• TOP
  • LINEの使い方
  • 『LINE』タイムラインの検索方法 ハッシュタグ(#)を使えば探しやすい

『LINE(ライン)』のタイムラインで投稿を検索するには、ハッシュタグを使用する方法とディスカバーからキーワード検索をする方法の2種類があります。

それぞれにメリット・デメリットが有り、検索条件も変わってくるので一つずつ確認していきましょう。またうまく検索ができない時の対処法も紹介します。

検索できる投稿は「全体公開」「すべての友だち」まで

タイムラインの検索機能で検索できるのは、公開範囲が「全体公開」「すべての友だち」に設定された投稿のみです。

また「ディスカバー」から検索する場合は、「全体公開」の投稿しかできないので注意しましょう。

特定の友だちや自分のみに指定している投稿は検索できません。

公開設定を選択

▲検索に引っかかるようにするためには、公開設定を「全体公開」か「すべての友だち」に設定する必要がある。

ハッシュタグ(#)とは?

ハッシュタグとは「#(イゲタ)」の後にキーワードをつけてタグ付け(例:#夏祭り)を行うことで、投稿を検索しやすくする機能です。

『LINE』のタイムラインではハッシュタグをつけられたキーワードにリンクが付くようになり、タップすることで同じハッシュタグキーワードの投稿の検索が可能です。以下に詳しい方法を解説します。

ハッシュタグとは

▲画像のように、「#」から続く単語は青文字で表示される。

投稿内のハッシュタグをタップして検索する方法

「すべての友だち」に設定された投稿も検索できる

この検索方法では、「すべての友だち」に公開された投稿も検索が可能です。普段他の人が使用しないような、オリジナルのハッシュタグを作って投稿することで友だち同士での投稿確認が簡単になります。

「すべての友だち」となっている投稿には、下画像のように投稿に人型のアイコンが付いています。

▲「すべての友だち」に公開設定している場合は、投稿時間の横に人型アイコンが表示される。

下画像は特定の友だちリストにのみ公開した時の投稿です。人型アイコンに「≡」が入っています。よく似ていますが、こちらの投稿は検索できないので注意しましょう。

特定の友だちへ公開

▲特定の友達リストに公開した場合、人型に「≡」が付く。よく似ているが、こちらの投稿はタイムラインの検索に引っかからないので注意。

検索方法【iPhone/Android共通】

やり方はiPhoneとAndroidで大きくは変わらないので、今回はiPhoneを使って説明していきます。

ハッシュタグの付いている投稿の、青文字になっている箇所をタップして完了

タイムラインの投稿では、「#」で括られているキーワードが青くなっています。これをタップすると、検索画面へ飛びます。

「#」のついた、青くなっているキーワードをタップ

検索結果は「人気順」となっており、いいねの数が多い投稿が上位に来ます。友だちの投稿を発見しやすくしたいなら、他の人があまり設定しないハッシュタグを付けましょう。

また右上の虫眼鏡アイコンをタップすると、キーワード検索もできます。ただし、その検索したキーワードを含むハッシュタグの投稿しか表示されません。

検索結果画面

ハッシュタグ漏れの投稿は検索できない

この機能を使って検索する場合は、ハッシュタグのついている投稿しか検索できません。ハッシュタグのついていない投稿を探したい場合には、「ディスカバー」からキーワード検索しましょう。

ディスカバーの検索画面で直接検索する方法

ハッシュタグの無いキーワードも検索できる

ディスカバーからキーワード検索する場合、ハッシュタグのはいっていないキーワードでも同じ言葉が入っている投稿すべてを表示してくれます。

ハッシュタグの作られていない、特定の挨拶や言葉の入った投稿を検索したい時には便利です。

検索方法【iPhone/Android共通】

やり方はiPhoneとAndroidで大きくは変わらないので、今回はiPhoneを使って説明していきます。

1.タイムラインから画面上側の[ディスカバー]を選択し、虫眼鏡アイコンをタップして検索キーワードを入力

[ディスカバー]から検索したキーワードを入力

検索入力をしようとすると、画面がこのように変化します。人気キーワードなどが提示されており、特に検索したいものが思いつかなくても興味を引くものをタップして確認できます。

検索画面

2.検索結果の[タイムライン]をタップして完了

[タイムライン]をタップすると、タイムラインの投稿のみを表示します。他にも[ニュース]や[公式アカウント]といったボタンもあるので、気になる方は使ってみてください。

タイムライン検索結果

「全体公開」の投稿しか検索できない

ディスカバーでは、「全体公開」の投稿しか検索できません。「すべての友だち」になっている投稿を検索する場合には、ハッシュタグを使用した検索方法を使いましょう。

全体公開のアイコン

▲「全体投稿」の場合は、投稿時間の左に地球儀アイコンが付いている。

ハッシュタグのキーワードが見つからない・出てこない場合

頑張ってハッシュタグで検索したけど探している投稿が見つからなかった、言葉が出てこなくて検索したいキーワードがわからない。そんな状況もあるかと思います。

以下にそういった場合の対処法を解説していきます。

ハッシュタグは公式アカウントの投稿で入手できることも

商品紹介などの広告や企業の公式LINEアカウントの投稿には、専用のハッシュタグを作成して投稿につけていることがあります。

商品の評価が気になるときや、何らかの企画をおこなっているときに公式アカウントからのハッシュタグは便利です。

LINEバイト公式ハッシュタグ

▲画像は「LINEバイト」の公式の投稿。投稿の下に「#LINEバイト」のハッシュタグを作成しており、タップすると関連投稿が見られる。

自分でハッシュタグを作って投稿してみる

検索したいハッシュタグの投稿が見つからなかった時に、自分でハッシュタグをつけた投稿をして、出てきたリンクからハッシュタグ検索する方法です。

投稿作成時にハッシュタグ付きのキーワードを打ち込むと、その単語を含んだ他のハッシュタグが複数提示されます。

投稿の公開内容を「自分のみ」にしておけば、他の人に見られる心配もありません。出てこないキーワードの投稿を探すのはもちろん、投稿として残すことでハッシュタグの記録としても使えるのでおすすめです。

投稿中の画像

▲投稿でハッシュタグ付きキーワードを打ち込むと、そのキーワードを含むハッシュタグ一覧が表示される。

外部ツールで人気のハッシュタグを検索してみる

探したいキーワードはあるのに思いつかない。そんな時にはハッシュタグ検索ツールを使ってどんなハッシュタグがあるのかを探すのがおすすめです。

ハッシュタグ検索ツールとは、調べたい単語を入力するだけで、それに関連したハッシュタグを複数提示してくれるツールです。おすすめのハッシュタグ検索ツールとしては、『ハシュレコ』などがあります。

ハシュレコは『Instagram』のハッシュタグ検索機能ですが、流行りのハッシュタグなどはSNSで共通している場合も多いためぜひ活用してみてください。

ハシュレコの使用例

▲画面上の虫眼鏡アイコンの入力欄に単語を入力すると、画面下に関連したハッシュタグが表示される。

ハシュレコ

投稿を見てもらいたい時には、ハッシュタグをつけよう

もし自分の投稿でいいねをたくさんもらいたいなら、検索されやすくなることは大事です。そのために気をつけたい点は2つ。

1つは公開を「全体公開」にすることと、もう1つはハッシュタグを必ずつけることです。ハッシュタグをつけ忘れてしまうと、ハッシュタグを直接検索しても引っかからなくなるので気をつけましょう。

こちらの記事もおすすめ

LINEのタイムラインにノートが投稿された? 公開範囲と非表示のやり方
LINEタイムラインのいいねで友だちにシェアされる 共有しない・削除する方法
LINE

LINE Corporation

4.43

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
LINEの使い方 まとめ

TAG