• TOP
  • LINEの使い方
  • LINEのメッセージを自分に送る方法 メモやアルバムなど便利な活用例

使い慣れたLINEをメモや備忘録として使えたら便利だと思いませんか?

ボイスメッセージを使えばアイデアを音声として保存できますし、アルバムを使えば撮った写真を目的別に分類できます。また、真面目なメッセージを送る前の下書きなど使い方は無限大です。

今回は簡単な設定でできる、メッセージを自分に送る方法とその便利な使い方をご紹介します。

LINEを自分に送るメリット

LINEを自分に送る最大のメリットは、LINE内にパーソナルスペースをつくれること。

「ノート」や「アルバム」を活用すればメモや写真を管理でき、用途ごとにアプリを切り替える必要がなくなります。使い慣れているアプリなので、操作に悩むことも少ないでしょう。

自分にメッセージを送る方法

自分だけにLINEメッセージを送る方法は2通りあります。

Keepメモを使う

「Keepメモ」は、LINE公式が提供するトークルームを自分専用のメモ帳にできる機能です。テキストや画像、動画の投稿ができます。

ただし、Keepメモは1アカウントに1つしかありません。複数のトークルームごとに使い分けたい方は、次の方法で自分だけのグループを作るのがオススメです。

自分だけのグループを作成する

自分だけが参加するグループを使う方法です。Keepメモと違い、複数のトークルームを使うことができます。

設定方法は以下の通りです。

LINEのホーム画面で「グループ」をタップ

「グループ作成」をタップ

「友だちを選択」画面で、誰も選択しないで「次へ」をタップ

「プロフィールを設定」画面で、グループ名やアイコンを設定

「作成」をタップ

行う作業はこれだけです。

グループ名とアイコンは、ほかのグループと混同しないよう分かりやすいものにすると良いでしょう。

ここからは、代表的な活用例をご紹介します。

自分だけのグループの活用例

「トークルーム」を自分メモにする

自分だけのグループを作れば、メモや備忘録として活用できます。

LINEはほかのアプリと違って開く頻度が高いので、メモを繰り返し読む機会ができます。また日付とメッセージから検索ができるので、過去の投稿を遡りやすいのも魅力です。

もちろん、ボイスメッセージや写真、動画も投稿できます。入力する時間がない時は特に重宝しそうですね。

LINE「ボイスメッセージ」とは 送り方・保存方法 文字入力不要で簡単送信

「アルバム」で写真を管理する

自分だけのグループにアルバムを作成すると写真の分類やバックアップに便利です。

1アルバムにつき追加できる写真は最大1,000枚。LINEサーバーに保存されるため、LINEアカウントの引き継ぎ後でも写真を見ることができます。

スマホの容量を圧迫しないので、写真のバックアップとして活用しても良いでしょう。

LINE「アルバム」機能の使い方 作成方法から写真の保存、削除、転送の仕方まで

「ノート」で日記をつける

「ノート」を使えば、手軽に日記をつけることができます。

ノートではハッシュタグが使えるので、「#食べ物」「#お出かけ」などのジャンル分けをすることができます。投稿を遡りたいときは、検索窓にハッシュタグ名を入力するか、ハッシュタグをタップすればOK。

ポエムや愚痴など、残しておきたくない投稿にはタイマー設定がおすすめです。1時間後・6時間後・24時間後に投稿を自動的に削除できます。思いの丈をぶつけたい…でも書いたら忘れたいという投稿に使ってください。

LINE「ノート」機能の使い方・活用術 動画保存や情報共有におすすめ

「イベント」でスケジュール管理をする

「イベント」を使えば、スケジュール管理ができます。

本来はグループにいる友だちとカレンダーを共有して予定を立てる機能ですが、一人で使えばスケジュール管理に最適です。イベント作成時に「通知」を設定すれば、任意のタイミングでトークルームにメッセージを表示してくれます。

大事な予定は「アナウンスに登録」を設定すると、トークルームにピン留めされます。予定を複数登録していても、これなら忘れません。

LINE「イベント」機能の使い方 カレンダー共有でスケジュール管理が捗る

メッセージの下書きをする

LINEを自分に送るグループは、下書きの場としても適しています。

例えば、LINEで愛の告白や誠意のこもった謝罪をしたい時。自分だけのグループへ下書きを送れば、客観的に文章を読むことができます。

大事なメッセージは吟味してから送りたいものです。相手にしっかりと伝わる内容なのかを確認してみてくださいね。

スタンプをテスト送信する

自分だけのグループを使えば、スタンプの試し打ちができます。

スタンプのプレビューでも雰囲気を掴むことはできますが、できることならトーク画面に送信して確認したいですよね。自分だけのグループなら、何個スタンプを送信しても迷惑になりません。

ほかのスタンプと比較したり、メッセージや写真と並んだときの見栄えを確認したり、人に送る前の試し打ちにつかってみましょう。

無料LINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプなど【9月25日更新】
LINE

LINE Corporation

4.43

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

こちらの記事もおすすめ

LINEの「知り合いかも?」とは 表示される条件と削除する方法 放置してもOK!
「LINE Out Free」の使い方 無料で固定電話やガラケーに電話できる
LINEの使い方 まとめ

TAG