしていても届きます。

LINEスタンプをプレゼント可能

LINEスタンプの決済画面

ブロック→削除と異なり、非表示→削除の場合はLINEスタンプのプレゼントを試すと、決済画面まで進めます。

【ブロック/非表示 共通】タイムラインの投稿が表示されなくなる

ブロック→削除したから見たタイムライン画面

▲ブロック→削除した相手がタイムラインに投稿しても……。

ブロック→削除された側から見たタイムライン画面

▲自分のタイムラインには表示されない。

ブロック→削除、非表示→削除共通で、「タイムライン」画面で相手の投稿が表示されなくなります。また自分の投稿も相手のタイムライン画面には表示されません。

全体公開の投稿なら、友だちの個別ページからチェック可能

ユーザーの個別ページから[投稿]をタップ

▲相手の個別ページを開き、[投稿]をタップ。

相手の投稿画面

▲「全体公開」の投稿であれば閲覧可能。

相手の個別ページを開き[投稿]をタップすれば、「全体公開」に設定している投稿に限り見られます。いいねやコメント返信も可能。

友だち削除されたらどうやって戻してもらう?

ブロック→削除でも非表示→削除でも、相手側でもう一度友だち登録をしてもらう必要があります。友だち削除された相手との主なコンタクト手段は以下の通り。

・グループトーク(ブロック/非表示)
・「全体公開」の投稿(ブロック/非表示)
・1対1トークルーム(非表示のみ、相手の設定次第)

とはいえ友だち削除されるということは、誤操作でもない限り何か理由があるはず。友人関係を見直すこともよく考えましょう。

友だちの復活方法はこちら

『LINE』友だちを削除した時の復活方法 トークリストが残っていれば簡単

こちらの記事もおすすめ

LINE 「友だちを削除する」とどうなる? ブロックか非表示で挙動が大幅変化
LINEのメッセージが送れない・既読がつかない時の原因と対処法【iPhone/Android】
LINE

LINE Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る